アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『家政婦のミタ』子役・本田望結が“ネコダンス”ユニット“長ぐつ隊”を結成

『家政婦のミタ』子役・本田望結が“ネコダンス”ユニット“長ぐつ隊”を結成

 米3DCGアニメ『シュレック』シリーズから派生した新作映画『長ぐつをはいた猫』(3月17日公開)の声優を務める竹中直人勝俣州和が19日、都内のスタジオでアフレコを披露した。その席で、昨年、社会現象を巻き起こした日本テレビ系のドラマ『家政婦のミタ』で末っ子の阿須田希衣役で注目された子役の本田望結が、同作のスペシャル応援隊としてダンスユニット“長ぐつ隊”を結成することが発表された。劇中に描かれる“ネコダンス”をイメージしたオリジナルダンスを披露する。2月中旬にお披露目イベントを予定しており、初日舞台あいさつでは竹中、勝俣との競演も予定されている。

【写真】その他の写真を見る


 この日、アフレコの現場には望結ちゃん本人ではなく、A4サイズのボードで“長ぐつ隊”のことが発表されると、勝俣は「こないんですね」とがっかり。「素敵な長ぐつを用意しますので一緒に踊りましょう」という望結ちゃんのコメントが代読されると、勝俣は「大ヒットドラマも観ていましたので、競演できるのは嬉しいですね。“長ぐつ隊”の踊りを完璧に覚えて、ちゃんと踊りたいと思います」とやる気満々に話した。竹中も「2週間くらいかけて、1日5時間、砧公園(東京都世田谷区)あたりで海パン履いて練習しよう」と妙なテンションを示し、勝俣は「悪ふざけする大人たちなんで、極力抑えて。邪魔しないようにしたいと思います」と苦笑いした。

 同作は、ネコ科のヒーロー“長ぐつをはいたネコ”ことプスを主人公に、ゆかいな仲間たちとの宝探しの大冒険を描く3Dファンタジー超大作。プス役を竹中、プスと一緒に孤児院で育った親友で不思議な卵のハンプティ・ダンプティ役を勝俣が担当する。『シュレック』シリーズから同じ役を引き継いだ竹中は「今回は主役なので、大活躍。ずっとしゃべっていた。テンションの高い役で、アフレコも楽しかったです」と貫禄たっぷり。

 一方、勝俣は今回がアニメの声優に初挑戦。「僕の声が役にはまるのか、不安でしたが、まぎれもなく、小学生の頃の僕でしたね。一つのシーンを20回くらい録り直しました。46歳ですが、監督に褒めてもらいながら。褒めたら伸びる男なので」と満足げに話した。竹中からも「ちゃんとキャラクターになっていたよ。驚きました」とほめられると、「汗出ますね」と恐縮していた。

【動画】映画『長ぐつをはいたネコ』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー




関連写真

  • 「長ぐつがあれば、ネコダンスだって踊れるよ!頑張ります」と子役の本田望結がダンスユニット結成 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『長ぐつをはいたネコ』公開アフレコに出席した主人公プス役の竹中直人(右)とハンプティ・ダンプティ役の勝俣州和(左) (C)ORICON DD inc.
  • 映画『長ぐつをはいたネコ』公開アフレコに出席した主人公プス役の竹中直人(右)とハンプティ・ダンプティ役の勝俣州和(左) (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス