アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 「SMAP×白戸家」コラボで日本史上最長“330秒”CM 〜2年ぶりに記録更新

「SMAP×白戸家」コラボで日本史上最長“330秒”CM 〜2年ぶりに記録更新

 人気グループ・SMAPや「白戸家」の面々が登場するCMを展開しているソフトバンクモバイルが、2011年の秋から冬にかけて放送したCMの総集編として、日本CM史上最長(CMデータバンク調べ 12月28日現在)となる放送時間330秒(5分30秒)のスペシャルロングCMを放送することが分かった。同CMは、2009年4月に放送されたユニリーバ・ジャパン『キャサリン・ゼタ=ジョーンズ:アルケミスト』の300秒を上回り、実に2年ぶりに日本での最長CM記録を更新する。

 シリーズ初の「SMAP×白戸家『宇宙からの手紙』篇」として、11月からスタートした白戸家の『宇宙シリーズ』と、26日から放送を開始したSMAP出演の『手紙』篇、来月2日からオンエアの『走る』篇、そして本編未収録のアザーカットを再編集したものを、1本にまとめたもの。

 過去に制作された長尺CMは、上記の『〜アルケミスト』のほか、1992年6月のキリンビール『再会』の270秒、次いで1989年8月のカネボウ化粧品『舞台化粧』の225秒、1991年2月のカネボウグループ『ザ・ヒューマンズ』と続いており、いずれもドラマ仕立てのショートフィルムのような作品となっている。

 テレビでは29日の午後3時30分から放送のテレビ東京系の特番『宇宙ニューススペシャル』のCM枠内で一度限りとなるが、番組終了後には同社の公式サイトでも配信される。



オリコントピックス