• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • Hi-STANDARD、11年ぶり復活! ロックフェス『AIR JAM 2011』に3万人

Hi-STANDARD、11年ぶり復活! ロックフェス『AIR JAM 2011』に3万人

 11年ぶり再始動ののろしをあげていたバンド・Hi-STANDARDが主催するロックフェスティバル『AIR JAM 2011』が18日、横浜スタジアムで行われ、3万人を動員。9時間半で15組のバンドが競演するなか、11年ぶりの復活ライブでトリを務めたハイスタは「みんなの思いが東北に届くと思います。続けよう!今日だけじゃなくて」とこぶしを揚げ、「また来年会おう!」と継続開催を約束した。

 音楽シーン、インディーズシーンを変えた伝説のバンドが、そしてこれまでに3度行われ、パンクバンド、メロディック/ハードコアバンドらが多数出演してきた伝説のイベントがついに帰ってきた。

 2000年の千葉マリンスタジアムを最後に活動を休止していたハイスタ。彼らの復活はこの日集まったファンはもちろん、何より出演者自身が楽しみにしていた。『AIR JAM 2011』には磯部正文BAND、10-FEET、Pay money To my Pain、SCAFULL KING、FACT、MURPHY'S LAW、KGDR、LOW IQ 01 MASTER LOW、TURTLE ISLAND、WAGDUG FUTURISTIC UNITY、the HIATUS、ME FIRST AND THE GIMME GIMMES、マキシマム ザ ホルモンBRAHMAN(出演順)が出演。その誰もがハイスタへの感謝を口にした。

 the HIATUSの細美武士は「3月11日以降、一番嬉しかったのはハイスタの復活です」。ホルモンのナヲが「すげー! ほんとにAIR JAMだー!」と大興奮。「彼らとセックス・フレンドで良かったー!」と笑わせつつ、ダイスケはんは「普通にハイスタのライブを観に行ってたのが…」と感無量に。最後はまさかの嵐「A・RA・SHI」のカバーで締めくくり「来年は関ジャニ∞で」と“らしい”ライブを展開した。

 「JAM STAGE」のトリで登場したBRAHMANのTOSHI-LOWは2000年の『AIR JAM』の舞台裏でハイスタに何があったかを懐かしげに語り、「おそらく今日を一番楽しみにしていたのは俺たちBRAHMANです」。さらに「いつもライブで死んでもいいと思ってたけど、今日だけは次のバンドが観てえ」と最後は「霹靂」で演奏を終えた。

 すっかり日も暮れたスタジアム。アリーナには入場規制がかかり、スタンドを埋め尽くしたファンからは自然とウェーブが起こる。拍手と歓声でハイスタを迎える準備は整った。難波章浩(Vo, B)、横山健(G, Vo)、恒岡章(Dr)が姿を見せ、代表曲「STAY GOLD」がスタートするや、そこからはひたすらダイブが、興奮が会場全体を包んだ。今年は未曾有の大災害があった。今やれることを考えた。「俺たち日本を救うために集結したんだから。いや笑わないでくれって、これほんとなんだって」(横山)。

 ハイスタの11年ぶりライブ、注目の演奏曲は「STAY GOLD」「MY HEART FEEL SO FREE」「SUMMER OF LOVE」「CLOSE TO ME」「DEAR MY FRIENDS」「WAIT FOR THE SUN」「TEENAGERS ALL ASSHOLES」「FIGHTING FIST, ANGRY SOUL」「CANT’ HELP FALLING IN LOVE」「STARRY NIGHT」「BRAND NEW SUNSET」の11曲。「また来年会おう!」と難波。次回開催は来年春、東北での『AIR JAM』が予定されている。

関連写真

  • Hi-STANDARD(左から難波章浩、恒岡章、横山健) 撮影・TEPPEI
  • 3万人が横浜スタジアムを包み込む 撮影・Terumi Fukano

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索