• ホーム
  • 音楽
  • 阿部寛、主演映画主題歌のジャケットになる

阿部寛、主演映画主題歌のジャケットになる

 俳優・阿部寛が自身の主演映画『天国からのエール』(10月1日全国公開、熊澤誓人監督)の主題歌、ステレオポニーの新曲「ありがとう」のジャケットとミュージックビデオに登場することが1日、わかった。同曲は、阿部が演じる主人公のモデル・仲宗根陽さん(享年42)が沖縄に創設した音楽スタジオ『あじさい音楽村』出身の3人組ガールズバンド・ステレオポニーが亡き恩師に捧げるバラード。映画と主題歌の完全タッグでさらなる感動を誘う。

 『天国からのエール』は「美ら海水族館」で有名な沖縄県本部町にある音楽スタジオを創設した仲宗根さんの実話を映画化。自身が営む弁当屋の常連客の高校生たちのために借金をし、店舗の地下に作った音楽スタジオと楽器を無料で提供。ステレオポニーら数々の若者をメジャーデビューさせたものの、腎臓がんのため2009年11月に42歳の若さで亡くなった仲宗根さんをモデルにした主人公を阿部が演じた。

 阿部は「仲宗根さんが遺した『あじさい音楽村』は今も活動していて、若者たちの中には“人を思いやる心”と“礼儀を大切にする心”がしっかりと根付いている。それが何よりもすばらしい」と心を打たれ「夢をあきらめないこと。それを言い続け、自分自身も最期まで全うした一人の男の物語を通して、皆さんに少しでも勇気や力を感じてもらえたら」と思いを込める。

 ステレオポニーが仲宗根さんへの感謝の気持ちを歌った「ありがとう」は9月28日発売。初回生産限定盤Aの付属DVDには、映画本編の映像を使用した特別版MVを収録。同Bのジャケットを主演の阿部が飾る。



関連写真

  • 自身の主演映画『天国からのエール』主題歌「ありがとう」のジャケットに登場した阿部寛(写真は初回限定盤B) (c) 2011『天国からのエール』製作委員会
  • ステレオポニー「ありがとう」(初回生産限定盤A)

オリコントピックス