アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • “赤羽のポール・ポッツ”斉藤さんがメジャーデビュー

“赤羽のポール・ポッツ”斉藤さんがメジャーデビュー

 日本テレビ系バラエティー番組『スター☆ドラフト会議』(毎週火曜・後10:00)から誕生した「スター候補生」、斉藤さんこと斉藤竜明(42)がメジャーデビューすることが決定した。2日放送の同番組で発表された。彼女いない歴25年、その美声から「赤羽のポール・ポッツ」と呼ばれる斉藤さんが番組内で披露し、強烈なインパクトを残したオリジナルソング「フラノの歌」「荒野の狼」の2曲入り配信シングルが、主要サイトで2日より発売される。

 くりぃむしちゅーマツコ・デラックスがMCを務める同番組は、素人から無名芸能人まで、さまざまな分野の「スター候補生」がスタジオに登場。イジリ上手な腕アリ芸能\人「イジリ隊」が候補生の“キャラクター”と“ポテンシャル”を引き出し、テレビ番組プロデューサーや雑誌編集長、芸能プロダクションマネージャーら業界関係者がその場でスカウトする。

 斉藤さんは番組内で、『天使の歌声を持つ中年男性 赤羽のポール・ポッツ』というキャッチコピーで登場し、オリジナル曲「フラノの歌」を披露。本人の不思議なキャラクターと美声とのギャップに、スタジオは爆笑の渦に。さらに、一度聴いたら忘れられないインパクト大なカバー曲の数々とオリジナルソング「荒野の狼」も披露すると、スターゲストの佐藤隆太は「すごい!PVに出たいですよ!」と大興奮。劇団ひとり、有吉弘行、SHELLYらレギュラー陣からも「また聴きたい!」と絶賛された。

 番組でスカウトしたビクターエンタテインメントのディレクターは「見た目とのあまりのギャップにびっくりして笑ってしまいました。自分自身、もう一回落ち着いて聴きたいと思い、きっと放送を見た方にも同じことを思っている人がいるのではないかと配信を決めました。最初びっくりするけれど中毒性のある駄菓子のパチパチ飴みたいな、でもとてもあたたかい魅力のある人だと思う」とコメントした。

 メジャーデビューが決定した斉藤さんは「今回いただいたのは、成功ではなくチャンスであると心得ております。これからが戦いだと思っています」と気を引き締める。オリジナルソングは100曲を超すという。同番組をきっかけに、英歌手のポール・ポッツのようなスターとして羽ばたいていくのか注目される。



関連写真

  • 中年のスターとなるか!? 斉藤さん(42)がメジャーデビュー
  • オリジナルソング「フラノの歌」

オリコントピックス