ORICON STYLE

初対面では冷たい人だと思った

――おふたりはこの作品で初共演しましたが、初めて会ったときはお互いにどんな印象を持ちましたか? 【ハヌル】 撮影現場でみんなで顔合わせするのが普通なんですが、その前に役についての話をしようということで、ふたりきりで喫茶店で会ったのが最初でした。グンソクさんって、すぐふざけたことを言うイタズラっ子な一面もあるんですけど、初対面のときは真面目でシリアスな人に見えました。喫茶店では作品のことしか話さなかったんで少しぎこちない部分もありましたね。だからこんなに明るい人だとは知らなくて、撮影に入るまではちょっと心配もあったんですけど、撮影が進むにつれてすごくエネルギッシュで明るい人だとわかりました。でも、演技に対してはすごく真剣に打ち込む人です。
【グンソク】 僕からマネージャー抜きでふたりでシナリオについて話しましょうと声をかけたんです。弟分なんで、お姉さんに歩み寄るつもりで気楽な感じで声をかけさせてもらいました。でも、ハヌルさんはそれが気まずかったのか、本当にシナリオの話だけをして帰っていきました。そんな様子を見て、もしかしたら冷たい方なのかな……と思いながら現場に入ったんですけど、実際に冷たかったです(笑)。もちろん冗談ですけど。

――撮影に入るにあたって、原作のコミックや日本版のドラマを観たりしましたか? 【ハヌル】 最初に台本をもらって、ウニとイノの設定を知ったときは、すごくユニークな発想だと思ったので、観客に共感してもらえるのだろうかとちょっと不安に思った部分もあったんです。でも、日本版のドラマを観たら、ふたりの世界が美しく描かれていたので、すごく共感できる作品なんだなって実感しました。
【グンソク】 (日本語で)僕はコミックを4年前に読んだことがあって、そのときはイメージで捉えていただけだけど、かわいらしくて甘い物語だと思いました。そして、この作品が映画やドラマになるならば、出てみたいなと思っていました。それから4年後に、実際にこの脚本をもらって、「やりたかった作品に出られるんだ!」ってすごくうれしかったですね。

実際の恋愛で人を好きになるとき

――映画のなかで、恋愛感情が芽生える瞬間はどこだと思いながら演じていましたか? 【ハヌル】 恋する瞬間というのは、いつの間にか自分の気付かないうちに訪れると思うんです。あえてシーンを挙げるなら、ウニとイノがベッドの上でふざけあっているうちに、お互いの目が合ってキスしそうになる瞬間かなと思います。でも、その瞬間だけがポイントというわけではなくて、その前から徐々に気持ちは変わってきていたんだと思います。
【グンソク】 最初はウニにとってイノはペットという立場で、ご主人様であるウニをいつも待っている姿が描かれています。でも次第に忠誠心からウニを待っているんじゃなくって、一緒に過ごしたい人を待っている気持ちに変わっていくんですね。それがいろんなポイントで描かれていると思います。そんな気持ちが芽生えてからは、ペットではなく男として扱ってほしいと思うようになります。そこに気持ちが表れていたのではないでしょうか。

――実際の恋愛で人を好きになるときというのは、どんなときですか? 【ハヌル】 若いころには一目ぼれすることもありましたが、最近はほとんどないですね。今だったら、長い時間をかけて相手のことを知るうちに好感を持っていって、その上で男らしさに触れたり、自分をケアしてくれたりした瞬間に気持ちが動くことはありますね。
【グンソク】 それって、まさに僕のことを言ってるでしょ!(笑)僕が女性を好きになるのは、女性の弱さを知ってしまった瞬間です。僕にとってはなんでもないことでも、彼女にとってはうまくできないことがあったりすると、なんとかしてあげたいと思って心が動きます。

次のページへ【短パンを下ろされた衝撃のシーンは…】

(文:西森路代/撮り下ろし写真:鈴木一なり)

オーリーの取材後記はこちら

PROFILE

チャン・グンソク
1987年8月4日生まれ。韓国出身。
2006年、ドラマ『ファン・ジニ』で若手俳優として高い評価を受ける。同年、映画『着信アリFinal』に出演し、日本においても注目を集める。2009年、主演を務めたドラマ『美男<イケメン>ですね』で大ブレイク。2011年4月27日、シングル「Let me cry」でCDデビュー。俳優、歌手として幅広く活躍する。

PROFILE 詳細  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

キム・ハヌル
1978年生まれ。韓国出身。
高校在学中の1996年、ファッション誌の専属モデルとしてデビュー。1998年、『バイ・ジュン〜さらば愛しき人〜』でスクリーンデビュー。1999年、ドラマ『Happy Together』でヒロインを演じ、イ・ビョンホン、ソン・スンホンと共演。2000年、『リメンバー・ミー』で映画初主演。ラブコメディー作品に多く出演し、“ラブコメディーの女王”という称号を得る。

PROFILE 詳細  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

きみはペット

【STORY】

 出版社に勤めるエリート・キャリアウーマン、チ・ウニ。挫折知らずの彼女が、恋人にふられ、職場では左遷……。失意のどん底の彼女はある日、青い段ボールを発見する。箱のなかから現れたのは宿なし、金なしだがイケメンのダンサー、カン・イノ。彼は、「友達」でも「恋人」でもなく、従順な「ペット」としてご主人様・ウニとひとつ屋根の下で暮らすことを懇願する。自由奔放なのにどこか繊細なイノとの共同生活は、疲れ切ったウニの心を癒すオアシスとなり、彼女の日常は温もりに満ちた世界へと変化し始める。

監督:キム・ビョンゴン
出演:キム・ハヌル チャン・グンソク リュ・テジュン チョン・ユミ チェ・ジョンフンFTIsland

2012年1月21日(土)全国ロードショー
(C)Production LUDENS / KJ-net

予告編  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る