アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 年間売上100億円突破の乃木坂46、グループにこだわった戦略

年間売上100億円突破の乃木坂46、グループにこだわった戦略

  • 乃木坂46のシングル「シンクロニシティ」

    乃木坂46のシングル「シンクロニシティ」

 人気グループ・乃木坂46が、『第51回 オリコン年間ランキング 2018』(集計期間:2017年12月11日〜2018年12月9日)の年間アーティスト別セールス部門で、2016年の最高3位を上回り、自己最高の2位を獲得した。音楽ソフト(シングル、アルバム、音楽DVD・Blu-ray)の総売上額は103.3億円。今年度の100億円超えは、1位の安室奈美恵さんに続いて2組目となった。また、11月30日に発表した「年間BOOKランキング」のジャンル別「写真集」では、TOP10内に6作がランクイン。ファッションアイコンとしても注目されている彼女たちは、同世代の女性からの支持も熱く、グループ自体をしっかりとブランディングしてきた結果が、今回の売上にも繋がったといえるだろう。

『第51回 オリコン年間ランキング 2018』
年間アーティスト別セールス部門
年間シングル
年間アルバム

安室奈美恵さんに次ぐ、100億円突破の年間売上

  • 『第51回 オリコン年間ランキング 2018』年間アーティスト別セールス部門

    『第51回 オリコン年間ランキング 2018』年間アーティスト別セールス部門

 乃木坂46は、2016年に初めてライバルグループのAKB48を抜き、年間アーティスト別セールス部門で74.4億円を売り上げ3位にランクイン。AKB48は、69.5億円で4位だった。翌年は80.6億円を売り上げ4位、AKB48は72.6億円で5位だった。そして今年は、大幅に売り上げを伸ばし、103.3億円で2位にランクアップした。ちなみに、デビューした2012年は、総売上8.7億円だった。

 一方のシングル部門では、5/7付オリコン週間シングルランキングで自身初となる発売初週100万枚超えとなる111.7万枚を売り上げた20枚目のシングル「シンクロニシティ」(4月25日発売/130.6万枚)が、自己最高の3位を獲得し、初のTOP3入りとなった。さらに、4位は齋藤飛鳥が4作ぶりのセンターを担当した21枚目のシングル「ジコチューで行こう!」(8月8日発売/128.2万枚)、7位はグループからの卒業を発表しているメンバー・西野七瀬と若月佑美が参加した22枚目のシングル「帰り道は遠回りしたくなる」(11月14日発売/116.1万枚)と3作が100万枚を突破し、TOP10にランクインした。昨年は、TOP10入りした3作のうち2作がミリオンセールスを記録した乃木坂46。今年はTOP10内の全3作がミリオンを突破した。

TOP10内6作品が乃木坂46メンバー、写真集分野を独占 後押しとなったモデル活動

 こうした彼女たちの人気は、写真集の売上からも見て取れる。11月30日に発表した『年間BOOKランキング』のジャンル別「写真集」で年間1位を獲得したのは、30.7万部を売り上げた乃木坂46写真集『乃木撮 VOL.01』。TOP10内は、来年2月の卒業を発表している西野七瀬の1stフォトブック『わたしのこと』が4位(16.5万部)、昨年2月に発売された『白石麻衣写真集 パスポート』が今年も7位(7.3万部)、堀未央奈の1st写真集『君らしさ』が8位(6.9万部)、星野みなみの1st写真集『いたずら』が9位(6.8万部)、次世代エースとされる与田祐希の1st写真集『日向の温度』が10位(6.6万部)と、実に6作がランクインした。

 ちなみに、『白石麻衣写真集 パスポート』は通算23度目の重版で1万部を増刷し、累計発行部数が34万部を突破しており、2年にもわたってペースが落ちずロングヒットを続けている。その白石は、『LARME』(徳間書店)や『Ray』(主婦の友社)などのファッション誌で専属モデルとして最近まで活躍していた。また、他のメンバーも女性ファッション誌でモデルとして人気を得ており、西野七瀬が『non-no』(集英社)、松村沙友理が『CanCam』(小学館)、川後陽菜が『Popteen』(角川春樹事務所)、齋藤飛鳥が『sweet』(宝島社)、衛藤美彩が『美人百花』(角川春樹事務所)、堀未央奈が『ar』(主婦と生活社)、北野日奈子『Zipper』(祥伝社)、久保史緒里が『seventeen』(集英社)、桜井玲香が『NYLON JAPAN』(トランスメディア)とナチュラル系やモード系、ギャル系からお姉さん系まで、雑誌のターゲット層も幅広い。乃木坂46として活動する際は、膝丈の清楚な制服衣装が主体となっているため、ファッション誌で見せる彼女たちの姿は新鮮さを与えているようだ。実際に、「乃木坂46の子だと知らずに雑誌を読んでいた」との声がネットで上がっており、常に新しいファンを獲得し続けていることが伺える。

結成当初からのエースたちが続々卒業 新たなエース育成が急務

 また、CMでもその活躍ぶりを発揮している。テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが12月3日に発表した『2018タレントCM起用社数ランキング』の女性部門で白石が18社で、CMクイーンの座に輝いた。さらに、齋藤飛鳥と西野七瀬が11社で6位入りし、TOP10内に3人がランクインした。ファッション誌の表紙を飾る一方で、清楚系アイドルグループとして切磋琢磨する姿は、好感が持てる。そのうえ、個々のビジュアルレベルの高さは、現在のアイドルグループで屈指だ。企業の顔として起用したいと思うのも当然のことだろう。

 こうした個々の活動も彼女たちのランクアップへと繋がっているが、乃木坂46はグループ自体をしっかりと育ててきたことも大きい。AKB48グループは、姉妹グループも参加した形で『AKB48選抜総選挙』を毎年開催し、関連グループ一体となって屋台骨であるAKB48を盛り上げてきた。一方の坂道シリーズは、乃木坂46と欅坂46のそれぞれのカラーを明確にわけ、独立したグループとして活動してきたことも、雑多にではないグループ単体での人気獲得に繋がったいえる。また、乃木坂46というグループの“器”の大きさが、他のグループとは一線を画している。それは、彼女たちがモデルを務める幅広いジャンルの雑誌からも見て取れる。清楚系という軸をキープしつつも、常に新しいトレンドを取り入れていることもできる器の大きさもグループとしての魅力や強さに繋がっている。

 そして肝心な楽曲も、他のアイドルグループとは一線を画す。年間シングルで3位を獲得した「シンクロニシティ」もそうだが、青春の1ベージを切り取ったような清涼感のあるサウンドと歌詞。そこにはCBSソニー時代からのアイドルの保守本流を歩んできたレーベルの伝統が宿っており、クオリティが高い。こうしたクリエイティブも、ファン層を広げていった重要な要素だ。

 ただ、どんなアイドルにも必ず“卒業”を迎えるときが来る。今年卒業した生駒里奈、川後陽菜、川村真洋、若月佑美を筆頭に、西野七瀬など、結成当初からのエースたちが続々“卒業”を発表している。新たなエースを育成することが、2019年さらに飛躍をするかどうかカギとなる。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年1月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年1月21日号

<COVER STORY>
三浦文夫氏(関西大学 社会学部メディア専攻 教授)
「ラジオを中心とした
radikoプラットフォームの進化に向けて」

<SPECIAL ISSUE 1>
スタートアップとの連携が進む2019年
音楽業界が進むべき方向性
求めらる“テクノロジーA&R”視点からの未来図へのアプローチ

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート 12月度

<2019 Leader‘s Message>
プロダクション・音楽出版社・音楽配信サービス
各代表からの2019年新春メッセージ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!