アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 山本美月、芸能活動10年の想い「私は私。自然体で自分に恥じない生き方をしたい」

山本美月、芸能活動10年の想い「私は私。自然体で自分に恥じない生き方をしたい」

 女優・モデルの山本美月が、『映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』に出演。プリキュアシリーズ15周年記念作品となる今作は、過去55人のプリキュアが全員登場するオールスタームービーとなっている。大のプリキュアファンとしても知られる山本に、15年の歴史の中でプリキュアが“女の子の世界”で愛され続ける理由や果たした役割とその変化について、また、芸能活動10年目となる山本自身について存分に語ってもらった。

プリキュア愛で15年、「変身して闘う絶対的な“憧れ”」

――アフレコの時の動画を拝見しました。お上手でした!
山本美月 ありがとうございます。アフレコは3回目の経験で、あまり自信がないので嬉しいです。

――アフレコはいかがでしたか?
山本美月 自分が声優さんのことを知りすぎているので、自分がいかに下手かというのを身をもって体験しました(笑)。自分は声が低いので、テンションの高い声をどうやって出すのかを教えてもらいたいです。

――声優さんを知りすぎてる…というのは、プリキュアが好きだから?それともアニメがすきだから?
山本美月 両方です(笑)。全般的に好きで、詳しい方だと思います。 

――その中でも、山本さんは大のプリキュアファンということですね。
山本美月 中学生の頃からずっとプリキュアのファンです。プリキュアの前は『美少女戦士 セーラームーン』や『明日のナージャ』『おジャ魔女どれみ』も大好きでした。
――いちアニメファンの女子から見たプリキュアの魅力はいかがですか。どうしてプリキュアが15年も続いたのでしょうか。
山本美月やっぱり“王道感”じゃないでしょうか。『セーラームーン』に通ずる部分がありますね。変身して闘うのは、絶対的な憧れだと思います。“世界を守る”感じが必要なのかもしれないですね。

――それはすごく“意外”です。女の子は闘うものに憧れないと思っていました。
山本美月それは男子側の勝手な妄想ですね(笑)。私の場合は、勇気をもらえるというよりは、憧れでしたね。衣装も可愛いし、その世界の絶対的な主役じゃないですか。正体を隠してその世界を守っている。その“憧れ”は男女問わないと思います。

――山本さんはゲスト声優として、劇中のリポーター役で出演されています。大のプリキュアファンの山本さんがオススメする見どころを教えてください。
山本美月私みたいにシリーズ全てを観れていない方でも楽しめる映画です。オ―ルスターズで、これまでのプリキュア55人が全員決め台詞を披露するんです。私は映画を通じて『キラキラ☆プリキュアアラモード』を次に観ようと思いました。プリキュアをどのシリーズから見ればいいのか分からないという人は一度映画を見てお気に入りのキャラクターから入るという楽しみ方もあります。

プリキュアシリーズ15年の“変化”「時代に合わせた役割を担っている」

――今回は、“オールスターズ”で、さらにプリキュア15周年の記念作品です。山本さんが今までで一番印象に残っているシリーズはどれですか?
山本美月 私は『Yes!プリキュア5』(2007年〜2008年)のレモネードが特に好きで。キャラが本当に可愛くて魅力的で、私自身もここから黄色が好きになりました。去年の『キラキラ☆プリキュアアラモード』もとても面白かったです。スイーツがモチーフになっていてキャラクターがすごく立っていて
――毎年変わって、15年続いている例を見ないアニメシリーズですね。15年の変化を感じるところはありますか?
山本美月時代によって演出も変わっていると思います。初代『ふたりはプリキュア』(2004年〜)の時は、まだギャル文化の名残があった時代で、「ありえな〜い」みたいなギャルっぽい定番のセリフがありました。見返すと「私もそんな風に喋っていたのかな…?」って思ったりしますね。今の『HUGっと!プリキュア』でも、今の子の喋り方を取り入れてるんでしょうね。

――今のプリキュアで例えると?
山本美月セリフ回しですね。敵のセリフに対して、「子どもから見たらそれってダサい」みたいな表現が入っていて今の子どもの感覚ってこうなんだなってすごく驚きました。あと、今回の“敵”は芸人さんをモチーフにしているんですが、バブルっぽい演出もあって、子どもから見ると「敵」は、「意味わかんないもの」なのかな?と思いました。

――女の子の文化の中で、プリキュアシリーズが果たしてきた役割は?
山本美月たとえば、最近のプリキュアは敵も改心するんですよ。プリキュア初期の敵は“絶対悪”でした。悪い世界にしようとする救いようのない悪だからやっつける、それがはっきりしていたのが初代の『ふたりはプリキュア』だったんですね。悪と肉弾戦で、体を使って闘っていたのが、魔法で闘うように変わり、悪は“理由のある悪”に変わっていきます。“ザ・敵”じゃなくなってきているんです。『Yes!プリキュア5』以降は、敵になりたくて敵になったわけじゃないんです。今の『HUGっと〜』でも、理由があって悪になってしまって、それを癒やす=キュアするのがプリキュア。そういう変化は素敵ですよね。
――なるほど、女の子は共感・肯定の文化ですよね。『HUGっと!プリキュア』は、「子育て」がテーマでもありますし、悪役の設定にもそういった“慈愛”の情操教育的要素を盛り込んでいるわけですね。
山本美月赤ちゃんも登場しますし、世の中の動きを反映しているのは、今の『HUGっと!プリキュア』が一番強いかもしれないですね。敵全員が全員悪い人になりたくてなっているわけではない。例えば現実でも家庭でトラブルを抱えて性格がひねくれてしまったり、人間みんな悪くなりたくてなっているわけではないですよね。彼女たちはどの時代でも間違ったことはしない、それが魅力なんでしょうね。

山本美月、活動10年目の想い『私は私。自然体で自分に恥じない生き方をしたい』

――プリキュアは15周年ですが、山本さんは2009年の高校3年生で『東京スーパーモデルコンテスト』でグランプリを獲得されて以来、芸能活動10年目ですね。振り返ってどんな10年でした?
山本美月正直まだ22歳、23歳くらいの気持ちですね。周りの人たちも結婚してきて…気づいたらアラサーで「意外とお姉さんなんだね」って言われました。言われた時はちょっと悲しかったったです(笑)。一度きりの人生なので、“楽しい”ことを一番大切にしています。私、現場が一番好きなんです。この先もみんなで楽しく作品が作れたらいいなって思います。私は緊張しないほうが出来るタイプなので、あまりピリっとしすぎずにこれからも頑張ろうと思います。

――10年間で自分が変わったきっかけや、思い出に残っているエピソードは?
山本美月監督から怒られることは今もしょっちゅうあります。悔しいので、どの作品なのかはここでは絶対に言わないです(笑)。

――近年はお芝居、特に映画に熱が入っている印象ですが、女優にのめり込むきっかけになった作品はありますか。
山本美月関わった作品は全部好きなので、一つに絞れないですね。でも、『桐島、部活やめるってよ』(2012年)に出させていただいてからお仕事が増えたと思います。その時、専属モデルをしていた雑誌『CanCam』のテーマ数も増えましたから、ターニングポイントだったと思います。

――今回のプリキュア映画もそうですが、『この漫画がすごい!』(テレビ東京系)でも、『少女革命ウテナ』の実写化も挑戦されたり、SNSでもアニメファンならではの投稿がイメージとのギャップがあって話題ですね。今、目指す姿は?
山本美月誰かを目標にしてしまうとそれを超えられなくなりそうですし、私は私だから、目標にする人は特に1人に決めていません。それよりも、ストレスの貯まらない生き方をしたいと思います。

――すごくほんわかした印象で、ストレスは溜まっていなさそうに見えます。
山本美月そう見えているなら成功ですね(笑)。自分らしくナチュラルに生きていきたいですが、なかなか難しいですね。一ついえるのは、死ぬときに恥じない生き方が出来ていれば、それでいいのかなって思っています。

■『映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』

出演:引坂理絵、本泉莉奈、小倉唯、田村奈央、田村ゆかり、本名陽子、ゆかな
ゲスト声優:宮野真守、山本美月 ほか
オフィシャルサイト:http://www.precure-movie.com/
オフィシャルTwitter:https://twitter.com/precure_movie
(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年11月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月19日号

<COVER STORY>
アレキサンダー・デニュー氏(MIDEM CEO)
「世界の音楽市場が回復し始め、
新しい音楽経済圏が生まれている」

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート10月度
年末商戦間近、好調分野&ジャンルを探る

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!