• ホーム
  • 音楽
  • “YURiKA×水野良樹×ヤマモトショウ”対談「魅力的なアニソン文化の自由度とつながりやすさ」

“YURiKA×水野良樹×ヤマモトショウ”対談「魅力的なアニソン文化の自由度とつながりやすさ」

YURiKA(中央)の4thシングル「ふたりの羽根」(『はねバド!』OP主題歌)を手がけた水野良樹とヤマモトショウ(右)

YURiKA(中央)の4thシングル「ふたりの羽根」(『はねバド!』OP主題歌)を手がけた水野良樹とヤマモトショウ(右)

 新世代アニソンシンガーとして注目されるYURiKAの4thシングル「ふたりの羽根」。アニメ『はねバド!』OP主題歌でもある同曲は、アニソンも数多く手がけてきたいきものがかりの水野良樹が作曲、アニソンは初となる元ふぇのたすのヤマモトショウが作詞・編曲を手がけている。それぞれ異なるフィールドで活躍する3人が、今作での初コラボと、今のアニソンのあり方について語り合った。

歌を作る側だけじゃなく、歌う側にとっても大変な曲(水野)

  • YURiKAの4thシングル「ふたりの羽根」(アニメ盤)

    YURiKAの4thシングル「ふたりの羽根」(アニメ盤)

  • 「ふたりの羽根」(アーティスト盤)

    「ふたりの羽根」(アーティスト盤)

──まず、この3人がひとつの楽曲で顔合わせをするのは初めてですが、制作はどういった形でスタートしたのですか?
水野良樹順番から言うと、『はねバド!』のオープニング曲としてYURiKAさんが歌い、僕が曲を作るというオファーがあって。作曲をしているなかで、このメロディにはきっとヤマモトさんが書く歌詞が合うんじゃないかなと思い、僕が作詞をお願いしたという流れでした。
ヤマモトショウ声をかけてもらったときはうれしかったですね。僕自身、アニメのオープニング曲に携わるのは初めてだったので。
水野良樹えーっ、今の今まで知らなかった(笑)。いろいろな方に歌詞を提供されているから、きっとアニソンも手がけたことがあるんだろうなと想像してて。ただそれとは関係なく、ヤマモトさんとは曲作りをご一緒したかったんです。たぶん、今作のメロディって歌詞をつけるのがすごく難しかったと思うんですよ。
ヤマモトショウサビのパートですかね? わりと2音が続く構成になっていて……。
水野良樹そうそう。日本語は音数が多い言語で、たとえば英語なら2音で「Thank You」と言えちゃうけど、日本語で「ありがとう」と言うには5音が必要。少ない音数で意味のある、しかも聴く側の耳にスッと入るような発音の言葉を乗せていくのってすごく難しくて。
ヤマモトショウおそらくこれは、バドミントンのラリーとかスピード感をイメージされているのかなと思って。バドミントンをテーマにした作品だからこそ、このメロディが躍動する感じを歌詞でも活かしたいなと書く上でのヒントにもなりました。
水野良樹歌を作る側だけじゃなく、歌う側にとっても大変な曲だったと思います。とくに歌い出しのサビのパート。こんなに音の差があるメロディをよくあれだけ無理なくしなやかに歌うなと驚きました。僕としては、音が跳躍することで、世界がワッと広がっていくような感じを出そうと考えて作ったんですが、これは普通の歌手では絶対に歌えないぞと思いつつ、でも、YURiKAさんなら大丈夫だろうとどんどん高くなっていったんですけど(笑)。
YURiKA歌い出しはいけるなと思ったんですけど、そこから一気に開いたので「やられたー!」と思いました(笑)。でも、これがキマったら絶対にカッコいいだろうなと。あと純粋にアニソンファン目線で言わせていただくと、冒頭の歌い出しとオープニング映像がピタッとシンクロして、「は」「ね」「バ」「ド」って出てきたのに爆アガリしましたね。来るぞ、来るぞ、来るぞー! という期待感から一気に主題歌の本編に突入する感じがめちゃくちゃツボでした。

テレビサイズの尺だけでもいろいろな解釈ができる(YURiKA)

  • 『はねバド!』(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

    『はねバド!』(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

──たしかにオープニング映像と楽曲の見事なシンクロ感が印象的ですが、アニメチームと楽曲チームではどんなやり取りがあったのでしょうか?
水野良樹アニメの主題歌って、すでに完成している映像とすでに完成してる楽曲を上手に組み合わせるような作り方もあるんですけど、今回はアニメチームから、音楽に合わせて映像を作ります、と。オープニング映像だけでも1つのエンタメになるようなものを作りたいというアニメチームの意思を感じて、楽曲のフックが映像とシンクロする心地よさなど、僕も安心して楽曲のなかにいろいろなフックを入れたりできたんです。
ヤマモトショウだから今回は、まずテレビサイズの89秒を完成させて、映像チームにお渡しして、そのうえで最終的にフルサイズの楽曲に仕上げていくという作り方だったんですね。
水野良樹そう、だから楽曲チーム側としては2回の完成プロセスがあったという、通常のポップソングとはちょっと違う作り方でした。でも、テレビアニメのオープニングの89秒という尺って、ポップソングの一番おいしいところをパッケージするにはなかなか絶妙なサイズだと思いません?
ヤマモトショウたしかに、通常のポップソングでも一番表現すべき歌詞、表現したい歌詞ってワンコーラス目に凝縮されていることが多いですからね。今回、原作コミックを読んだうえで歌詞を書いたんですけど、いろいろな要素が詰まった作品なので書きたいことがいっぱい出てきてしまって。ただ、僕としてはテレビサイズは『はねバド!』の主題歌、フルサイズは作品に寄り添いつつも、もうちょっと解釈に多様性のあるYURiKAさんのオリジナル楽曲というイメージで作っていきました。
YURiKAこの曲って、テレビサイズの尺だけでもいろいろな解釈ができる歌詞だなと、毎週アニメを観てて思うんですよ。「ふたりの羽根」というタイトルも、最初はメイン登場人物の綾乃となぎさのことを歌っているとイメージしていたんです。だけど放送回によって、いろいろな“ふたり”の関係性が曲から聴こえてくるというか。ストーリーが進むにつれて、テレビアニメならではの懐の広い主題歌だなって改めて感じてます。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年9月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月17日号

<COVER STORY>
美藤宏一郎氏(エムアップ 代表取締役)
私たちは目標を持つ会社。
達成すべき目標を粛々と実現していくことが使命

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート8月度
「音楽」ジャンルが急伸長 映像作品市場を検証

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!