• ホーム
  • 音楽
  • 【AWAランキング】椎名林檎、TOP5独占 BTS(防弾少年団)が急浮上

【AWAランキング】椎名林檎、TOP5独占 BTS(防弾少年団)が急浮上

 デビュー記念日の5月27日からサブスクで全楽曲の配信がスタートした椎名林檎の「長く短い祭」が首位を獲得。椎名は「本能」が2 位、「ここでキスして。」が3位、「丸ノ内サディスティック」が4 位、「ギブス」が5位とTOP5を独占。TOP25 以内に10曲がランクインした。

 BTS(防弾少年団)の最新アルバム『Love Yourself: Tear』収録の「FAKE LOVE」が6位、「Anpanman」が14 位にそれぞれ圏外からランクイン。BTSは、5月27日(現地時間)に全米アルバムチャートの「ビルボード200」で首位を獲得したことが発表され、ニュースなどで話題となり急浮上した。

 また、5月10日から全楽曲の配信がスタートしたMr.Childrenの「HANABI」が7位にランクイン。TOP25 以内に4曲を送り込み、全楽曲の配信スタートから3週経つが、いまだ根強い人気を誇る。このほか新曲では、Egirlsの「Show Time」が9 位、EXILESHOKICHIの「Underdog」が21位にそれぞれランクインした。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年6月18日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年6月18日号

<COVER STORY>
高橋聡志氏(タワーレコード株式会社 取締役 兼 リテール事業本部 本部長)
音楽そのもののファンは全国どこにでもいる
どうやって効果的にリーチするのかを考えればいい

<SPECIAL ISSUE1>
JKたちの生態・発信力から深掘る
“未来を担う”10代へのアプローチ

<SPECIAL ISSUE2>
月間マーケットレポート 18年5月度

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!