• ホーム
  • おでかけ
  • 喜多方市「日中線記念自転車歩行者道」しだれ桜並木と酒蔵イベント

喜多方市「日中線記念自転車歩行者道」しだれ桜並木と酒蔵イベント

蔵とラーメンで有名な福島県喜多方市では、四季折々の花々が楽しめます。その中で、飯豊山麓の福寿草の次に春を感じるのが、旧国鉄日中線の廃線跡に植えられた約1000本のしだれ桜の遊歩道です。片道約3キロの遊歩道沿いの桜が絶え間なく咲き誇り、人々を楽しませてくれます。遊歩道の終点近くにあるのが、喜多方市で規模が一番大きい日本酒蔵「ほまれ酒造」です。4月下旬の桜が見頃になる週末に酒蔵まつりを開催しています。

旧国鉄日中線の線路跡の遊歩道

写真:なべ部 FG

旧国鉄日中線は、福島県喜多方市と山形県米沢市を結ぶ鉄路として工事計画され、途中の熱塩駅まで1938(昭和13)年に開通していた路線でした。名前は、熱塩駅の北にある日中温泉が由来です。その後、1984(昭和59)年に廃線になり、その廃線跡が自転車歩行者道として整備されました。そして1988(昭和63)年に約3キロメートルにわたり、しだれ桜が植樹され、ゆったりと歩いて楽しめる桜並木となり、人気のスポットになっています。

写真:なべ部 FG

遊歩道の起点は、喜多方駅から西へ450メートル、徒歩約5分の場所。やや右にカーブしながら約200メートル進み、県道16号線の交差点を過ぎると、ほぼ直線的に北へ進む遊歩道になります。約1キロメートル進むと、かつて日中線を走っていた蒸気機関車C11が展示してあります。SLと桜のコラボ写真で人気です。

写真:なべ部 FG

高遠工業の工場の敷地には、ソメイヨシノが咲いており、しだれ桜の濃いピンク色とソメイヨシノの淡いピンク色の違いを楽しめます。

様々なしだれ桜の姿

写真:なべ部 FG

上の写真のように、背の低いしだれ桜が続くスポットでは、奥行きのある遠近感楽しめる景色が絶景です。

写真:なべ部 FG

桜以外にもたくさん咲いているのが、黄色が鮮やかなスイセン。桜のピンク色とスイセンの黄色のコラボレーション写真も素敵です。

写真:なべ部 FG

この写真のように、枝が伸びて背が高めのしだれ桜の下では、まさに桜のトンネルを進む感じでお薦めの絶景ポイントです。

3キロメートル先の終点近く

写真:なべ部 FG

しだれ桜の並木が続く3キロメートル先まで歩いて、40分から1時間弱。途中のベンチで休憩したり、足を延ばしてご当地の喜多方ラーメンを食べたり、蔵座敷を見学したりしながら、のんびりと往復してはいかがでしょうか?遊歩道近くのラーメン店では、かつての会津村松駅近くにある、ラーメン一平・あじ庵食堂が人気です。

写真:なべ部 FG

3キロメートル歩いた先の終点近くでも、見事なしだれ桜を鑑賞することができます。このあたりまでくると混雑も解消され、人の姿も減ってくるので、落ち着いて写真撮影できるようになります。

写真:なべ部 FG

日中線記念自転車歩行者道の線路跡は所々車道が並行している場所もあります。車道側からやや離れて絶え間なく並ぶ桜も絶景、お薦めの見学スポットです。車の通行に注意しながら鑑賞しましょう。
<基本情報>
住所:福島県喜多方市押切東、字諏訪 ほか
電話番号:喜多方観光物産協会 0241-24-5200
アクセス:<車>磐越自動車道会津若松インターチェンジより国道121号線約25分
<電車>JR磐越西線喜多方駅より徒歩約5分

終点近くのほまれ酒造

写真:なべ部 FG

遊歩道の終点から、徒歩約10分の位置に、喜多方市の日本酒蔵で最大手の「ほまれ酒造」があります。2018年で創業から100周年目になる歴史ある酒蔵です。
全国新酒鑑評会では、平成20年〜29年のうち8回金賞受賞している実力蔵です。また2015年の世界的なワインコンクール、インターナショナルワインチャレンジ(IWC)において、最優秀賞を受賞した純米大吟醸酒が、翌年(2016年)の伊勢志摩サミットで、各国首脳にお土産品として採用され、話題になりました。
蔵では、直営店の雲嶺庵(うんれいあん)という昔の住居建物を改装した試飲販売スペースを楽しむだけでなく、併設する1300坪の日本庭園も散策可能です。

写真:なべ部 FG

ほまれ酒造では、桜の見頃の時期に酒蔵まつりを開催しています。5回目の2018年は、4月22日(日)に行われます。スペシャルゲストとして、タレントの唐橋ユミさんが、TBS系で日曜日の午前に放送の「サンデーモーニング」生放送終了後に駆け付けて、酒蔵まつりを盛り上げます。唐橋ユミさんは、唐橋裕幸社長の実の妹さんなのです。

写真:なべ部 FG

唐橋ユミさんが登場してのステージイベントやじゃんけん大会、利き酒会、飲食ブース出店やお買い得商品の販売など一日中楽しめる企画が目白押しです。まつり当日は喜多方駅からの送迎バスも運行します。
<基本情報>
住所:福島県喜多方市松山町村松字常盤町2706
電話番号::0241-22-5151
アクセス:<車>磐越自動車道会津若松インターチェンジより国道121号線約30分
<電車>JR磐越西線喜多方駅よりタクシー約10分

おわりに

日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木は4月中旬〜下旬に見頃を迎えますが、5月のゴールデンウィーク頃に見頃なのが、隣の北塩原村にある桜峠の桜です。国道459号線で裏磐梯方面に向かい、ラビスパ裏磐梯近くで、2001本の桜の絶景が楽しめます。
また、5月の最終週末には、喜多方市の酒蔵約10蔵を訪ね歩くイベント「喜多方酒蔵探訪のんびりウォーク」が催されます。ツツジや山野草が咲いている中を歩くのも、日中線記念自転車歩行者道のまた別の楽しみ方です。
2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
関連メモの別記事、「会津に春を告げる100万株の黄色い福寿草!飯豊山麓・山都町」では、喜多方市山都町の福寿草や、福島県の観光ポスターに採用された鏡桜の情報も掲載していますので参考にしてください。

■関連MEMO
喜多方観光物産協会
http://www.kitakata-kanko.jp/category/detail.php?id=104
ほまれ酒造
https://www.aizuhomare.jp/
<たびねす>会津に春を告げる100万株の黄色い福寿草!飯豊山麓・山都町
https://www.travel.co.jp/guide/article/24958/

【トラベルジェイピー・ナビゲーター】
なべ部 FG

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス