アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • おでかけ
  • ベトナム土産おすすめ!ハノイ大教会周辺で雑貨巡りの女子旅

ベトナム土産おすすめ!ハノイ大教会周辺で雑貨巡りの女子旅

ホーチミンか、ダナン、ニャチャン、ハノイで迷うベトナム観光旅行。かわいい雑貨や衣服、シルク製品など、買い物を楽しむのならハノイ旧市街36通りがおすすめ。ハノイ大教会周辺には、日本女性好みのおしゃれなセレクトショップが集まっています。教会周辺のショッピングストリートには、ベトナム土産ランキングでも人気の高い雑貨がいっぱい。女子受けするお土産が多く、奥様や彼女へのプレゼントをお考えの男性にもおすすめ。

かわいいホテルも!雑貨巡りの女子旅はハノイ大教会から

写真:沢木 慎太郎

LCCなどの格安航空券を使って、日本から気軽に行けるベトナム。週末弾丸旅行でも人気の海外旅行先のひとつです。
そんなベトナムの首都ハノイには、「ハノイ旧市街36通り」があり、さまざまなお買い物を楽しむことができます。
ハノイ旧市街でも、ホアンキエム湖の西にあるハノイ大教会(セント ジョセフ教会)周辺のストリートは、おしゃれで可愛いお土産店が多く、外国人女性観光客に人気のエリア。

写真:沢木 慎太郎

ハノイ大教会は、パリのノートルダム寺院をモデルに、今から約120年前に建てられました。フランスの統治時代を象徴する建物。ネオゴシック様式の教会は荘厳な雰囲気があります。
<基本情報>
住所:Nha Chung,Ha Noi
電話番号:+84-24-3828-5967
アクセス:ハノイ・ノイバイ国際空港からタクシーで約50分
開閉時間: 5時〜12時、14時〜19時30分
ミサ:5時30分、18時15分/土曜日は18時/日曜日は5時、7時、9時、11時、16時、18時

写真:沢木 慎太郎

ハノイ大教会の周辺は、「マーマイ(Ma May)通り」と並んで、格安ホテルが多く集まっているエリア。おしゃれなブティックホテルが多く、2500円前後で泊まることができます。ハノイ初心者や女子旅におすすめのスポット。雑貨巡りの女子旅は、ハノイ大教会周辺から始めましょう。

ニャートー通りの雑貨店!「ナグ」「イパニマ」「アジサイ」

写真:沢木 慎太郎

まず、ご紹介のショッピングストリートは、「ニャートー通り」(Nha Tho)。ハノイ大教会の目の前にある通り。ここにあるのが雑貨ショップ「ナグ」(nagu)。センスが良く、品質の高いベトナム雑貨が見つかります。テディベアのぬいぐるみはアオザイを着たものや、ノンラーをかぶったものがあり、かわいいお土産として人気。
<基本情報>
住所:20 Nha Tho
電話番号:+84-24-3928-8020
アクセス:ハノイ大教会からすぐ
営業時間:8時〜21時

写真:沢木 慎太郎

こちらも、ニャートー通りにある人気の雑貨店「イパニマ」(Ipa-Nima)。香港人女性デザイナーのブランドは、カラフルでキュート。イタリアのレザーなどを使い、ベトナムの職人さんが丁寧に編みこんだバッグは、世界中にもファンが多い。
<基本情報>
住所:5Nha Tho
電話番号:+84-24-3928-7616
アクセス:ハノイ大教会からすぐ
営業時間:8時〜20時

写真:沢木 慎太郎

続いても、「ニャートー通り」から。こちらもハノイ大教会に近い人気の雑貨店「アジサイ」(Ajisai Viet Nam)。バッチャン焼き、かわいい刺繍のバッグ、サンダル、ベトナムのお菓子など、上品で上質なベトナム土産がそろっています。すぐ近くの「ニャーチュン通り」にもアジサイの店があります。

ベトナム茶も人気!ハンガイ通りではシルク製品や民族土産も

写真:沢木 慎太郎

ところで、ベトナムのお茶は、ベトナムのお土産としても人気。さきほどの「アジサイ」では、ベトナム茶を試飲することができます。甘いお茶もあり、まろやかな味わい。ジャスミン茶や黒茶、青茶、緑茶、フエ宮廷茶など種類が多く、有名なのは蓮茶(ハス茶)。

写真:沢木 慎太郎

「アジサイ」では、アオザイのレンタルも行っています(半日で約1100円〜)。日本人女性だけでなく、中国、韓国、台湾など、アジアの女性に人気。アオザイを着て、最初にご紹介したハノイ大教会の前で記念撮影されてはいかがでしょうか?
ちなみにハノイのベストシーズンは乾季の10月後半〜11月ごろ。または3月〜4月ごろ。秋から年末年始、春休みの旅行がおすすめです。ただし、年末年始のアオザイ姿はちょっと寒いかも。
<基本情報>
住所:12 Nha Tho
電話番号:+84-24-3938-0219
アクセス:大教会からすぐ
営業時間:9時〜20時

写真:沢木 慎太郎

アオザイと言えば、「ハンガイ通り」(Hang Gai)もおすすめ。ハノイの“シルクロード”との異名を持ち、シルク製品をはじめ、衣服やバッグ、サンダル、雑貨小物のショップが多く集まっています。
シルク製品など、ベトナムの雑貨でおすすめのお土産ショップが、ハンガイ通りにある「アメイジング ハノイ」(Amazing Hanoi)。山岳民族の民芸品やアクセサリー、プラカゴ、シルクのネクタイなど品数が豊富。アオザイ風の洋服はおしゃれ。
<基本情報>
住所:71 Hang Gai
アクセス:大教会から徒歩約5分
営業時間:8時〜21時30分

刺繍が美しい!ハイセンスな雑貨や衣服「タンミー・デザイン」

写真:沢木 慎太郎

オリジナルの刺繍製品など、ハイセンスな雑貨や衣服がそろうショップが「タンミー・デザイン」(Tanmy Design)。ハンガイ通りで、ひと際目立つ、おしゃれなお店です。高級感が漂い、日本人観光客にも人気のショップ。
アクセサリーや洋服、バッグ、ポーチ、高級漆器、雑貨小物は、オリジナルのデザインが多く、品質にもこだわりがあります。

写真:沢木 慎太郎

「タンミー・デザイン」の2階フロアは婦人服が多く、センスの良いデザインや色あいの洋服が並んでいます。ベトナムの伝統的な民族衣装の流れを汲みながら、現代的なファッションにまとめているのが人気の理由。高級シルクのネクタイもあり、こちらも男性へのお土産におすすめです。

写真:沢木 慎太郎

「タンミー・デザイン」は、もともとはハノイの老舗刺繍専門店。美しい刺繍が織り込まれた高級な洋服やアオザイが見つかるのが3階フロア。手前に色鮮やかな刺繍のドレスが見えますが、1万円程度から買うことができます。店内にはカフェスペースもあるので、一息入れるのもおすすめ。
<基本情報>
住所:61 Hang Gai
電話:+84-24-3938-1154
アクセス:大教会から徒歩約5分
営業時間:8時〜20時

アオザイ通り、メインストリートを越えてドンスアン市場へ

写真:沢木 慎太郎

ハンガイ通りにあるシルク専門店「ハンガイ・シルク」(Hang Silk)もおすすめ。アオザイや衣服、バッグ、スカーフなど、シルク製品が並んでいます。シルクのネクタイもそろっているので、男性へのお土産にいかがでしょうか?
店員さんのセンスがいいので、お客さんの雰囲気にあわせて良い商品を選んでもらえます。
<基本情報>
住所:86 Hang Gai
電話番号:+84-24-3824-8687
アクセス:ハノイ大教会から徒歩約5分

写真:沢木 慎太郎

オモチャと一緒にアオザイが売られているのが「ルオンヴァンカン通り」 (Luong Van Can)。アオザイは安く、オーダーメードできる店も。オモチャは素朴なものが多く、見ているだけでも楽しい。バインバオと呼ばれるベトナムの肉まんが売られている店が多いのもここ。
<基本情報>
住所:Luong Van Can
アクセス:ハノイ大教会から徒歩約10分

写真:沢木 慎太郎

最後のご紹介は、ハノイ旧市街のメインストリートとなる「ハンダオ通り」(Hang Dao)。ドンスアン市場からホアンキエム湖まで、旧市街の南北(約500メートル)をつらぬく通りです。ナイトマーケットが開催(毎週末の金、土、日曜日の19時〜23時ごろ)されるのがここ。
ハンダオ通りは、ブティック店が軒を連ねるスポット。試着ができる店もあるので、ベトナムの店員さんとふれあいながらショッピングを楽しまれてみては?
「ハンダオ通り」に出れば、ハノイ旧市街の北端に位置する「ドンスアン市場」はすぐ。
<基本情報>
住所:Hang Dao
アクセス:ハノイ大教会から徒歩約10分

ハノイ観光の中心!ハノイ旧市街36通りでお買い物を楽しむ旅

ハノイは、11世紀から19世紀までは、“タンロン(昇竜)”と呼ばれ、ベトナム王朝の首都が置かれていました。旧市街の通りには商品の名前が名づけられ、そうした通りが36あったことから、別名「ハノイ36通り」と呼ばれています。フォーやバインミー、ブンチャーといったグルメも集まっているのもここ。
旧市街のなかでも、ハノイ大教会周辺には、かわいい雑貨土産だけでなく、おしゃれで格安のホテル(一部屋2500円前後)も多く、女子旅の拠点としてもおすすめのエリア。
ご紹介した大教会周辺の雑貨土産のモデルコースは、1〜2時間ほどで散策できるので、週末弾丸旅行で訪れるスポットとしてもおすすめです。
最後にご紹介した「ハンダオ通り」にまで来れば、「ドンスアン市場」まではすぐ。ドンスアン市場から南に向かって旧市街地を巡れば、観光名所の「マー・マイ87番の家」や「タンロン水上人形劇場」「ホアンキエム湖」を通って、出発点のハノイ大教会へと戻ることができます。
なお、ドンスアン市場を起点に、ハノイ大教会へと向かう「ハノイ旧市街の散策モデルコース」や、有名な人気グルメレストラン、おしゃれなカフェなど、ハノイ観光については別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。
2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ベトナムのパリ!ハノイ初心者にもおすすめ観光モデルコース
https://www.travel.co.jp/guide/article/26705/
ハノイ観光でお買い物!旧市街のベトナム土産&散策モデルコース
https://www.travel.co.jp/guide/article/18828/
ベトナム土産が安い!ハノイのドンスアン市場でプチプラ観光旅行
https://www.travel.co.jp/guide/article/13991/
ハノイ観光おすすめ!「タンロン水上人形劇場」の楽しみ方
https://www.travel.co.jp/guide/article/14061/
エッグコーヒーの名店!ハノイの古民家カフェ「フォーコー」
https://www.travel.co.jp/guide/article/32906/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
沢木 慎太郎

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス