• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 社会・経済
  • 【精神科医が教える】悪口の標的にされそうで心が病みそうなときの対処法

【精神科医が教える】悪口の標的にされそうで心が病みそうなときの対処法


Photo: Adobe Stock

誰しも悩みや不安は尽きない。寝る前にイヤなことを思い出して、眠れなくなるなんてことも……。そんなときの助けになるのが、『精神科医Tomyが教える 40代を後悔せず生きる言葉』(ダイヤモンド社)だ。ゲイのカミングアウト、パートナーとの死別、うつ病の発症……苦しんだ末にたどり着いた、自分らしさに裏づけられた説得力ある言葉。心が落ち込んだとき、そっと優しい言葉を授けてくれる。Voicy「精神科医Tomyきょうのひとこと」の“言葉の精神安定剤”で、気分はスッキリ、今日がラクになる!

悪口をいわれそうで帰れない

あるあるネタじゃないかと思うのですが、自分が悪口をいわれていそうで、その場を離れられないという心境があります。

悪口をいわれるかどうかは自分の憶測に過ぎないのですが、その憶測が当たっていたとしても、そもそも自分が帰らず残っていたからといって、どうせ別のタイミングで悪口をいわれるのですから、少なくともその場にいなくたっていいんです。

それでも気になるから残ってしまいがちなのですが、それを気にして帰れない時間のほうが、よほどもったいないですよね。

悪口をいう人たちには関わらない

そもそも、その場にいない人の悪口をいう人たちというのは、ろくなものじゃない。時間泥棒のようなものです。

それだけでなく、その人たちに関わると、時間を盗まれるだけでなく、心まで汚れてしまいます。

だから、いない人の悪口をいう人たちがいたら、もう速攻で関わらないようにしたほうが無難です。

心の中で関係性を断つ

自分が悪口のターゲットにならないように関係性を保っておこうと思いがちですが、そういうのはさっさと抜けたほうがいいんです。

そういう人たちと関わりを断てないとしても、心の中では交わらない。それもある意味、そのグループと関わらないようにする術です。

さらに「私の悪口をいうなら、どうぞいってください」と割り切った態度になると、最初は悪口をいわれるかもしれませんが、いずれ面白くなくなっていわなくなるもの。いくら悪口をいうのが好きな連中でも、飽きてくるんですね。

自分でコントロールできないことは不安がらない

悪口をいわれるということ、ネガティブな噂話をされることに関して、不安がってもしょうがないんです。それは完全にいっている側の問題なのですから。

もちろん、人間はそんなに強くないですから、心が折れそうになるときもあります。

そういうときは、信頼できる人や専門家にヘルプを求めてください。でも、本質的にはもう関わらなくても大丈夫です。

※本稿は『精神科医Tomyが教える 40代を後悔せず生きる言葉』(ダイヤモンド社)の著者が日々お届けする“心のサプリメント”です。

提供元:ダイヤモンド・オンライン

あなたにおすすめの記事

オリコントピックス