• ホーム
  • コラム
  • BEYOND2020『日本の伝統芸能と遊び心が融合、歌舞伎フェイスパックの効能』

BEYOND2020『日本の伝統芸能と遊び心が融合、歌舞伎フェイスパックの効能』

 どんなありふれた日用品も、日本人の手にかかれば特別なものに変わる――とは、ある台湾人の弁。そう言われ、意識するようになって気づいた。なんと私たちはユニークでアイデアにあふれた物に囲まれていることだろうか。大人気の「歌舞伎フェイスパック」も、その1 つ。歌舞伎の化粧である「隈取」がデザインされており、肌のケアとともに歌舞伎役者に変身する気分が味わえるとあって、13年12 月の発売以降、メディアから大きな注目を集め、品切れ続出。外国人観光客のお土産としても人気を博している。

 製造・販売を行う一心堂本舗は、元々はおかき・飴等を製造する食品メーカーである。ところが、『歌舞伎座』への出店がきっかけとなり、食品問わず何か歌舞伎の面白い商品が作れないかを検討するなかで、本商品が誕生した。

 梱包されているのは、歌舞伎の人気演目『暫』のヒーロー役、鎌倉権五郎景政の隈取(赤)と、『船弁慶』に登場するヒール役、怨霊・平知盛の隈取(青)の2 枚。歌舞伎役者の市川染五郎が監修した本格派だ。

 歌舞伎の海外公演は意外と古く、1928 年(昭和3 年)に二代目市川左團次がモスクワ・ボリショイ劇場で行ったのが最初。今も積極的に海外公演を行っている日本の伝統芸能と、日本人の遊び心の融合は、まさに日本のお家芸といえるのではないだろうか。

BUCK NUMBAR

『アニメCM が海外でも話題、琉球銀行のPR展開』(2015年2月9日)
『訪日外国人と国内旅行者、どちらも取り込む』(2015年2月2日)
『日本の伝統芸能と遊び心が融合、歌舞伎フェイスパックの効能』(2015年1月12日)
『海外ファンとの接点創出“ビッグエコー”がインバウンド施策開(2014年12月22日)
『東京駅を100年前の姿に生まれ変わらせた“空中権”』(2014年12月15日)
『こころのビタミン剤「泣ける」児童書』(2014年12月8日)
『東京観光の代名詞はとバス、外国人利用者数は回復基調』(2014年10月20日)
『見直される「高品質」、Technicsブランドの復活』(2014年10月13日)
『伝統と最先端の融合、歌舞伎座(東京・東銀座)』(2014年9月8日)
『五輪橋(東京・原宿)』(2014年9月1日)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!