BEYOND2020『五輪橋(東京・原宿)』

 東京オリンピック開催(1964 年)から今年で50 年。

 写真の五輪橋は、国立代々木競技場、選手村、岸記念体育会館など代々木エリアの施設と、国立霞ヶ丘競技場、東京体育館といった明治公園エリアを結ぶ道路整備の際に、山手線の上に架けられた。(JOC HP 参照)親柱の上には「世界は一つ」というメッセージを込めた地球儀が飾られており、壁面には日本のお家芸であったマラソン・体操・柔道といった競技のレリーフが施されている。

 橋を渡った先に見える、吊り屋根方式の独特のデザインは「国立代々木競技場 第一体育館」(通称:代々木第一体育館)だ。建築家・丹下健三氏の手によるもので、オリンピックでは水泳競技メイン会場となった。今ではスポーツに限らず、コンサートやイベント会場としての利用も増え、数多くのアーティストたちの思い出が刻まれた、エンタテインメントの重要スポットとなっている。

 6年後の2020年、東京で再びオリンピックが開催される。そのとき、日本のエンタテインメントは世界に向けてどうプレゼンスを発揮するのだろうか。カウントダウンはすでに始まっている。 TOKYO2020――オリンピック後も続くストーリーのアウトラインを描くのは今だ。

BUCK NUMBAR

『アニメCM が海外でも話題、琉球銀行のPR展開』(2015年2月9日)
『訪日外国人と国内旅行者、どちらも取り込む』(2015年2月2日)
『日本の伝統芸能と遊び心が融合、歌舞伎フェイスパックの効能』(2015年1月12日)
『海外ファンとの接点創出“ビッグエコー”がインバウンド施策開(2014年12月22日)
『東京駅を100年前の姿に生まれ変わらせた“空中権”』(2014年12月15日)
『こころのビタミン剤「泣ける」児童書』(2014年12月8日)
『東京観光の代名詞はとバス、外国人利用者数は回復基調』(2014年10月20日)
『見直される「高品質」、Technicsブランドの復活』(2014年10月13日)
『伝統と最先端の融合、歌舞伎座(東京・東銀座)』(2014年9月8日)
『五輪橋(東京・原宿)』(2014年9月1日)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!