ミュージック インタビュー&コメント

ミュージックライブレポート
2009年08月10日
LIVE REPORT
SUPER JUNIOR
注目のエンタメ・ダンスグループの日本初ライブの模様をレポート!

次へ
SUPER JUNIORSUPER JUNIORSUPER JUNIORSUPER JUNIORSUPER JUNIOR
SUPER JUNIORSUPER JUNIORSUPER JUNIORSUPER JUNIOR 
エンターテインメント性の高いライブは必見!
 韓国No.1エンターテインメント・ダンスグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)が、8月1日(土)2日(日)に東京国際フォーラム ホールAで待望の日本初のライブを行った。

 本格的なライブは今回が初めてで、SUPER JUNIORとしての来日は、昨年の武道館でのイベントから約1年ぶり。2日間に渡り3公演を行った『SUPER JUNIOR PREMIUM LIVE in JAPAN』は15,000人のファンを熱狂的させた。

 活動内容で変わるグループ内のユニットパフォーマンスも披露。ボーカルラインの3人で構成されバラードに定評のある“SUPER JUNIOR-K.R.Y”、韓国トロット(大衆楽曲のジャンルのひとつ)を歌も踊りもポップにアレンジする6人の“SUPER JUNIOR-T”。そして、中国で大活躍中の“SUPER JUNIOR-M”、5人のオリジナルメンバー。さらに、中国メンバー2人も駆けつけ、日本初登場をした彼らに会場はヒートアップした。

 また、同じ事務所SMエンターテインメント所属の女性9人グループ“少女時代”の2009年度韓国で配信No.1になった大ヒット曲「GEE」を、メンバーがカツラを被った女装で、少女時代メンバーの個々の真似をしたパフォーマンスを、少女時代とSUPER JUNIORのメンバーの名前を個々に掛け合わせて捩ったTシャツ(ヒチョル+ジェシカ=ヒシカ 等)を着用して表現。SUPER JUNIORメンバー内でより少女時代を表現できるメンバーをオーディションをして決めた、というこだわりのパフォーマンスで会場を沸かせた。

 日本語で歌った「Marry U」や昨年“SUPER JUNIOR-T×モエヤン”名義でリリースした日本盤「ロクゴ!」(SJ Ver.)や韓国でダンスパフォーマンスの素晴らしさで話題になった“SORRY,SORRYダンス”も披露。カッコイイ歌と踊りだけでなく、ユーモアも含めたパフォーマンスは圧巻。アジアでライブの評価が高いSUPER JUNIORだが、今回初の日本ライブでそのエンターテインメント性の高いライブで、力を証明した。このライブの模様は、秋にDVDで発売すされる予定。

SUPER JUNIOR プロフィール
ライブレポート一覧へ

P R

イープラス