10周年迎えたLiSA、「ウソをつかない」妥協のない日々の中で表現した“新しさ”

Photo by Viola Kam [V'z Twinkle]

『LiVE is Smile Always〜unlasting shadow〜』 Photo by Viola Kam [V'z Twinkle]

B’zの松本孝弘、女王蜂のアヴちゃん、ゆずの北川悠仁…ウソをつかずに「好きなものを」

――『LADYBUG』について教えてください。最初に制作したのはどの曲ですか?

LiSA 「Another Great Day!!」(作詞:LiSA 作曲:TAK MATSUMOTO)ですね。松本さんは制作する前に、私のCDをたくさん聴いてくださったそうで。私の声の良い部分を生かせるキーにしていただせいか、かなり高い音程のメロディなのに、すごく歌いやすいんです。みんなが口ずさめる曲になったし、J-POPの役割をまとったハードロックだと思いました。

――「GL」(作詞・作曲:薔薇園アヴ)は、女王蜂のアヴちゃんの提供曲です。

LiSA 女王蜂、大好きなんです。THE FIRST TAKEの「火炎」を観たときに、アヴちゃんのボーカル表現が完成した!と感じて。ずっと自分自身と対話を繰り返して、表現を研ぎ澄ませて、ここに辿り着いたんだなって。だからこそ曲を作っていただくときも、言葉(歌詞)まで書いてほしいと思ったんですよね。でも、曲が送られてきたときはすごくビックリしました(笑)。私の名前も入っているし、“ねり練り”という好きな言葉、好きな映画(『天使にラブ・ソングを』)も触れられていて。LiSAという存在と、すごく誠実に向き合って書いてくれたんだなと思いました。

――北川さんとのコラボによる「ノンノン」(作詞:北川悠仁、LiSA 作曲:北川悠仁)については?

LiSA 以前からゆずさんが好きなんです。最初はアコースティックデュオという印象だったんですが、ライブに行ってみると、子どもから大人まで盛り上がれる曲がたくさんあって。「会場の隅々まで、全員に楽しんでほしい」という気持ちが伝わってきました。今回の制作でも、悠仁さんが「この楽曲で10周年のお祝いをしましょう。LiSAッ子のみんなにも喜んでもらえる曲にしたいです」と言ってくださったんです。歌詞を共作したのも、「LiSAちゃんの言葉が入っていたほうが、ファンのみんなは嬉しいよね」と言ってくれたから。いつも聴いてくれる人のことを考えて、音楽を作ろうとする姿勢に感動しました。

――ほかにも、いまやLiSAさんの活動に欠かせないギタリスト・PABLOさんが編曲で参加していたり、LiSAさん自身の“好き”が詰まった作品ですね。

LiSA 10年の活動のなかで、“ウソをつかない”を大事にしてきたんです。発する言葉、楽曲、パフォーマンスもそうですけど、好きなものを注ぎ込んできたし、納得していないものは一つも出していません。その前の人生のなかでは、自分にウソをついたり、騙すようなこともしてきたと思う。たとえば恋人と一緒にいたとして、最初は「ずっとキレイでいて、完璧な彼女を演じてみせる」と思っているんだけど、本当は「胡坐かきたいな」と思っていたりとか(笑)。

――(笑)音楽活動においても、本当に自分が好きなモノを出せなかった?

LiSA そうですね。だから、『Letters to U』のときに「納得できないことはやらない」と決めました。それはずっと貫いてきたと思うし、適当に生きた日は1日もないですね。

かつては「大人になること」への恐れも…前向きになった今と黒柳徹子からの刺激

Photo by Viola Kam [V'z Twinkle]

『LiVE is Smile Always〜unlasting shadow〜』 Photo by Viola Kam [V'z Twinkle]

  • 『LiVE is Smile Always〜unlasting shadow〜』 Photo by Viola Kam [V'z Twinkle]

    『LiVE is Smile Always〜unlasting shadow〜』 Photo by Viola Kam [V'z Twinkle]

――2月には、久々の有観客ライブ『LiVE is Smile Always〜unlasting shadow〜』も開催。ライブでファンの皆さんとつながってきたLiSAさんにとっては、特別なステージだったのでは?

LiSA 去年1年、人前で歌う機会はなかったのですが、『レコード大賞』や『紅白歌合戦』、さまざまな音楽番組など、歌う場所はたくさんいただけて。自分の心と向き合いながら歌ってきたことで、ライブで歌ったときも、歌の表現が広がっているのを感じました。お客さんの温かさを感じられたことも本当にうれしかったし、「皆さんに引き出されるものがこんなにあるんだな」と実感できましたね。手拍子や身体の動きで反応してくれたんですが、これで声が出せるようになったら、以前よりももっとすごいライブができるんじゃないかなと思っています。

――未来に対する明るい展望が感じられた、と。この先も前向きに進んでいけそうですね。

LiSA そうですね。30歳になるまでは、大人になるのを恐れていたんですよ。先のことが思い描けなくて、とにかく目の前のことに必死に取り組んできた。でも、ここにきて、少しずつ未来のことに希望を持って考えられるようなってきました。「15周年は、武道館で15日間ライブをやりたい」とか(笑)。そんなふうに思える自分にビックリしていますね。じつはこの前、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)の収録があって。黒柳徹子さんは今87歳なんですけど、めちゃくちゃお元気だし、イメージがずっと変わらない。「印象を変えないで活動を続けられるかどうかは努力次第なんだな」と感じましたし、私もがんばろうと思います!


(文:森朋之)

ミニアルバム『LADYBUG』

5/19リリース

■LiSA公式サイト(外部サイト)
■YouTube(外部サイト) 
■Twitter(外部サイト) 
■Instagram(外部サイト) 

Sponsored by ソニー・ミュージックレーベルズ

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索