アニメ&ゲーム カテゴリ

アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』あらすじ

(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.

『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。魔法が苦手だが勇者に憧れている主人公・少年のダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をする。そして、秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。完全新作アニメ化として放送中(テレビ東京系/毎週土曜 前9:30)
第1話「小さな勇者、ダイ」
第2話「ダイとレオナ姫」
第3話「勇者の家庭教師」
第4話「魔王ハドラーの復活」
第5話「アバンのしるし」
第6話「獣王クロコダイン」
第7話「マァムの想い」
第8話「百獣総進撃」
第9話「ひとかけらの勇気」
第10話「いざパプニカ王国へ」
第11話「魔剣戦士ヒュンケル」
第12話「ふたりのライデイン」
第13話「決着の瞬間」
第14話「氷炎将軍フレイザード」
第15話「恐怖の結界呪法」
第16話「大魔道士マトリフ」
第17話「不死身の救世主」
第18話「ヒュンケル対ハドラー」
第19話「アバン流最後の奥義」
第20話「今すべてを斬る」
第21話「マァムの決意」
第22話「デパートへ行こう」
第23話「竜の騎士」
第24話「竜騎将バラン」
第25話「戦慄の竜闘気」
第26話「竜騎衆大接近」
第27話「陸戦騎ラーハルト」
第28話「ダイの秘密」
第29話「バランの怒り」
第30話「ポップの覚悟」
第31話「父と子の戦い」
第32話「父との決別」
第33話「ザボエラの奇策」
第34話「ロモス武術大会」
第35話「決勝戦の異変」
第36話「超魔生物対チウ」
第37話「一瞬にすべてを」
第38話「世界会議(サミット)」
第40話「闇の師弟対決」
第41話「最強の剣」
第42話「死の大地」
第43話「最強剣激突」
第44話「氷河に消えた勇者」
第45話「オリハルコンの戦士」
第46話「極大消滅呪文メドローア」
第47話「いざ決戦の地へ」
第48話「ハドラー親衛騎団」
第49話「パーティーバトル開始」

キャラクター紹介

第1話「小さな勇者、ダイ」あらすじ

デルムリン島という小さな島から物語が始まる。勇者に憧れる少年・ダイが、島にやってきた勇者とその仲間らしき一行を見て興奮するが、彼らの狙いは世界に一匹しかいないと言われる、幻の珍獣・ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを奪うことだった。さらわれた大親友のゴメちゃんを取り戻すため、ダイは、育ての親の鬼面道士ブラスから渡された魔法の筒を手に勇者たちを追う。

第2話「ダイとレオナ姫」あらすじ

レオナがデルムリン島にやってきた目的は、賢者になるための儀式を受けることだった。ダイは、儀式の舞台となる地の穴までレオナたちを案内することになる。何でも思った通りに発言するレオナに当初は反感を抱いていたダイだったが、行動を共にするうちに打ち解けていく。そんな時、突然、巨大な魔のサソリが現れ、一行に襲い掛かってくる。ダイはなんとか魔のサソリを撃退するものの、攻撃を受けたレオナは毒に侵されてしまっていた。ダイが彼女を救いたいと強く願ったそのとき…何かが起きる。

第3話「勇者の家庭教師」あらすじ

いつものようにダイがモンスターたちと戯れていると、突然モンスターが凶暴化し出す。何らかの暗黒の力がモンスターたちに影響を及ぼしているようだ。危険を感じ取ったブラスはダイをデルムリン島から逃がそうとするが、ダイはそれを拒否。ダイとブラスが押し問答を続けていると、そこに勇者育成業を営む男と、その弟子の魔法使いが現れる。勇者育成業を営む男は魔王が復活したこと、そしてパプニカ王家からの依頼を受けて、ダイを勇者に育て上げるためにやって来たと告げる。大切な人を脅かす魔王を打ち倒すため、ダイは勇者となるための修業をすることを決意する。

第4話「魔王ハドラーの復活」あらすじ

火竜変化呪文(ドラゴラム)でドラゴン化したアバンは容赦なくダイを攻撃する展開に。ダイはナイフで応戦するも、鉄よりも固いドラゴンの皮膚には歯が立たず、アバンが吐き出す炎を破るためには、力の技・大地斬ではなく、スピードの技・海波斬が必要だった。そして、修業を終えたその時、邪悪な力を持った何者かが島に入ってこようとする気配を感じ取る。アバンの嫌な予感は的中し、マホカトールの結界を破ってアバンたちの前に現れたのは、最悪の存在であった…。

第5話「アバンのしるし」あらすじ

かつてを遥かに上回る魔王・ハドラーの強大な力に追い詰められていくアバン。弟子たちを、世界を守るため、最後の力を振り絞りハドラーに立ち向かっていく。ダイはその姿をただ見守ることしかできなかった…。そして、ついにアバンとハドラーの戦いは決着を迎える。

第6話「獣王クロコダイン」あらすじ

アバンの遺志を継いで大魔王バーンを倒すため、ダイは島を出ることを決意する。そして、ポップもダイと共に船に乗り込み、ロモス城を目指す。道中の魔の森で二人はモンスターに襲われていたところを、魔弾銃を操る少女・マァムに救われる。そんな中、彼らのもとには、ハドラーからダイ討伐の命を受けた百獣魔団の軍団長・獣王クロコダインが迫っていた…。

第7話「マァムの想い」あらすじ

クロコダインによって追い詰められていたダイだが、マァムの助けにより攻勢に転じる。ポップも加り、クロコダインとの死闘はその勢いを増す。ダイやポップの戦いを目の当たりにしたマァムは、幼き日のアバンの言葉を思い出し、ある決断をする…。

第8話「百獣総進撃」あらすじ

旅の仲間にマァムを迎え3人となったダイたちが、夜遅くロモス城下町に到着し、宿で一晩を過ごすこと。しかし翌朝、町中に響き渡る獣たちの咆哮で叩き起こされる。クロコダインが百獣魔団のモンスターたちを率いてロモス城への総攻撃を仕掛けてきたのだ。ダイは、すぐさまクロコダインを追い、宿を飛び出していく。マァムもポップを連れ、ダイを追おうとするのだが…。ロモス城の大広間で対峙するダイとクロコダイン。クロコダインは、ダイの急激な成長を目にし、ザボエラに授けられた恐るべき秘策を使う決意をする。

第9話「ひとかけらの勇気」あらすじ

クロコダインの獣王痛恨撃により大きなダメージを受けたダイ…。ダイを救おうとするマァムも、妖魔司教ザボエラが操るあくまのめだまによって縛りつけられてしまった。その様子をニセ勇者パーティーの魔法使い・まぞっほに見せられたポップだが、それでも恐怖心に打ち勝てず動けないでいた。そんなポップに、まぞっほが自らの過去を語り始める。彼もかつては正義の魔法使いを目指していたと言うのだが…。

第10話「いざパプニカ王国へ」あらすじ

クロコダインとの戦いに勝利したダイたちは、レオナを救うためパプニカ王国を目指す。パプニカを有するホルキア大陸は、かつて魔王の居城があった大陸であり、魔王軍から不死身の軍団が送り込まれ、最大の激戦区となっていた。パプニカに着いたダイたちが目にしたのは、想像を絶する光景であった。そのころ、鬼岩城ではハドラーが全軍団長を招集していたが…。

第11話「魔剣戦士ヒュンケル」あらすじ

ダイのアバンストラッシュが通用しないヒュンケルは、アバンとその弟子に対する強い憎しみに燃え、「鎧の魔剣」をまとってダイたちにぶつかっていく。あらゆる攻撃呪文をはじく最強の鎧は、ダイ、ポップマァムの3人がかりの攻撃もものともしない。いったいなぜ、ヒュンケルはそんなにもアバンを憎むのか? マァムが疑問を投げかけると、彼は自身とアバンの過去を語り出す…。

第12話「ふたりのライデイン」あらすじ

クロコダインの加勢で、辛くも戦線から離脱したダイポップ。戦いのさなか語られたヒュンケルの過去に動揺し、紋章の力を発揮できなかったダイに対しポップは「ヒュンケルを倒さないと、マァムレオナも救えない」と叱咤した。二人は、もう一度力を合わせて戦うことを誓い合い、そして翌朝、圧倒的な力を持つヒュンケルに対抗するべく策を練ったポップは、ダイにある呪文を使うことを提案する。

第13話「決着の瞬間」あらすじ

ライデインを受けたヒュンケルだったが、その肉体はダメージを耐え抜いた。渾身の魔法も破られてしまったダイは、ヒュンケルが放ったブラッディースクライドをくらい、意識を失ってしまう。そのとき、闘技場にマァムが現れ、隠し部屋で見つけたあるものをヒュンケルに手渡す。そこにはヒュンケルの過去にまつわる驚くべき真実が収められていた。

第14話「氷炎将軍フレイザード」あらすじ

激闘の末に、不死騎団長ヒュンケルに勝利した一行は、再びレオナを探すことにする。バダックの助言を受けて、神殿の地下倉庫にあった信号弾を上げると、ダイたちの前にパプニカ三賢者の一人・エイミが気球に乗ってやって来た。ダイたちレオナが身を寄せているというバルジの島へと向かう。しかし、ダイの到着を待ちわびていたレオナの前に現れたの氷炎将軍フレイザードだった。

第15話「恐怖の結界呪法」あらすじ

レオナを守るため、ヒュンケルの仇を討つため、フレイザードに立ち向かっていくダイ。彼の魔法剣はフレイザードにも通用し戦闘を優勢に進めるが、フレイザードは自らを構成する岩石を放つ氷炎爆花散で反撃する。それは攻撃技でもあると同時に、氷炎魔団・不敗の戦法、氷炎結界呪法を発動する合図でもあった。あたり一帯に強力な結界陣をはるこの呪法のために、ダイたちは呪文を封じられ、本来の力が発揮できなくなってしまう。さらには気を失っているレオナにもフレイザードの魔の手が及ぶのだった。

第16話「大魔道士マトリフ」あらすじ

一行を救ったマトリフの正体が、洞窟で隠遁生活を送る大魔道士と判明する。ダイたちへの助力を当初は頑なに拒否していたマトリフだったが、ダイがアバンの最後の弟子だと知ると態度を軟化させ、フレイザードの禁呪法を打ち破りレオナを救うために力を貸すことに同意する。同じころ、ハドラーたち魔王軍も何やら怪しい動きを見せていた。

第17話「不死身の救世主」あらすじ

バルジの島に到着したダイたちは、二手に分かれて氷魔塔と炎魔塔を破壊に向かう。ダイとバダックが炎魔塔に到着すると、そこにはザボエラミストバーン、そして彼らが率いるモンスターたちが待ち構えていた。一方、氷魔塔に向かったポップマァムの前に現れたのはハドラーであった。予期せぬ強敵との戦いに窮地に陥るダイたち。そのとき、彼らの前に思いもよらない人物が現れる。

第18話「ヒュンケル対ハドラー」あらすじ

地底魔城と共に消えたと思われていたヒュンケルの登場に、驚くポップマァム。ヒュンケルは、地底魔城と共にマグマに飲まれる寸前、クロコダインに救い出されたのだという。ダイたちアバンの使徒に力を貸すべく戦地に駆け付けたヒュンケルは、ポップとマァムをバルジの塔へと向かわせ、父の仇・ハドラーとの一騎打ちを買って出る。一方、裏切り者へ怒りを燃やすハドラー…二人の死闘が幕を開ける。

第19話「アバン流最後の奥義」あらすじ

ようやくバルジの塔にたどり着いたダイポップマァムは、塔の前でフレイザードに行く手を阻まれてしまう。しかし、クロコダインヒュンケルの登場に、自分が劣勢であることを悟ったフレイザードは、決死の秘技・弾岩爆花散を放つ。自らの身体を粉々にし、岩の弾となってぶつかってくるフレイザードに、苦戦を強いられるダイたち。そのとき、ダイの脳裏に、アバンの言葉がよみがえる。

第20話「今すべてを斬る」あらすじ

ダイの空裂斬で核(コア)を破壊されたフレイザードの身体は、真っ二つに分裂し、決着がついたかに思われた。だが、突如現れたミストバーンから魔影軍団最強の鎧を与えられ、フレイザードは再び強力なパワーを得る。執念をみなぎらせてダイに襲い掛かっていくフレイザード。しかし、空裂斬を会得してアバン流刀殺法は完成させたダイは、動じることなくフレイザードを迎え撃つ!

第21話「マァムの決意」あらすじ

フレイザードを倒したダイたちは、少しずつ復興するパプニカで次なる戦いの準備をしていた。そんな中、魔弾銃を失い気落ちしていたマァムは、マトリフの言葉をきっかけにある決意を固める。一方そのころ、鬼岩城のハドラーの前には、「魔王軍の死神」の異名をとるバーン直属の殺し屋・キルバーンとその使い魔であるピロロがやってきていた。ダイとの戦いに負け続きのハドラーに、彼らが告げた言葉とは…?

第22話「デパートへ行こう」あらすじ

度重なる激戦で傷んだ武器を新調するために、ダイポップレオナはベンガーナ王国のデパートに行くことにする。久しぶりに姫としての職務から解放されたレオナは、ダイとポップを振り回しながら買い物を満喫する。一方、デパートに初めて入るダイとポップは、見たことのない武器や防具、アイテムの数々に心躍らせていた。そんな彼らを、新たな出会いと、新たな脅威が待ち受けていた。

第23話「竜の騎士」あらすじ

ベンガーナを急襲したドラゴンの群れを迎え撃つダイ。ヒドラに打ち下ろした彼の剣は硬い皮膚の前に砕け散ってしまった。さらにそこに、ポップが倒し損ねたドラゴンも合流。最悪の状況に誰もが敗北を覚悟するが、ダイは竜(ドラゴン)の紋章の力を発揮して、ドラゴンたちを次々になぎ倒していく。そんなダイの戦いを見たナバラメルルは、ダイ自身も知らない彼に関するある真実に気づく。

第24話「竜騎将バラン」あらすじ

バランダイに明かした竜(ドラゴン)の騎士の指名…それは、人間を滅ぼすことだった。バランはさらに、竜(ドラゴン)の騎士が生まれた理由や、その存在意義を語り聞かせる。しかし、バーン打倒を志すダイは、そんなバランの言葉を否定し抵抗する。業を煮やしたバランは、力ずくでダイを連れ帰るべく、すさまじい攻撃を繰り出す。そして、劣勢のダイに、さらに驚くべき真実を告げる。

第25話「戦慄の竜闘気」あらすじ

竜(ドラゴン)の騎士の最強たる秘密「竜闘気(ドラゴニックオーラ)」を全開にしたバランには、クロコダインの攻撃は一切通用しなかった。しかし、クロコダインはボロボロになりながらも、何度でも立ち上がり、バランに立ち向かっていく。ギガブレイクを食らって倒れていたダイも立ち上がり、二人は力を合わせてバランを攻撃する。そんなダイたちを相手に、バランはある作戦を立てる。

第26話「竜騎衆大接近」あらすじ

陸戦騎ラーハルト、海戦騎ボラホーン、空戦騎ガルダンディーの三人からなる最強の竜使い(ドラゴンライダー)集団・竜騎衆を呼び集めたバランは、彼らと共にダイ奪還を目指して再びテラン王国へと出陣する。一方テラン王国では、レオナたちがテラン城の地下牢でダイをかくまうことにしていた。バランたちの接近を察知し、焦りと不安から思わず言葉をなくしてしまう。そのとき、ポップはある行動に出る。

第27話「陸戦騎ラーハルト」あらすじ

一人で竜騎衆に立ち向かい、窮地に陥っていたポップ。そこに駆け付けたのは、ヒュンケルだった。頼もしい加勢が現れたことで、戦況は一気に逆転する。ポップとヒュンケルはガルダンディーとボラホーンを相手に、優位に闘いを繰り広げていく。負傷して気を失ってしまったポップに代わり、ヒュンケルは残るラーハルトと対峙。しかし彼は、ガルダンディーやボラホーンをはるかに上回る実力の持ち主だった。

第28話「ダイの秘密」あらすじ

ダイがいるテラン城へと着実に接近していくバランレオナは、牢の中で震えるダイにナイフを渡して、戦うように強く呼びかけると、クロコダインと共にバランを迎え撃つために出陣する。一方、竜騎衆と戦うヒュンケルは、ラーハルトの攻撃に打ちのめされてもなお、立ち上がろうとしていた。ダイは地上の人間すべての希望だと言うヒュンケルに、ラーハルトはバランの壮絶な過去を語り始める。

第29話「バランの怒り」あらすじ

ポップを人質にして、ヒュンケルに迫るボラホーン。アバンの使徒の危機に、深いダメージを負ったラーハルトが意外な行動に出る。そして、ラーハルトは自らの過去を、バランへの思いを語るのだった。そのころ、テラン城前で待ち構えるレオナクロコダインの元には、ついにバランが現れた。城を去ったポップの真意に気付いたクロコダインは、覚悟を決め決死の戦法でバランに挑む。

第30話「ポップの覚悟」あらすじ

竜魔人と化したバランの強さは想像を絶していた。バランはポップたちを次々に打ちのめすと、竜(ドラゴン)の騎士の秘呪文ドルオーラで止めを刺そうとする。全員が死を覚悟したそのとき、戦いの場に、竜(ドラゴン)の紋章に導かれて地下牢を抜け出してきたダイが現れ、どうしても阻止したかった父子の対面が実現。最悪な状況の中、ポップの脳裏に浮かんだのは師アバンの最期の姿だった。

第31話「父と子の戦い」あらすじ

ダイの右手の拳に浮かび上がった竜(ドラゴン)の紋章。それは、母ソアラから受け継いだ人間の心によってもたらされた奇跡なのか? 竜の紋章の力を一点に集中させることで、バランをも上回るパワーを得たダイは、怒りを燃やして父と戦う。バランもまた竜闘気(ドラゴニックオーラ)を纏ってそれに反撃する。二人の竜(ドラゴン)の騎士が激しくぶつかり合い、地上最大の戦いが始まる。

第32話「父との決別」あらすじ

武器を失い、バランの猛攻に防戦一方のダイ。しかし、バランもまた、ギガブレイクを放てないほどに魔法力が底を尽きかけていた。まさに、両者とも後がない状況の中、ヒュンケルから鎧の魔剣を託されたダイは、仲間たちの思いを一つにして、バランとの最後の戦いに挑む。そして、懸命にザオラルをかけ続けるレオナだったが、ポップはなんの反応も見せず……。

第33話「ザボエラの奇策」あらすじ

バーンから最後のチャンスを与えられたハドラーは、ザボエラと共に、自らダイ討伐に乗り出すことにする。一方ダイたちは、次なる敵の襲来に備え、メルルの小屋でバランとの戦いで負った傷を癒していた。ポップが小屋の外で一人見張りをしていると、彼の前に意外な人物が現れる。

第34話「ロモス武術大会」あらすじ

ハドラーザボエラの奸計を退け、パプニカに帰還したダイたちは、次なる戦いに備えていた。そんな中、彼らは、ロモスで開かれる武術大会で優勝すると、伝説の武具「覇者の剣」が手に入るという情報を耳にする。さっそく会場へと向かったダイとポップだったが、二人が到着した時にはすでに参加受付は終了していた。仕方なく大会を見学することにした二人は、ある出場者の戦いぶりに瞠目する。

第35話「決勝戦の異変」

ダイポップは武闘家になったマァムと久しぶりの再会。マァムはロモスの武術大会で優勝し覇者の剣を手に入れることを二人に約束する。ダイたちの声援も受けながら、彼女は順調に予選を勝ち抜き、決勝へと駒を進めていく。しかし、その裏側で邪悪な陰謀がうごめいていることは知る由もなかった…。決勝トーナメントが始まろうとしたそのとき、ある男が動き始める。

第36話「超魔生物対チウ」あらすじ

驚くべき巨体と驚異的なスピード、これまでとは段違いのパワー、外傷をすぐさま治癒する再生力…超魔生物と化したザムザは強敵だった。ダイは竜(ドラゴン)の紋章の力を全開にして立ち向かうが体力の消耗が激しく、ポップの助太刀もまったく通用しない。そして、ダイはついに力尽きてしまう。誰もが絶望する最悪の状況…しかし、ただ一人、チウだけは諦めてはいなかった。

第37話「一瞬にすべてを」 あらすじ

武神流最大の秘奥義・閃華裂光拳は、無敵とも思われた超魔生物に対しても有効だった。マァムは軽い身のこなしと閃華裂光拳でザムザを翻弄し、腹の口に飲み込まれていたダイの救出に成功する。意識を取り戻したダイは、彼女の戦いぶりを見て、戦いのヒントを得る。紋章の力が底を尽きかけている中、活路を見出したダイは最後の反撃に打って出る。

第38話「世界会議(サミット)」

魔王軍との決戦に備えて、レオナが世界中の指導者を集めたサミットを開くことに。その話を聞いたダイは、覇者の剣に代わる伝説の武器の情報が手に入るかもしれないと考え、会場となるパプニカへと向かうことにする。そのころ、ザボエラのアジトには、先の戦いの負傷の痕が残る、大掛かりな培養槽に繋がれたハドラーの姿があった。彼はザボエラにとある実験をさせており…。

第39話「鬼岩城大上陸」 あらすじ

ダイのために地上最強の剣を作ることを約束した、魔界最高の名工、ロン・ベルク。長い時間をかけてじっくりとダイの手を観察したのち、彼はようやく剣を打ち始める。一方パプニカでは、世界各国の王によるサミットが開幕していた。しかし、皆の足並みは揃っておらず、話し合いがなかなか進展しないことにレオナは頭を抱えてしまう。そんなとき、パプニカ近海に立ち込める不穏な霧の中から巨大な敵が出現し。

第40話「闇の師弟対決」あらすじ

ミストバーンの宣戦布告を合図に、魔影軍団のモンスターとポップたちとの戦闘が開始された。ポップやマァムクロコダイン、さらにチウやバダックも加わり、それぞれが全力で立ち向かっていくが、無尽蔵に湧く敵を前に、彼らは少しずつ追い詰められていく。しかしそこに、弱りかけた心を奮い起こす頼もしい助っ人が到着。そして、ついに鬼岩城からミストバーンが姿を現す。

第41話「最強の剣」あらすじ

マァムの言葉に心を動かされたヒュンケルが、正義の闘気で放った強烈な一撃。それに激昂したミストバーンは、ヒュンケルの闘気を凌ぐほどのすさまじい暗黒闘気を放ち、ポップたちを八つ裂きにしようとする。さらに鬼岩城が、レオナや各国の王たちが避難していた大礼拝堂へと進撃を開始。パプニカ全土を絶望が覆い尽くす。一方そのころ、ロン・ベルクがついにダイのための剣を完成させていた。

第42話「死の大地」あらすじ

ダイの剣によって一刀両断にされた鬼岩城。ミストバーンは自らの失策に激昂し、これまで隠していた真の力をあらわにしてポップたちを一掃しようとする。だがその時、どこからともなくキルバーンが現れ、ミストバーンの怒気を鎮めると、2人はすぐに戦場から撤退する。キルバーンの捨てゼリフに挑発されたポップは、仲間の制止も聞かずに2人を追走する。夢中で飛ぶうちに、彼はやがて“死の大地”と呼ばれる魔の島にたどり着く。

第43話「最強剣激突」あらすじ

ダイたちの前に現れたハドラーは、これまでとは比べものにならない強さを有していた。強靭なパワー、魔族の身体と引き換えに手に入れた呪文を使う力、そして何よりアバンの使徒を必ず倒すという強固な覚悟…。ダイは竜(ドラゴン)の紋章の力を全開にして立ち向かうが、心身ともに成長を遂げたハドラーを相手に苦戦を強いられてしまう。追い詰められたダイは、切り札となるダイの剣でアバンストラッシュを放つ。

第44話「氷河に消えた勇者」あらすじ

すさまじい激闘の末に、相打ちとなったダイハドラー。ダイは衝撃で氷山が浮かぶ海へと弾き飛ばされ、姿を消してしまった。絶望するポップに、今度はキルバーンが襲い掛かってくる。ポップはかつてマトリフにかけられた言葉を思い出し、撤退を決意するが、キルバーンは容赦なく彼を追走。ポップは、残り少ない魔法力で逃げきることができるのか。そして、氷河に消えたダイの安否は?

第45話「オリハルコンの戦士」あらすじ

行方不明のダイを懸命に探すポップクロコダインチウ。魔王軍に居場所をなくして焦るザボエラもまた、配下と共にダイの捜索を行っていた。ダイが残る力を振り絞って放った光の柱を発見した両者は、氷河の上空で激突する。クロコダインの足止めのおかげでポップは何とかダイを救出するものの、ザボエラはそこに最大の切り札である超呪文を放つ。呪文が直撃すると思われたまさにそのとき、両者の間に光り輝く謎の戦士が現れて。

第46話「極大消滅呪文メドローア」あらすじ

バーンとの決戦が五日後に決まった。作戦は、廃墟となったカール王国に前線基地を作り、そこを拠点に敵の総本山・死の大地へ侵攻するというもの。ダイたちは、パプニカを出発するまでの時間を特訓に費やすべく、それぞれ城を飛び出していく。ポップは魔法が効かないハドラー親衛騎団に対抗する術を探るため、マトリフのもとを訪れていた。話を聞いたマトリフは、自分でも使うことをためらう最強の呪文を彼に教えることにする。

第47話「いざ決戦の地へ」あらすじ

パプニカ出発の日、出陣の準備をするレオナたちのもとに、特訓を終えた仲間たちが続々と集結する。亡き師が遺したアバンの書も携えて、ダイたちはアバンの故郷であり、今回の作戦の要所ともなるカール王国を目指す。やがて眼前に見えてくる死の大地には異変が起きていた。ダイたちは緊迫の度合いを高め、カール王国に降り立つ。それと同じころ、とある辺境の洞穴ではバランキルバーンが対峙しており…。

第48話「ハドラー親衛騎団」あらすじ

北の勇者ノヴァは、リンガイア王国のバウスン将軍の息子だった。我こそが真の勇者であると豪語する彼は、ダイたちとの共闘を拒否すると、一人でサババの救助へと向かってしまう。ダイとポップはトベルーラで急ぎ彼の後を追いかけるが、先んじて現場に到着したノヴァはハドラー親衛騎団のヒムと激突。必殺技を繰り出して善戦するが、オリハルコンの戦士はその真の恐ろしさを明らかにする。

第49話「パーティーバトル開始」あらすじ

絶体絶命のノヴァを救ったのはヒュンケルだった。さらに、マァムクロコダインも加わり、漁港サババを舞台に、ダイたちとハドラー親衛騎団、5対5のパーティーバトルが幕を開ける! ダイたちは幾多の戦いで培ったチームワークとそれぞれの長所を活かして奮闘するが、強靭な肉体と固い結束力を持つオリハルコンの戦士たちは強敵だった。果たして、この激戦はどちらが制するのか…?

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索