• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • もはや最強?ハライチ澤部、“陰キャ”発覚も好感度は逆に上昇 “陰陽”使い分けでさらなる需要拡大へ

もはや最強?ハライチ澤部、“陰キャ”発覚も好感度は逆に上昇 “陰陽”使い分けでさらなる需要拡大へ

  • レギュラー7本抱え、年間約400本の番組に出演するハライチ澤部 (C)ORICON NewS inc.

    レギュラー7本抱え、年間約400本の番組に出演するハライチ澤部 (C)ORICON NewS inc.

 レギュラー番組7本を抱え、年間出演本数は約400本に上るハライチ・澤部佑。「明るく人なつっこい」「坊主でかわいい」など好感度が高い“陽”キャラのイメージがあるが、小学校から同級生である相方・岩井に学生時代の暗黒期や根暗な一面を暴露されたことにより、「本当は暗い」「腹黒い」との真逆キャラも浸透しつつあるようだ。しかし、“陰”の部分が暴かれたことにより、逆にイジられたり、キレ芸や毒舌で切り返したりと、むしろ芸人としての幅が広がったとも言える。“陰と陽”の両方を手にした澤部のさらなる可能性とは。

各局でレギュラー番組、年間出演本数は約400本 俳優業もこなすマルチ人気

 2015年からほぼ毎年、年間約400本のテレビ番組に出演している澤部。レギュラー番組だけ見ても、『日本人のおなまえっ! 』(NHK総合)、『初耳学』(TBS系)、『相葉マナブ』(テレビ朝日系)、『なりゆき街道旅』(フジテレビ系)、『欅って書けない?』(テレビ東京)など、同局で芋づる式に複数番組起用というのはよくあるが、澤部の場合は各局で引っ張りだこなのだ。

 さらには、好感度が重視されるCMでも、菅田将暉とともに「花王メンズビオレ」(2016年〜)、広瀬すずと「ポケモンカードゲーム」に出演。今年3月には、高視聴率を記録したドラマ『テセウスの船』(TBS系)の最終回にもワンシーンながら突如登場し、「最後の最後に澤部に全部持ってかれた」と、SNSでもかなり話題になった。このように、特に清潔感が求められるNHKをはじめ、カラーが異なる各局で重宝されていることに加えて、CMやドラマにもキャスティングされているころからも、澤部のマルチさが伺える。

リアルではイメージ真逆の陰キャ 同級生・岩井が次々暴露「モブキャラ」「暗黒」

  • 澤部の”陰キャ”を暴露する岩井

    澤部の”陰キャ”を暴露する岩井 (C)ORICON NewS inc.

 大活躍のバラエティ番組やCMでは明るいキャラクターを存分に発揮している印象の澤部だが、ブラックな一面が公になりつつある。『あちこちオードリー』(テレビ東京系)では、オードリー・若林正恭が「最近、番組でよくキレるようになった」と指摘。岩井からは、タクシーに乗った際に、岩井だと気づかずに過去に乗せた芸能人について話し始めた運転手が「新垣結衣はカワイイ、千原ジュニアは礼儀正しい」と話をするも、「その中で最悪の芸能人がハライチの澤部」と言っていたというエピソードも披露。どうやら普段の澤部は暗黒どころか漆黒のようなのだ。

 こうした澤部の“陰”キャラの根源は、少年時代にさかのぼる。同番組内で、中学時代は「人気者だった」と話す澤部に対し、岩井は「モブキャラだった」と一刀両断。高校は別々の2人だが、とうとう澤部は、高校時代について「いじめられてるに近い状態になって……」「暗黒時代に陥った」とカミングアウト。それに対し岩井は「本当のお前は高校時代のお前」と言い放つ場面もあった。

 また、「おうちが好き」と公言しながら、ラジオ『ハライチのターン!』(TBSラジオ)などでは、休みの前日から個室ビデオ店に向かい、「12時間パックとか平気で延々と見る」「(行きつけの個室ビデオ店)3店舗ぐらいを“実家”と呼んでいます」など、筋金入りの引きこもり癖を告白。SNSでも、岩井はTwitterもインスタグラムもやっているが、澤部はどちらもやっておらず、やはりプライベートな時間を他人に侵されたくない内向きな傾向が見て取れるのである。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索