• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 小芝風花、コメディエンヌの道で開花 若くして演技のふり幅広げる女優たち

小芝風花、コメディエンヌの道で開花 若くして演技のふり幅広げる女優たち

『トクサツガガガ』のドタバタ劇で発揮した存在感

 そんな小芝のひとつの転機になったのが、2017年の『マッサージ探偵ジョー』(テレビ東京系)。初のコメディでふりきった顔芸を毎話のように見せるとともに、取材などでも関西人らしい素顔をのぞかせるようになっていく。また、昨年放送された『女子的生活』(NHK総合)では、強気で毒を吐くセレクトショップ店員役で、トランスジェンダーで女装した主人公(志尊淳)とのベッドシーンにも臨んだ。NHKドラマへの出演が多い小芝だが、真面目さをベースにしつつ、着実に役の幅を広げてきていた。そして、連ドラ初主演となった『トクサツガガガ』へとつながる。

 同作のチーフプロデューサーであるNHKの吉永証氏は「役柄には、役者さんが持っている性格や人柄、雰囲気がにじみ出てきます。そうしたことを踏まえて、素直で誰からも好かれる小芝風花さんに演じていただきたいとオファーしました。小芝さんなしではこの作品は今の形にならなかった」(ORICON NEWSインタビュー)と高く評価する。

 デビュー以来、地道に積み上げてきた演技力もあり、小芝ならではの役柄にハマった芝居が、観る者に感動を与える女優として静かなブレイクを迎えたのだ。

イメージ定着を恐れず、果敢に挑む女優道

 数多くの作品で積み重ねてきた実績に裏打ちされた演技力と、元来のコメディエンヌとしての気質がある小芝。2015年のORICON NEWSインタビューでは、「負けず嫌いです。例えるなら“内心メラメラ”タイプ(笑)。なので、観ている人に“この子、いつか何かをしでかすんじゃないか”と思わせるような演技をしたい。私はおばあちゃんになるまで女優でいたいと思っているので、まわりに流されることなく、与えられた役を一生懸命演じていきたいです」と女優業への熱い意欲を語っているが、そんなところもスターとなるべく資質のひとつなのだろう。

 清楚で女子力が高く、優等生タイプがハマるイメージを持っているにも関わらず、コミカルな要素が加わった当たり役を自ら引き寄せ、そこからのギャップも魅力とし、より輝く存在となっている。作品に恵まれぬ不遇の時代を経て、自分なりのポジションを見つけたいま、その役に取り組む真摯な姿勢がようやく実を結びつつある。

 若くしてコメディエンヌという道を歩みはじめ、女優としてのイメージ定着を恐れず、ドラマシーンでそのポジションを確立しようと邁進する姿からは、溢れ出るような力強いエネルギーを感じる。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索