• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 『M』アユ役で注目の安斉かれん、「私でいいの?」という不安を覆すまで

『M』アユ役で注目の安斉かれん、「私でいいの?」という不安を覆すまで

安斉かれん

注目が集まる中の新曲配信、「プレッシャーはない」

――安斉さんにとって、アーティスト・浜崎あゆみさんはどんな存在でしたか?

安斉かれん 小学校の頃に浜崎さんの曲で踊ったこともあったくらい、浜崎さんの音楽は普通に生活していても耳に入ってきました。世代を超えて存在し続ける、すごい方だというイメージです。

――ほかに、音楽との関わりは?

安斉かれん 父の影響で小さい頃からロックを聴いていて、一緒にローリング・ストーンズのライブに行ったこともありました。ほかには、エレクトーンを習っていたり、サックスを始めて吹奏楽部に入部したり。それから、音楽全般、歌うことに興味を持つようになったんです。洋楽を聴くことが多かったので、自分がやることになって改めてJ-POPを耳にして、逆に新しいなと思いました。

――大きな注目が集まる中で新曲「僕らは強くなれる。」が配信されますが、プレッシャーは?

安斉かれん それは特にないですね。むしろ、ドラマが終わってアーティストに戻るこのタイミングでリリースできて良かったなと思っています。

――作詞を担当していますが、どんなことをイメージして?

安斉かれん 実はこの曲、高1、2の頃からストックしてあった曲なんです。高校生のときに思っていたことを書いていたら、自然と応援歌になっていったというか。タイトルに“僕ら”とあるように、応援される人だけではなく、応援している人にも向けていて。部活のマネジャーさんや親御さんとか、そういう人も含めた応援歌をとして描きました。

――書いた当時から4年の時を経て、何か変化は?

安斉かれん 歌詞は、4年前の気持ちと今の気持ちに差が生まれたところは書き直しました。これまでは、とにかく自分のことや、自分の中にある暗い部分を描くことが多かったんですけど、この曲はそういうのじゃないと思って。4年前の自分と、そこからいろんなことを経験して少しは強くなったであろう今の自分を合体させて、より多くの人に届くように歌いました。

――MVでは、京都橘高校のブラスバンドと共演。安斉さんもサックスパートを演奏しています。

安斉かれん 楽しかったです〜。私自身はめちゃくちゃブランクがあったんですけど、高校生の子たちを見て、部活をやっていた高校生の頃の自分を思い出すことができました。去年の夏休みに撮ったんですが、コンクールの合間をぬって一生懸命取り組んで下さったかと思うと、感動で胸がいっぱいになりました!

ドラマも作詞も「好きだから乗り越えられる」、でもバラエティには不安も

  • 安斉かれん

――ちなみに今作を含め、詞を書く時に意識していることはありますか?

安斉かれん 自分が見た風景、感じたことを日常的にスマホのメモに書いていて。曲をいただいたときに、その中から合うイメージを引っ張り出して歌詞にしていきます。高1のときからやっているので、ストックはかなりあります(笑)。

――潤沢なストックがある中で、詞にする際に苦労することは?

安斉かれん (即答で)それはなかったです!

――さきほどのドラマの話にしろ、苦労を苦労と思わないタイプなんですかね?

安斉かれん そうかもしれないです(笑)。好きだからやっているし、好きなことだから苦労も乗り越えられると思います。

――ちなみにドラマの撮影は早朝から始まることもあったと思いますが、早起きも平気なほう?

安斉かれん それは苦労しました(笑)。早起きは苦手なので、1分置きにアラームを設定して、無理やり目をこじ開けて、目薬をさして、顔を洗ってすぐに現場に向かってました。

――ほかに、何か苦手だなと思うことはありますか?

安斉かれん 人前で話すのが苦手なんです。バラエティ番組とか、ついつい「あっ…」って止まっちゃう。でも、頑張ります!(笑)。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索