ビッグアーティストが続々と絶賛、CD・デジタルともに1位となったシンガーmiletとは?

 3日に発売した1stフルアルバム『eyes』が、6/15付「オリコン週間アルバムランキング」と同「オリコン週間デジタルアルバムランキング」で1位を獲得したシンガー・ソングライターのmilet(ミレイ)。名前を見ただけでは知らない人もいるかもしれないが、様々なドラマ主題歌やCMソングを歌う彼女の特徴的な声を聴けば、ピンとくる人も多いはず。ONE OK ROCKのToruやMAN WITH A MISSIONのKamikaze Boyなどがその才能にほれ込んで楽曲プロデュースを手掛け、白石麻衣など、多様な音楽人からも熱烈な支持を得ているmiletとは?

宇多田ヒカル以来の記録を打ち立てたmilet、杏主演ドラマ主題歌も

  • デビュー作「inside you」のプロデュースを行ったONE OK ROCKのToru

    デビュー作「inside you」のプロデュースを行ったONE OK ROCKのToru

 2019年3月に竹内結子主題のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)のOPテーマ「inside you」を収録した「inside you EP」でデビュー。これまで、5作のEPをリリースし、話題のドラマやアニメ、CMとのタイアップ曲、豊かな表現力を備えたボーカルによって大きな注目を集めてきたのが、シンガー・ソングライターのmiletだ。6月3日にリリースした1stフルアルバム『eyes』は、初週2.7万枚を売り上げ、6/15付「オリコン週間アルバムランキング」で初の1位を獲得。同日付「オリコン週間デジタルアルバムランキング」でも1位を記録した。女性ソロアーティストのオリジナルアルバムが、アルバム、デジタルアルバムで同時1位となるのは、2018年6月27日発売の宇多田ヒカル『初恋』以来となる。アルバム『eyes』でmiletは、名実ともにトップアーティストの仲間入りを果たしたと言っていいだろう。

 2018年に本格的な音楽活動をスタートさせたmiletは、同年10月、パリ、NY、ソウルなど世界各国で開催されたイヴ・サンローランのグローバルイベントの東京会場にライブ出演。2019年3月には、ONE OK ROCKのToru(G)プロデュースによる表題曲「inside you」を収録したEPでメジャーデビュー。本作が3/18付「オリコン週間デジタルアルバムランキング」で初登場1位を記録し、順調なスタートダッシュを決めた。

 その後も、杏主演ドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)主題歌「us」、映画『バースデー・ワンダーランド』イメージソング「Wonderland」、アニメ『ヴィンランド・サガ』EDテーマ「Drown」といった映像作品関連作、花王『フレア フレグランス&SPORTS』CM曲「You & I」などを次々とリリースし、音楽ファンを魅了。2019年夏には『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』ほか大型フェスにも出演している。また、TOKYO FM『桑田佳祐のやさしい夜遊び』年末恒例企画『桑田佳祐が選ぶ、2019年邦楽シングル・ベスト20』(2019年12月28日放送)で「inside you」が1位に選出されるなど、一気にブレイクを果たした。

 そんなmilet は、6月5日に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に4度目の出演。Twitterでも「気持ちを歌にのせて、全身で表現するmiletちゃんの演奏は、ほんとに感動」「見た目と声のギャップがすごいよな 可愛らしい声出すかと思いきや低くて力強い」と称賛のコメントが並ぶなど、ボーカリストとしての魅力を改めてアピールした。

白石麻衣、スカパラ谷中らも絶賛する歌声の魅力

  • 白石麻衣、谷中敦らも絶賛の声を寄せる

    白石麻衣、谷中敦らも絶賛の声を寄せる

 デビューからわずか1年で多くの映像作品とコラボレーションし、音楽ファンの心を掴んだmilet。その最大の魅力はもちろん、彼女自身の歌声だ。厚みのある低音、豊かな中音域、透明感に溢れた高音をバランスよく兼ね備えた声質、そして、エキゾチックなムードや憂いを帯びた世界観、ポジティブな解放感までを描き出す表現力。数多くの映像クリエイターに彼女の歌が求められているのも、声だけで豊かな音楽世界を生み出せるボーカル力によるところが大きいのだと思う。

 miletの歌は、前述した桑田佳祐をはじめ、多くのアーティストが高く評価している。楽曲のプロデュースを手がけたToru(ONE OK ROCK)は、「唄声と持ち合わせた個性やセンス、まさに唯一無二の存在」と絶賛。また、東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦は、「歌ってるときは美しい歌声で神秘さえ感じるけど、本人の人柄には好奇心で輝きを止められない子どものような、悪戯なオーラを感じます。そんなmiletちゃんが大好きです。応援します」とコメント。また、乃木坂46の白石麻衣も、「美しいルックスと重厚感のある唄声、力強い歌詞に心を打たれ一瞬で虜になってしまいました。知れば知るほど好きになってしまいます…」と、miletの音楽に強く惹かれているようだ。

 さらにKamikaze Boy(MAN WITH A MISSION)、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)らもmiletを“新時代を象徴するアーティスト”として評価。なかでも、作詞家/音楽プロデューサー/作家として活躍するいしわたり淳治は、「令和の“レイ”はmiletの“レイ”ではないか思うほど、これから続くであろう彼女の時代の始まりを感じます」と語っている。

日本のみならず海外でも太刀打ちできる、無限のポテンシャル

 このように、ジャンルを超えたクリエイターやアーティストを惹きつける彼女の才能は、1stフルアルバム『eyes』でも奔放に発揮されている。これまでリリースしてきたEPの表題曲をすべて収めた本作だが、新曲もきわめて魅力的だ。Toruのプロデュースによる「Somebody」は、煌びやかなトラックと浮遊感のあるメロディが共存するダンサブルなナンバー。また、Kamikaze Boy (MAN WITH A MISSION)が提供した「Grab the air」は、楽曲が進むにつれてスケールを増していく壮大な楽曲。大空高く放たれるような歌声からは、シンガーとしての成長ぶりがはっきりと感じられる。個人的にもっとも心に残ったのは、「Until I Die」。“どんなことがあっても、あなたと一緒に進んでいく”という決意を込めた力強い歌は、シンガー・ソングライターmiletの真骨頂だ。

 ロック、エレクトロ、R&Bなどカラフルかつ上質な音楽性、英語と日本語を交えた独創的な歌詞も本作の魅力。年齢や好きなジャンルを問わず、すでに多くのリスナーに支持されているmiletの才能は、アルバム『eyes』によってさらに幅広い層に認知されるはず。日本はもちろん、海外のシーンで太刀打ちできる、無限のポテンシャルを備えたアーティストだろう。

(文:森朋之)

アーティスト/クリエイター陣からのコメント一覧

  • Kamikaze Boy(MAN WITH A MISSION)

    Kamikaze Boy(MAN WITH A MISSION)

  • 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)

    中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)

  • いしわたり淳治(作詞家/音楽プロデューサー/作家)

    いしわたり淳治(作詞家/音楽プロデューサー/作家)

Toru(ONE OK ROCK)
「唄声と持ち合わせた個性やセンス、まさに唯一無二の存在」

Kamikaze Boy(MAN WITH A MISSION)
「miletさんノ唄声ヲ初メテ聴イタ時、新シイ時代ノ象徴トナリ、ソレヲ牽引シテイクヨウナアーティストガマタ新タニ出現シタナト感ジマシタ」

谷中 敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
「歌ってるときは美しい歌声で神秘さえ感じるけど、本人の人柄には好奇心で輝きを止められない子供のような、悪戯なオーラを感じます。そんなmiletちゃんが大好きです。応援します」

白石麻衣(乃木坂46)
「美しいルックスと重厚感のある唄声、力強い歌詞に心を打たれ一瞬で虜になってしまいました。知れば知るほど好きになってしまいます…」

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
「この歌声が混沌とした世界を照らす一筋の光になるのではないかと。今からワクワクしております」

いしわたり淳治(作詞家/音楽プロデューサー/作家)
「令和の「レイ」はmiletの「レイ」ではないか思うほど、これから続くであろう彼女の時代の始まりを感じます」

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索