• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 「リモートできない」コロナ禍で雑誌も広告もイベントもストップ、プロカメラマンの窮状

「リモートできない」コロナ禍で雑誌も広告もイベントもストップ、プロカメラマンの窮状

 コロナ禍により、多大な影響を受けるエンタテイメント業界。なかでも、テレビ番組やライブ、映画、演劇などへの影響はよく報道されているが、あまり触れられることがないのが、雑誌や広告等の写真を撮影するカメラマンの窮状だ。問題はあるとはいえ、一部オンラインが可能な他業種に比べ、リモートが不可能なこの仕事。カメラマンに近しい雑誌社、ヘアメイク、ロケバスなども同様だ。緊急事態宣言が解除となっても、すぐに解決するとは思えない現状について、生の声を聞いた。

テレビや記者会見はオンラインでも成立、一方で決してリモートできないカメラマン

 いよいよ緊急事態宣言が全都道府県で解除となり、一時期よりは希望が見いだせるようになった。だが、エンタテインメントや文化の中心地・東京では、一部で休業要請が続き、テレビ番組でもリモートがメインとなるなど、影響は計り知れない。だが、情報番組やバラエティーなど、リモートを駆使した構成に制作側も視聴者も慣れてきたことも事実。NHKでは、ドラマすらリモートで撮影する試みも行われた。ほかに、記者会見なども数が減ったとはいえ、ライブ配信やメール、SNSでの情報提供が行われ、そこから記者やライターが原稿を書くこともできる。WEBニュースにあまり変化がないのは、このようにオンラインでコンテンツを生み出すことに、もともとあまり違和感がないせいもある。

 だが一方で、リモートで仕事をすることが難しいのが、写真を撮るスチールカメラマンである。雑誌や広告、WEBなどに掲載する写真を撮影することを生業とする彼らだが、撮影対象は人物、静物、風景など、多岐に及ぶ。とくにエンタテインメントやファッション、広告系の場合は、人物撮影を行うことが圧倒的に多い。人物を撮影する場合、撮影対象に近づく、また複数人の撮影対象同士を近づける、閉じた空間であるスタジオで撮影する、密集したイベント等で撮影する、などがある。まさに3密、ソーシャルディスタンスをとっていては、どうにも仕事にならないのである。もちろん、タレントの自撮りをそのまま雑誌等に掲載することは可能だが、人物グラビアやファッショングラビアとして見たとき、クオリティが遠く及ばないことは自明の理。ドラマの撮影がいっこうに進まないのも、同じ理由だろう。

タレントやライブ撮影が軒並みキャンセル、大手事務所もストップ

 コロナ禍について、多大な影響を明かしたエンタメ系カメラマンのK氏は、カメラマン同士で窮状を話し合うべく、zoomでの会合を行ったという。「私自身、緊急事態宣言発令以降は、ほとんどの仕事がキャンセルになりましたが、他のカメラマンも同様。有名人のグラビア撮影はなくなり、イベントやライブ自体も飛んだので、予定していたツアーパンフレットの撮影もストップしている状態です」。

 もともと、ここ数年で雑誌の休刊が相次ぎ、web媒体がそれに代わったことで、エンタメ系カメラマンの仕事は激減。媒体を介さず、タレント・アーティスト・イベント主催者側から直接請け負う「オフィシャルの仕事」がメインだったそうだ。

 「有名タレントが所属する大手事務所では、4月初旬までは撮影があったものの、5月は一切行わないようです。他もおそらく同じでしょう。自粛期間中に芸能人が3密で撮影していたことがわかれば、世間から叩かれることもある。それだけに、どこも様子見なんだと思います。また、今後もしばらく、タレント同士を近づけた撮影はとてもできない。アイドルなど、メンバー同士が肩を組んだり密着したりする写真はファンから好まれていましたが、それも当分難しくなると思います。さらにライブやイベントは、それ自体がいつ解禁されるかもわからない。先が見えない状況です」。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索