• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 【インタビュー前編】安田成美、木梨の第一印象は「何この人?」結婚に至った理由は「全然めげないガッツ」

【インタビュー前編】安田成美、木梨の第一印象は「何この人?」結婚に至った理由は「全然めげないガッツ」

 芸能界きってのおしどり夫婦という印象が強い、安田成美と木梨憲武。時間を重ねるうちに夫婦の形も変化していくのが自然だが、木梨は去年彼女に向けたラブソング「I LOVE YOUだもんで。」を発売するなど、30年以上変わらぬ愛妻家ぶりを見せている。安田が19歳の時から交際を始めたというが、改めて、馴れ初めから結婚の経緯、夫婦円満の秘訣を彼女に聞いた。

ちぐはぐな出会いから夫婦になるまで「明るくしつこかったんです(笑)」

――木梨さんと最初に出会った時のことは覚えていらっしゃいますか?

安田成美最初は映画の撮影だったんです。当時、彼はアイドルのような人気者だったので、「別世界の人!」という感じで、ほとんど話さなかった記憶があります。撮影中も、個人的に憲武さんと話したことは、1度もなかったんじゃないかな。タカさんとは話してたんですけどね(笑)。

――そこから距離が縮まったのは、どういう経緯だったのでしょう?

安田成美撮影が終わった後に、「ごはんを食べに行きませんか?」って、電話番号を書いたメモを渡されて。当時はそれがどういう意味か分からなくて、最初はピンとこなかったんですよね。

――携帯電話もなかった時代で、木梨さんはずっと安田さんからの電話が来るのを何日も家で待っていたと話されていましたよ。

安田成美(笑)。電話番号を渡されたのが、ちょうど私と憲武さんの撮影が終わるちょっと前だったんですよね。てっきり、その日他の方の撮影が終わるまで、食事をして待ってようって言ってるんだと思ったんです。

――なるほど(笑)。勘違いしていたんですね?

安田成美そうなんですよ。でもいざ撮影が終わったら「もう食べたよ」って言うから、「何この人?」って(笑)。初めは、ちぐはぐな2人でした。
――そんなお2人がお付き合いをされるようになったのは、なぜ?

安田成美しつこかったんです(笑)。もう全然めげないんですよ!すごいガッツがあるなって、でもそこが素敵かもと思ったんですよね。断っても全然暗い感じじゃなくて、「じゃあさ、どうする?」「いいから、いいから」って。その明るさに、珍しい人だなと思って興味を持ち始めたんです。

――その後お付き合いを続けられて、結婚する前にプロポーズの言葉はあったんですか?

安田成美なかったと思うんですよね。付き合いが長くなって、私は早く子どもが欲しかったので「どうする?」って聞いたんだと思います。それで結婚することになったんじゃないかな。

――木梨さんは、「まだですか?」「ダメですか?」と、何度もプロポーズしたとおっしゃっていたそうですが(笑)。

安田成美アハハ! じゃあ、私が聞いてなかったのかな? 記憶にないですね(笑)。

木梨は楽しむ力と自分を信じる力が強い「ずるいほど、生き上手な人」

――長年一緒にいて、印象に残っている出来事はありますか?

安田成美憲武さんは、誕生日とか、セレモニー的なことにあまり興味がないんですよ。でも、これは絶対にプレゼントしたいと思うと、「どうして急に?」っていうタイミングで贈ってくれたりします。そういうところは、男っぽいなと思いますね。

――実際にどんなプレゼントだったんですか?

安田成美一番初めは、白いバッグでした。私が仕事で長期のロケに行っていて、帰ってきたらテーブルの上にドーンと置いてあって。箱から出してあって、袋に「プレゼント!」みたいにマジックで書いてありました(笑)。

――木梨さんは天真爛漫で「家の中で一番子ども」と自著に書かれていましたが、そういう部分は昔から変わらないですか?

安田成美変わらないですね。憲武さんはすごく“生き上手”な人だと思うんです。意識的にそうしているわけではなく、聞きたくないことや、遭遇したくないもののところにわざわざ行かないというか。自分が過ごしやすいように生きるのがとても上手で、しかも相手を傷つけることなくやってしまう。天性だと思いますし、ずるいなーって嫉妬しちゃうくらい。
――アートや歌手活動など、進化をやめない方という印象もあります。

安田成美本当に才能豊かで、素晴らしいなと思いますね。何をやってもできるから。なんでかなと思って見ていると、楽しむ力と、自分を信じる力が強いんですよね。そのパワーはすごいなと思っていつも見ています。ライブの時も、全然緊張しないんですよ。

――よく観に行かれていたんですか?

安田成美苗場でのとんねるずのライブに、よく行っていましたね。緊張しないから、本番直前までずーっとしゃべってるんですよ(笑)。でも憲武さんと貴さんがステージに出てくると、そのパワーって本当にすごくて。迫力があって、おもしろくて…。私、とんねるず大好きなんです。


 安田が2月に発売した自著『日々を編んでいく』(宝島社)では、木梨は「機嫌のいい人」と綴られていた。「自分で自分の機嫌をとることができて、何事も楽しむ力がすごい」と語る安田だが、いつまでも変わらない穏やかなオーラと優しい笑顔を放つ彼女の存在が、知らず知らずのうちに木梨の機嫌をとってしまっているのに違いない。
 そんな2人は安田が19歳の時から交際して以来、30年以上喧嘩したことがないという。インタビュー後編では、夫婦円満の秘訣を紹介する。


(取材・文=辻内史佳 撮影・逢坂聡)
* 書籍情報 *
日々を編んでいく(宝島社)
女優・安田成美の毎日が心地よく、
愛おしくなる素敵な暮らしの23編のエッセイ

女優として、テレビや舞台など幅広く活躍を続ける安田成美さん。
家庭では二男一女の母。仕事と家事、子育てを両立する姿は、どの世代の女性にとってもロールモデルとなるはずです。
暮らしの楽しみ方、人との信頼関係の築き方、趣味の時間の過ごし方――。
いつも穏やかな笑顔で過ごす安田さんが感じ、思っていることには、
より日々を穏やかに、朗らかに生きる考え方や秘訣が詰まっています。
巻頭には、ナチュラルで自然な、今の安田さんの表情を切り取った撮り下ろし写真も。
ちょっと肩の力を抜いて自分を大切にしたくなる、そんな気持ちになる一冊です。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索