• ホーム
  • 音楽
  • 【オリフェスレポ】超特急が“なりきり”THE ALFEEで名曲カバー! 5人のサングラス桜井も

【オリフェスレポ】超特急が“なりきり”THE ALFEEで名曲カバー! 5人のサングラス桜井も

 オリコンいち押しの新人アーティストが集結する恒例のライブイベント『oricon Sound Blowin’』の15周年を記念した『ORICON FES.(オリフェス)』が、11月1日(水)・2日(木)の2日間パシフィコ横浜で開催された。過去累計201組が出演した『oricon Sound Blowin′』の特別版となる今回も、スペシャルなアーティストが登場。大いに盛り上がったオリフェス2日目超特急のライブをレポート!

THE ALFEEの名曲「星空のディスタンス」をオリジナルダンスでカバー!

 フェス2日目のトップバッターは超特急。この日共演した大先輩のTHE ALFEEへのリスペクトとして、メインダンサーの5人がサングラス着用で桜井賢に、バックボーカルの2人が坂崎幸之助と高見沢俊彦に扮してTHE ALFEEの代表曲「星空のディスタンス」をカバー。5号車のユーキが歌詞の内容に合わせて、細部にまでこだわって振り付けをしたという貴重な超特急バージョンだ。MCでは「坂崎さんというより、学校の先生みたいになってるよ!」「桜井さん役多くない!?」と観客の笑いを誘い、高見沢俊彦に扮した7号車タカシは「ベストヒットたかしーです」と自己紹介をするなど、抜群のユーモアセンスで超特急流の“敬意”を示した。

ファン・8号車と息ぴったりのパフォーマンスで熱気は最高潮!

 続くライブのキラーチューン「Burn!」や、ドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)の主題歌として“いきものダンス”が話題となった最新シングル「My Buddy」で一気に観客との一体感が生み出される。その他のオリジナル曲もコミカルなダンスを取り入れ、バラエティに富む個性的なパフォーマンスで会場を沸かせる。息つく暇もないほどのハイスピードなアクションと、ノンストップで次々と変化するフォーメーションに、観客はすっかり釘付け!
 また、自身初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得した「超ネバギバDANCE」でも、繊細にしてダイナミックな動き、空間をフルに使ったポジショニングが冴える。そして、ラストナンバー「バッタマン」で見せた、バッタを連想させる(!?)ユニークな振りとダンスでついにボルテージは最高潮! 彼らが「8号車」と呼ぶファンの歓声に応えるように「8号車ー! 8号車と一緒じゃなきゃダメなんだー!」と全身の力を振り絞るように叫び、さらには「オリフェスー!」と絶叫する場面も。こうして最後は、「オリフェス最高!」という言葉でライブを締めくくった。
(セットリスト)
1. 星空のディスタンス
2. Burn!
3. Beautiful Chaser
4. Kiss Me Baby
5. My Buddy
6. 超ネバギバDANCE
7. バッタマン

(文:水白京/写真:鈴木かずなり)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!