• ホーム
  • 音楽
  • デビュー20周年のSkoop On Somebody、語りつくせぬ年月は「ゼロに戻るため」

デビュー20周年のSkoop On Somebody、語りつくせぬ年月は「ゼロに戻るため」

 今年でデビュー20周年を迎えた2人組ユニット・Skoop On Somebodyが、アルバム『State Of Soul』を発表した。かつては、方向性を模索してユニット名を変えたことも、メンバーの脱退も乗り越えたこともあった彼ら。だが、節目の今にして思うのは、「ゼロに戻るための20年」だったということ。長年活動を続けているからこその考え方の変化、そして音楽、支えてくれる人たちへの愛を語った。

いろんなことをやってきたからこそ、今がある

――今年でデビュー20周年を迎えましたが、心境はいかがでしょう。
TAKE メンバーやスタッフ、ファンや支えてくれる人たちに、ただただ感謝ですね。今回いろいろと取材を受けて、客観的に自分たちのヒストリーを振り返りました。デビュー当時、僕らはその頃の日本の音楽シーンにない音楽をやろうと思って上京したんです。日本にR&Bを広めた久保田利伸さんと同じレーベルからデビューできて、いきなり海外レコーディングも経験した。でも、アルバム3枚目くらいで「これ、誰に届いてるの?」という現実を見たんです。その頃、名前をSkoopからSkoop On Somebodyに改名し、今度は自分たちが広がることに目を向け始めたんですよね。その結果、「sha la la」というヒット曲にも出会い、自分たちの根っこに立ち返る『Skoop On Somebody』というアルバムも出せた。

――なるほど。
TAKE この間、ゴスペラーズの村上てつやとも話したんですが、いろんなことをやってきたからこそ、今のSkoop On Somebodyがあるんだなと、すごく感じているんです。その感謝をまずはファンの人に伝えなきゃいけない。伝えるには何がいいのかを考えて作ったのが、今回のアルバム『State Of Soul』なんです。

二人合わせて100歳超えのグループ

――アルバム『State Of Soul』は、とても情熱的かつスマートな一枚になりましたね。
TAKE そう、すごくいい作品ですよね。これまで自分たちの音楽性をいろいろ広げてきたわけだけど、「そもそも何を広げたかったのか?」に立ち返ったというか。そもそも僕らの音楽はR&Bでソウルだし、そもそもKO-ICHIROはキーボーディストだし、そもそも僕はAメロとかBメロとかサビよりも間奏のフェイクに命をかけるちょっと変わったボーカリストだし…と(笑)。その“そもそも”な部分でもう一回濃いものを作り、そこから今まで培ってきたもので広げる、という逆のアプローチにしたんです。二人でセッション感覚で作っていった、自分たちにしかできないものと向き合えたアルバムになりました。
KO-ICHIRO 「やっぱ好きやねん、これしかないねん!」というものを入れたアルバムというか。根っこにあるのは、どうしようもないソウル。でも、音だけは今の時代の音じゃなければいけない。二人合わせて100歳超えのグループになってますしね?
TAKE 101歳です(笑)。
KO-ICHIRO ははははは。特に今年は、応援してくれるファンともライブで会うことが多くて、その中で僕たちに求めてくれているものがよくわかったんですよね。そこで、「僕らはもともとそうでしたよね」みたいなところをより深く、濃く煮詰めることができた。今まで変化球を投げてもみたけれど、やっぱりズドンと直球を投げてほしいよね、という確認ができたんです。それによって音は新しく、やることはシンプルになった。
TAKE そう。若い人には「盛れる」という強さがあるけど、盛ってるオジサンは格好良くないと思うんですよね(笑)。

――確かにそうかも知れません。
TAKE 僕とKO-ICHIROの中で、いらないと感じるものはどんどん削ぎ落としていったら、そこに空間が生まれたんです。例えば歌にしても、今までは“NOTE”である譜面上に書ける音程にこだわっていたけど、今回は音符で表せない“TONE”である音に意識を持っていった。もちろん譜面も大事なんだけど、そこに書けないところに音楽の魔法はたくさんあるんですよ。Skoop On SomebodyのTONEとは、まずはKO-ICHIROの絶対的なフェンダーローズのセクシーさ、グランドピアノのゴスペルタッチでダイナミックなパッション。そこに僕のTONEが乗れば、この二つだけで作品としては成り立つんですよね。さらに、音楽の聴き方も聴くシチュエーションも20年前と圧倒的に変わっている。例えばパソコンの小さなスピーカーから聴こえてきても、ちゃんとソウルの伝わる音にしたかったんです。音響的なマニアックな話ではなく、どれだけの広さの楽曲なのか、人をどんな気持ちにさせるのかというところでの空間作り。結果、音楽は究極の嗜好品だなと、すごく感じられるものになりました。ラストの「Wings」なんて、歌とピアノだけ。ガチで僕とKO-ICHIROのデュエットなんだけど、このミックスだと僕らも照れずに聴けるんです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!