2018-11-19

MYNAMEセヨンが選んだ絶品「パプリカ」「キムチ」レシピを発表! 『MYNAME×K-FOODレシピコンテスト』FINAL

人気K-POPアーティスト「MYNAME」に会えるレシピ大会、『MYNAME×K-FOOD(韓国食品)パプリカ&キムチレシピコンテスト』(主催/韓国農水産食品流通公社)の最終審査が先日、都内で開催され、MYNAMEのセヨンが見守るなか、候補者たちが自慢のレシピを披露。500品を超える応募の中からグランプリに輝いたのは…? レシピコンテストの最終決戦の模様をレポート!

『MYNAME×K-FOOD(韓国食品)パプリカ&キムチレシピコンテスト』とは?

 今年7月〜9月にかけてSNS上で一次審査が開催された『MYNAME×K-FOOD(韓国食品)パプリカ&キムチレシピコンテスト』。韓国産「パプリカ」「白菜キムチ」を使ったオリジナルレシピをTwitter、Instagramに投稿し一次審査を突破すると、セヨン参加の最終審査にご招待。最終審査はオリジナルレシピをその場で料理し、セヨンが実食してグランプリを決定するという料理バトル方式。セヨンに自慢の料理を食べてもらえる“奇跡のコンテスト”として注目され、500品を超える応募が集まりました!

MYNAMEセヨン

「1次審査ではパプリカ、キムチレシピからそれぞれ3品をメンバー全員で選ばせていただきました。応募写真を見ながら、食べたいと思ったものを選んでいったけど、好みが似ているのか、割とすぐに決まったかな。僕は料理をするのが好きで、ずっと“料理のイベントをやりたい”と話していたから、実は、最初にレシピコンテストの話を聞いたときは、僕が料理を作って、参加者のみなさんが審査するのかなと思ったんです。だから、僕が料理を作ってもらえると知ったときはビックリしたな〜(笑)」(セヨン)

コンテスト詳細はコチラ!

最優秀&優秀レシピは…? セヨンが実食する最終審査会をレポート

パプリカ最優秀レシピ パプリカのひんやりムース

パプリカのひんやりムース

レシピ詳細はコチラ!

パプリカ最優秀レシピ:「パプリカのひんやりムース」

【材料2人分】

・牛乳150ml
・生クリーム50ml
・砂糖15g
・ゼラチン3〜5g
・ジャム大さじ2〜(スポンジの甘さもあるので、お好みで)
・お好みのカステラやスポンジケーキ、クッキーなど

<パプリカジャム>

・パプリカ(赤)1個
・砂糖50g(大きさと甘さにより変わるので様子を見て調整)
・レモン汁大さじ1〜

【作り方】

●パプリカジャムを作る

(1)パプリカのわたを取り、電子レンジ600wで2分加熱し、ミキサーにかけてペースト状に。
(2)鍋に(1)と砂糖50gを入れアクを取りながら水分を飛ばす。粗熱が取れたらザルでこし、レモン汁を加える。

●パプリカムースを作る

(1)牛乳を温めてふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜる。
(2)生クリームに砂糖15gを入れ、ツノが立つまで泡立てる。生クリームはトッピング用に少しとっておき、残りの生クリームに(1)とパプリカジャムを加え、混ぜる。
(3)お好みのカステラ、スポンジをカップに敷き詰め、(2)のパプリカムースを注ぎ、粗熱をとってから冷蔵庫に。固まったら、可愛くトッピングして完成。

「電子レンジで加熱することで、パプリカの苦味が抑えられます。ミキサーにかけてペーストにするので、皮をむく手間もなく気軽に作れます!ジャムはヨーグルトやパンにつけて食べるのもおススメです」(rabbi_28さん)

「すごく食べやすい味。最近、甘い物をちょっと我慢してたので、口に入れた瞬間、思わず『はぁ〜♪』と、幸せなため息がこぼれた〜(笑)」(セヨン)

パプリカ優秀レシピ

パプリカの冷製スープ

レシピ詳細はコチラ!

パプリカ優秀レシピ:「パプリカの冷製スープ」

【材料2〜3人分】

・赤・黄パプリカ各1個
・ジャガイモ1個
・コンソメの素1個(味を見て調整)
・生クリーム100ml

【作り方】

(1)鍋を2つ用意し、赤と黄それぞれのパプリカを煮る。パプリカを小さく切って鍋に入れ、薄く切ったジャガイモ半分とひたひたになるくらいの水(300mlほど)で柔らかくなるまでゆでる。
(2)それぞれをミキサーにかけてから、パプリカの皮が残ると口当たりが悪いのでざっと濾す。鍋に戻してコンソメの素を加えて軽く煮立て、生クリーム30〜50mlを加え、ホワイトペッパーと塩で味を調整。
(3)粗熱をとり、冷蔵庫でよく冷やし器に盛る。二層にしたり、軽く混ぜてアレンジするのがおススメ。

「じゃがいもに2種のパプリカ、1品で3つの味わいが楽しめるってすごいよね。芸術的な見た目はもちろん、味もアーティスティック!」(セヨン)

「猛暑の今夏、同居している母のために、冷たくて、口当たりがよくて、栄養のあるものを…と思って考えました。パプリカの薄皮が残ると口当たりが悪くなるので、ミキサーをかけた後、漉して取り除くのがポイントです」(Myamyasamaさん)

ぱりぱり ぽてと Sweet chili sauce

レシピ詳細はコチラ!

パプリカ優秀レシピ:「ぱりぱり ぽてと Sweet chili sauce」

【材料2〜3人分】

・パプリカ1個
・じゃがいも5個
・酢1/2カップ
・羅漢果(または三温糖)1/2カップ
・ガーリックとうがらし
・塩小さじ1/2
・市販のスイートチリソース
・オリーブオイル、バター 適量

【作り方】

●パプリカチリソース

(1)パプリカを縦に6等分してラップをかけて電子レンジで2分ほど加熱。
(2)冷めたら薄皮をむき粗く刻む。
(3)酢、羅漢果、とうがらし、塩は耐熱皿に入れて電子レンジで加熱。(2)のパプリカを入れ再度加熱し、冷めたら完成。

●パリパリポテト

(1)じゃがいもは皮を剥いて太めの千切りにする。
(2)フライパンにオリーブオイルとバターを適量入れ、風味がでたら、じゃがいもを入れる。
(3)蓋をして様子を見ながら両面、こんがり焼く。パプリカチリソースを添えて出来上がり。

「パプリカのチリソースは今まで食べたことのない新鮮な味で、ポテトはカロリー控えめなのがすごくいい! 今度、自分でも作ってみたいな〜」(セヨン)

「パプリカは、皮を剥いて生で食べるとフルーツのような甘みと食感なので、それを活かすようなソースを考えました。ダイエット中でも食べられるように、ハッシュポテトは小麦粉を使わず、つなぎなしで作っています」(hyacinth.nanairo さん)

キムチ最優秀レシピ 牛スジとキムチのスープ

牛スジとキムチのスープ

レシピ詳細はコチラ!

「まさに“懐かしい母の味”。一口飲んだ瞬間に、頭の中に白いご飯が浮かんできました(笑)ご飯と一緒にお腹いっぱい食べたい!」(セヨン)

キムチ最優秀レシピ:「牛スジとキムチのスープ」

【材料3〜4人分】

・牛スジ肉100g
・ニンジン小1/4本
・大根1/4本
・長ネギ1/2本
・ニラ1/4本
・キムチ50〜100g(お好みで)
・塩、醤油、にんにく、胡麻油 適量

【作り方】

(1)圧力鍋にスジ肉を入れ、かぶるくらいの水を加え柔らかくなるまで煮る。
(2)スジ肉が柔らかくなったら、キムチと大根と人参を加え、野菜が柔らかくなったら、塩、醤油、にんにく、胡麻油で味付ける。
(3)最後にニラ、長ネギを入れてひと煮立ちしたら出来上がり。

「キムチは火を通すことでアミノ酸などが増えてうま味が増すので、まず最初に、胡麻油でキムチを炒めておきます。それからスープを入れて、少し長めに煮込むことで、後からキムチを入れるよりもおいしく仕上がりますよ」(yonnzyekunさん)

キムチ優秀レシピ

はんぺんふわふわきむちーずぼーる

レシピ詳細はコチラ!

キムチ優秀レシピ:「はんぺんふわふわきむちーずぼーる」

【材料2人分】

・はんぺん 1枚
・シーフード 海老、イカなど100g、冷凍でOK
・キムチ50g
・枝豆20〜30粒、冷凍でOK
・チーズ20〜30g
・鶏ガラスープの素 小さじ1/2
・砂糖 小さじ 1
・片栗粉 大さじ 1

【作り方】

(1)解凍したシーフード、キムチを細かく刻んで合わせ、粘りが出るまで包丁でたたく。
(2)ビニール袋にはんぺんと(1)、調味料も入れてよくもむ。
(3)枝豆を加えて軽く混ぜ、具材を8等分し、中にチーズを入れて丸める。油で揚げて完成

「シーフードの中に、僕の好きなキムチとチーズを入れて揚げているんです! 僕にとっては慣れ親しんでいる、ホッとする味でした」(セヨン)

「色よくキレイに揚げるには、温度管理が大切。キムチが入っていると、入っていないものよりも早く黒くなりやすいので、低温で揚げることで中までちゃんと火が通って、見た目もキレイに揚げることができます」(cheerup55さん)

パリパリキムチーズ揚げ

レシピ詳細はコチラ!

キムチ優秀レシピ:「パリパリキムチーズ揚げ」

【材料2〜3人分】

・餃子の皮20枚
・ツナ缶1缶
・キムチ1パック
・スライスチーズ5枚

【作り方】

(1)餃子の皮に適量のキムチとツナ、半分にカットしたスライスチーズをのせる。
(2)皮の周囲に指で水をつけたら、上に皮をのせ、具材をサンド。餃子の皮の周りをくっつける。
(3)餃子の皮の周りをしっかりくっつけたら、油で揚げて出来上がり。

「手で持って、お菓子感覚で食べられるところがいいですね。ケチャップをつけてもおいしいかも。僕は映画とか見ながら食べたいな」(セヨン)

「下ごしらえの手間もかからず、誰でも簡単にすぐ作れるおつまみにもぴったりの時短メニューです。ポイントは、皮がパリパリになるようにカラッと揚げることだけ。テーブルで揚げて、揚げたてをいただくのもお薦めです」(sakkaskkanaさん)

セヨン登場! “奇跡のレシピコンテスト”のファイナルステージ

MYNAMEセヨン

 決戦の舞台となったのは、新大久保にある大人気の韓国料理教室。MYNAMEのメンバーを代表して審査員をつとめるセヨンの「僕は料理を作るのも好きだけど、誰かに作ってもらうのもすごく嬉しいので、みなさん、頑張って作ってください。期待しています!」という熱いエールを合図に、1次審査で選ばれた6名のみなさんが、さっそく調理を開始。

MYNAMEセヨンMYNAMEセヨン

 各テーブルを回りながら、料理の名前や材料、作り方などを、自分からどんどん質問するセヨン。ときには興味津々な様子で鍋の中をのぞき込んだり、キムチとパプリカがどんな料理に変身するのか、気になって仕方がない様子。

「みなさんが料理を作るのを見ていたら、僕も料理したくなっちゃった。優勝するのも大事だけど、参加することに意義があると思います。ファイティン!」と、セヨンの応援にも自然と熱が入ります。

 おいしそうな匂いが会場に立ちこめるころ、セヨンのために心をこめて作った料理がついに完成。キムチチームの料理から実食したセヨンは、一品目を食べた瞬間から「おいしい!」を連発。韓国産のキムチを使った料理に母の手料理を思い出し、思わず「お母さんに会いたくなっちゃった」と本音がこぼれる一幕も。

MYNAMEセヨン

 パプリカチームの審査では、これまで食べたことのない味のオンパレードに「パプリカでこういう料理ができるなんて、すごい!」と大感激。「キムチ料理だけでも難しいのに、パプリカ(を使った料理)は食べたことがないからもっと難しい。僕は食べるだけで、審査はほかの人に任せたい!(笑)」と、爆弾発言まで飛び出したほど。

パプリカレシピキムチレシピ

 悩みに悩んだ審査の末、キムチレシピからは「牛スジ肉とキムチのスープ」が。パプリカレシピからは、「パプリカのひんやりムース」が、それぞれ最優秀賞に選ばれ、セヨンから賞状と豪華な副賞の1万5千円分の韓国食品の詰め合わせ、そして直筆サインが贈呈されました。

 「『牛すじ肉とキムチのスープ』は、キムチの味が一番感じられた。『パプリカのムース』は、みんなに1回は食べて欲しいなと思う味でした」と、選考の理由を語ったセヨン。残念ながら選ばれなかった4人の方にも「自分のポケットマネーで賞品を贈りたいくらい、本当にすべておいしかったです。頑張って作ってくれて、ありがとうございます」と心から感謝の気持ちを伝えます。

 最後にセヨンの提案で、全員でハートマークを作って記念撮影。最後まで和気あいあいとした和やかな雰囲気のまま、ひとりひとりとしっかり握手を交わして、コンテスト終了!

セヨンも大好物! 韓国産パプリカ、キムチの魅力

「パプリカは、末っ子のチェジンがよく料理に使っているんですけど、僕は料理には使ったことがないかも。でも、生のパプリカをかじったときのフルーティでみずみずしい食感は大好き」(セヨン)

「僕たち韓国人は、食事のときにキムチがないとさびしい。それくらい、毎日の食卓には欠かせないもの。家によっても違うけど、僕の家では常に3種類くらいテーブルに置いてありますよ。韓国のキムチは辛さの中にもうま味があり、そのまま食べてももちろんおいしいけど、いろいろな料理に使えるところも魅力。キムチを使った料理は数えられないくらいあって、僕はキムチポックンパ(キムチチャーハン)やキムチチゲ、キムチのチヂミが好き」(セヨン)

MYNAMEセヨン

韓国産パプリカの魅力とは?

パプリカ

実はいろんな料理に使える優秀食材

彩りの良さから料理のアクセントとして使われることの多いパプリカ。でも、実はいろいろな料理に使える万能野菜。生でも、煮ても、焼いてもOKでアレンジのしやすさも魅力のひとつ。

気になる栄養は?

パプリカに含まれるビタミンCはリンゴの約40倍(※)。さらに、抗酸化作用のあるβカロチンも含み、免疫力アップによる風邪予防、メラニン代謝促進による肌トラブルの緩和に効果的。

鮮度の高い韓国産パプリカ

韓国でつくられたパプリカは、日本に近い釜山港から船で東京港、博多港、大阪港、下関港などに毎日届けられるため新鮮そのもの。

※参照元:日本食品標準成分表2015 赤パプリカとリンゴ皮むき(生)の比較

韓国産キムチの魅力とは?

キムチ

特有の乳酸菌でイキイキBODYに

腸内環境改善に役立つ乳酸菌のほか、疲労回復に効果的なビタミンB1、体脂肪の消費を促すカプサインetc…。発酵食品の韓国産キムチには健康ボディに欠かせない栄養素がたっぷり!

酸味が強いキムチは発酵が進んでいる証

キムチの酸味が強くなってきたら、それは発酵が進んだということ。気になる時は加熱調理するのがおすすめ。火を通すことでまろやかになり、ぐんと食べやすくなります。

「キムチくんマーク」を目印に

キムチくんマーク

韓国産キムチには、「キムチくんマーク」が記載されています。これら韓国産キムチは、すべてHACCP認証を取得し「食の安全性」が管理されています。購入時にはマークをチェック!

※HACCP…食品等の安全性に関する国際的な認証

投稿された料理写真の一部を特別公開!

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

投稿された料理写真

その他、こんなレシピもおすすめ! 今すぐ作りたくなる「パプリカ」「キムチ」とっておきレシピ

元KARAメンバー知英おすすめの美レシピ

簡単なのにおいしい!韓国食品アレンジレシピ

本格的なレシピから簡単アレンジまで食材別レシピ集

「投稿ありがとう!」MYNAMEセヨン特別インタビュー

MYNAMEセヨン

「今まで、ダンスやダイエットプログラムの審査をしたことはありましたが、料理の審査は初めてで、すごく難しかったです。料理の実力はみなさんのほうがずっと上なので、審査するのは恥ずかしかったけど、どの料理も本当においしかった。寮に帰ったら、今回のレシピを参考に、メンバーに作ってあげたいと思っています。実は、よくMYNAMEのメンバーに手料理を振る舞ってるんです。僕が得意なのは、韓国のタッポクンタンという鶏料理や、スジェビ(すいとん)。末っ子チェジンやジュンQも、よく料理を作りますね。チェジンはオイルパスタとかクリームパスタとかが多いかな。ジュンQもいろいろ作るんですけど、彼のは…あんまりおいしくない(笑)。この料理コンテストがきっかけで、たくさんの方が韓国産のキムチとパプリカを好きになってくれたら、嬉しいですね。そしてまた、この料理コンテストをやってほしい。でも審査員は難しいので、今度は作る方で参加したいです(笑)。みなさん、ぜひ次回開催を待っていてください!」

韓国農林水産食品流通会社 公式サイト

Sponsored by 韓国農水産食品流通公社