• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
amazarashi

amazarashi

あまざらし

太陽の羽化の歌詞

太陽の羽化

ダウンロード

発売日 2020年12月16日
作詞 秋田ひろむ
作曲 秋田ひろむ

群生するススキが 気が狂ったように手招きしてる
日差しは赤味がかり 夏では写せないものを露わにする
それは そろそろ訪れる 太陽の羽化

状態としての生をボンネットに縫い付けて
身体を輸送する僕は 誰かが描いた白線に沿って

風景にこびりついた憂鬱 とたんに思い出が痙攣する

砂漠に埋まった貝殻で指を切る
今日も来る 暗色の悲しい兆し
ついに訪れる 太陽の羽化
だけど 片方だけ 翅はなかった

季節ならさっき出て行った
つまらない歌を置いてった
僕らは遠く離れた
取り返しのつかないほど

浮かぶことを諦めた
太陽が町を照らした
始まることをやめた今日が
いつもの日常の振りした

情報提供元うたまっぷ.com

amazarashiの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 曇天
  • とにもかくにも僕らの日常は奪われた 描いた未来ひび割れた その破片がこれだ
  • 令和二年
  • 旅支度終え 誰か呼ぶ声
  • 世界の解像度
  • 俯瞰で見れば 世の理のような色彩
  • 馬鹿騒ぎはもう終わり
  • 今日が壊れて もう、お開きの時間だ
  • 抒情死
  • アイデンティティが東京湾に浮かんでいる

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ

あなたにおすすめの記事