アニメ&ゲーム カテゴリ

SILENCEの歌詞

SILENCE

発売日 1999年10月27日
作詞 和久二郎
作曲 木村真也

静寂に包まれた 琥珀色の部屋で
一人きり 何を想い 何故にふるえる

戻れないあの恋に終止符も打てずに
ひからびた心はただ君を求める

潤んだ瞳は無言の問いかけだったと
気づけぬまま 君の心は いつしか遠くへ・・・

何も見えないくらい 見つめていればよかった
夢の中でさえ君を抱けぬほど すべてすり切れて

止めどなく込み上げる追憶のため息
聞こえないふりをしても この胸にSILENCE

聞こえない君の声が この胸にSILENCE

情報提供元うたまっぷ.com

WANDSの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 世界中の誰よりきっと 〜Album Version〜
  • まぶしい季節が 黄金(きん)色に街を染めて
  • Jumpin’ Jack Boy
  • 真夜中 サビた 香り
  • 「今日、ナニカノハズミデ 生きている」
  • 何もない海岸で
  • Brand New Love
  • (I don't want to be alone anymore)
  • BLACK or WHITE
  • 誰かに乗せられたレールの上は 先が見え

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ