片惚れとんびの歌詞

片惚れとんび

発売日 2017年03月07日
作詞 朝倉翔
作曲 桧原さとし

行っちまうなら 勝手にしろと
投げた台詞が 三下り半か
涙こらえて見上げた雲に
追って行けない 鳥の声
ピーヒョロロ ピーヒョロロ…
片惚れとんびの 男泣き

堅気暮らしは お互いできぬ
せめて一夜の 夫婦の契り
日本橋まで一緒のはずが
心変わりか 秋の空
ピーヒョロロ ピーヒョロロ…
片惚れとんびの 未練舞い

細い背中に 背負った三味線(しゃみ)が
遠く消えてく 舞阪並木
俺は東に おまえは西に
これが渡世と 破れ笠
ピーヒョロロ ピーヒョロロ…
片惚れとんびの はぐれ旅

情報提供元うたまっぷ.com

氷川きよしの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 炭坑節
  • 月が出た出た 月が出た
  • 新宿ブルームーン
  • 独り新宿 歩道橋
  • 真昼の最終列車
  • 発車のベルが泣いてる
  • 人形の家
  • 顔もみたくないほど
  • 時の流れに身をまかせ
  • もしも あなたと逢えずにいたら

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ