• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • AKB篠田麻里子が携帯ドラマ初主演「まるでカリスマ気分」

AKB篠田麻里子が携帯ドラマ初主演「まるでカリスマ気分」

 人気アイドルグループ・AKB48篠田麻里子が、LISMOドラマ第26弾『くるみ洋品店』で携帯ドラマに初主演することが14日、わかった。モデル、女優としても活躍する篠田は洋品店の美人店主役を演じ、「まるでカリスマスタイリストになったような気分」と喜んでいる。

 同ドラマは、さびれた商店街の路地裏にひっそりたたずむ「くるみ洋品店」が舞台。目視で人のスリーサイズ、体重がわかる特技を持つ美人店主のくるみ(篠田)は、コーディネイトセンスは抜群だが、空気の読めないところが玉にきず。せんべい屋を継いだアニメオタクの跡取り息子、同級生に恋心を抱く中学生の女の子、高級住宅街に住む旦那と倦怠期を迎えたマダムなど、客の話を聞きながら心も体もすっきりスタイリングしてしまう。

 主演の篠田は「ひとくせあるお客様の心情を聞きつつ、それぞれの思いや個性にぴったりフィットする洋服を選んでいくのですが、まるで自分がカリスマスタイリストになったような気分で、演じていてとても楽しかった」と満足気。「ほっこりできるおとぎ話のようなドラマなので、ぜひ観てください」とアピールした。

 監督はドラマ『ロス:タイム:ライフ』シリーズの筧昌也、企画・制作は映画『ALWAYS三丁目の夕日』『つみきのいえ』を手がけたROBOTが担当する『くるみ洋品店』は、7月1日より配信スタート。auケータイやパソコンのほか、7月からはスマートフォン(Android au)でも視聴可能となる。なお、現在配信中の第25弾(6月3日〜配信)は、AKB48の派生グループ・ノースリーブスが主演し、メンバーの小嶋陽菜が主題歌を担当している。

オリコントピックス