• ホーム
  • 芸能
  • 東野圭吾『ガリレオ』最新刊、文芸部門トップの好スタート

東野圭吾『ガリレオ』最新刊、文芸部門トップの好スタート

■全16ジャンルのランキングがわかる
『2011年上半期“本”ランキング』はこちら!

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 直木賞作家・東野圭吾氏の作家生活25周年記念第2弾作品、『真夏の方程式』(6月6日発売/文藝春秋)が初週6.5万部を売り上げ、6/20付オリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門で初登場2位にランクイン。文芸(単行本)部門では、4/25付から8週連続で同部門首位を獲得していた『謎解きはディナーのあとで』(著・東川篤哉/小学館)を抑えて首位に立った。

 変わり者の天才物理学者・湯川学が持ち前の科学的推理と論理的思考で、難解な殺人事件を解決し人気を博しているミステリー「ガリレオシリーズ」の最新長篇。今回は海辺の町で起こった事故か他殺か不明な事件を、仕事で訪れていた湯川博士が解決していく。キーパーソンとなる少年と子供嫌いなはずの湯川博士との交流が印象的な作品となっている。

 今回、25周年記念第1弾『麒麟の翼』(講談社)も同部門で5位に、さらに今月3作連続でテレビドラマ化されている『11文字の殺人』、『ブルータスの心臓 完全犯罪殺人リレー』、『回廊亭殺人事件』(全て光文社)の原作文庫がそろって前週より上昇。それぞれ20位、23位、25位を獲得し、最新文庫『流星の絆』(講談社)も13位にランクインと『2011年上半期文庫部門作家別ランキング』(オリコン調べ)1位にふさわしい、高い人気ぶりが伺える結果となった。

 このほか、文庫部門では現役医師で作家の夏川草介氏が手掛けた『神様のカルテ』(6月7日発売/小学館)が週間売上6.1万部で初登場首位。信州・松本にある小さな病院を舞台に「24時間、365日対応」を掲げる主人公の内科医・栗原一止が、地域医療や終末期医療、臨床医制度など、避けられない現在の医療問題と向き合うなか、妻や友人、患者たちとの触れ合いを通じて、医師として成長していく姿が描かれている。

 発売当初から全国の書店員からの支持が高く『2010年 本屋大賞』では2位に登場。人気グループ・嵐の櫻井翔と女優・宮崎あおいの実写化でも話題を集め、劇場前売り特典2万セットが発売日に即完売した。8月公開に向け、今後さらなるセールスが期待される。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※2010年10月18日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




■全16ジャンルのランキングがわかる
『2011年上半期“本”ランキング』はこちら!


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

オリコントピックス