ラルクとコカ・コーラがタッグ 被災地の復興支援を表明

 4人組ロックバンド・L’Arc〜en〜Cielが、ザ コカ・コーラ カンパニーが3月24日に設立した『コカ・コーラ 復興支援基金』とタッグ。東日本大震災の被災者へ向け、復興支援活動を行うことを26日、表明した。ラルクは活動の一環として、5月28日・29日の2日間、東京・味の素スタジアムで開催する結成20周年記念ライブ『20th L’Anniversary Live』の収益金全額=義援金から、その一部を同基金へ寄付するとしている。

 同基金は、財団法人コカ・コーラ教育・環境財団の活動理念に基づき、被災した子供たちの生活復興に必要とされる教育施設をはじめとした公共施設の建設などに役立てることを目的に設立。ラルクはこの活動に賛同し、パートナーシップを結ぶことになった。

 ラルクは、「私たちはこの基金の支援主旨や、今後の活動の継続性などに賛同し、L’Arc〜en〜Cielの20周年活動期において、広くこの基金を応援できればと考えています。『コカ・コーラ 復興支援基金』が被災地の子供たちの教育関連施設等の復興を始めとし、継続的に子供たちのサポートを続けてくれるよう願っています」とコメントを寄せている。


オリコントピックス

メニューを閉じる