アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高橋克典、ドラマでの“悪党刑事”姿でCDジャケットに登場

高橋克典、ドラマでの“悪党刑事”姿でCDジャケットに登場

 俳優・高橋克典が、自身の主演ドラマ『悪党 〜重犯罪捜査班』(ABC・テレビ朝日系)の主題歌を歌うロックバンド・S.R.Sの「Real Lie」(3月2日発売)のCDジャケット写真に起用されていることが17日、わかった。高橋演じる刑事・富樫正義の「狼のごとく、非道な手段で犯人逮捕を狙う」というキャラクターと、S.R.Sの「羊の皮を被った狼」というコンセプトに関係者が着目し、今回のコラボが実現。劇中同様、渋い表情を見せる高橋も「多くの方々が手にとって聴いて頂ければと思います」と、両者の相乗効果に期待を寄せる。

 同ドラマは、法律スレスレで職務遂行する刑事たちの活躍を描いた異色作。そのなかでも、ひと際“異彩”を放つ刑事・富樫のパワーを、デビュー3年目の若手ロックバンドに注入する。S.R.Sがメジャーデビュー当時からライブで歌い、優しさと力強さを持ち合わせた楽曲について、高橋は「ドラマの世界観にピッタリと合い、深みが出ている」と太鼓判。撮影では、羊のカツラを被った男女が群がる中央に佇み、ドラマと楽曲の世界観を体現している。

 他の共演者を差し置いて、1人ジャケット撮影に参加した高橋は「申し訳ないと思います(笑)」と恐縮ぎみ。楽曲とドラマをいっぺんにアピールできることを感謝しつつ、S.R.Sに対しては“先輩歌手”として「自分たちが信じていることを(活動として)やっていって欲しいと思います」とエール。S.R.Sのメンバーも、曲の雰囲気に入りやすい「とてもカッコいい写真になったと思います」と、その出来栄えを喜んだ。





関連写真

  • 高橋克典がドラマの役柄のまま撮影に臨んだS.R.Sの新曲「Real Lie」のジャケット写真 
  • 今日16日放送の第4話でも、型破りな捜査で犯人逮捕を目指す 
  • 刑事ドラマが乱立するなか、クセのある刑事たちが活躍する『悪党 〜重犯罪捜査班』 

オリコントピックス