• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 7代目東宝シンデレラ・上白石萌歌さん、審査員満場一致「すべて持ってる」

7代目東宝シンデレラ・上白石萌歌さん、審査員満場一致「すべて持ってる」

 9日に都内で開催された『第7回東宝シンデレラオーディション』で、過去最高4万4120名の中から史上最年少グランプリを獲得した上白石萌歌さん(10)。東宝関係者は「最終審査は審査員から満場一致。東宝シンデレラが“持っていて欲しいもの”を、すべて持っていた」と絶賛、まさにパーフェクトな受賞だったと明かした。

 「歌うことが大好き」という上白石さんは、2次審査でその歌声を披露。審査員を「歌が圧倒的で、声、表情、人を惹きつける何かがある」と魅了した。1987年の第2回審査員特別賞だった水野真紀は「昔と今では状況が全然違う。事務所に入っていたり、オーディションで芸能界と接点を持っている子が多くなった。シンデレラの在り方も変わってくるのかな」と総評を述べた上で「東宝は“無垢なお嬢さん”を求めていたので、(上白石さんが)選ばれたのかな」と分析した。

 2000年の第5回グランプリだった長澤まさみも水野とともに審査を見届け、自身がこれまで持っていた12歳での最年少受賞を塗り替えられたことに「びっくりです…」。驚きながらも「しっかりしてるので、元気いっぱい楽しんで毎日やって欲しい。笑顔がすごくかわいいので、笑顔を忘れないで欲しいです」とエールを送った。

 受賞後、慣れないカメラに戸惑いながらインタビューに応じた上白石さんは「夢みたいで信じられない。(この気持ちを)家族や、習っているミュージカルの先生に伝えたい」と感動。共演したい女優に、審査員特別賞を受賞した実姉・上白石萌音さん(12)の名を挙げ、尊敬する女優を問われ少し悩んでから「水野真紀さん、長澤まさみさん」とはにかみ、水野は「もう、立派!」と頭を撫でていた。

オリコントピックス

 を検索