• ホーム
  • 芸能
  • 公開直前『ノルウェイの森』原作文庫、1年5ヶ月ぶりTOP10返り咲き

公開直前『ノルウェイの森』原作文庫、1年5ヶ月ぶりTOP10返り咲き

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 俳優・松山ケンイチ菊地凛子ら出演の映画『ノルウェイの森』の原作文庫上下巻(村上春樹・著/講談社)が、公開前週を集計した最新12/13付オリコン週間“本”ランキング文庫部門で5位(上巻/週間実売:2.4万部)と6位(下巻/2.0万部)にランクイン。11日の封切りに向けじわじわと売上を伸ばしていたが、2009年7/6付での7位(上巻)、10位(下巻)以来約1年5ヶ月ぶりに2冊同時にTOP10入りした。

 『ノルウェイの森』は、1969年に大学生活を始めた主人公ワタナベと、自殺した親友キズキの恋人直子、同学部の緑たちとの交流によって起こる喪失感・再生を描いた純愛小説。1987年の同書発表当時は、一大ブームを巻き起こすほどの話題となり、その人気は国内を飛び出し世界へ。各国で翻訳され、現在も多くの国と地域で読み継がれている世界的ベストセラー作品となった。

 2008年7月に、フランス人のトラン・アン・ユン監督による映画化が発表。翌年5月に松山ら主要キャストが明らかになると再び話題となり、2009年7/6付で2冊そろって同部門TOP10入り。その後、今年2月頃には100位圏外に落ち着いていたが、映画の完成報告や『ベネチア映画祭』での上映など、メディアでの露出が増すと再び脚光を浴び、今日までじわじわと順位を上げてきた。

 昨年公開され、話題を呼んだ映画『告白』(湊かなえ・著/双葉社)や『悪人』(吉田修一・著/朝日新聞出版)の原作文庫も公開日前後に大きく売上を伸ばしていることから、同書の次週以降の売上動向が注目される。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※2010年10月18日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

【映画『ノルウェイの森』特集】
松山ケンイチインタビュー★同作に出演してわかった自身の“愛のカタチ”
“実写化は不可能”とも言われた 映画の予告編&あらすじ
心揺さぶるシーン満載! 場面カットフォトギャラリー




関連写真

  • 村上春樹『ノルウェイの森 上』(講談社) 
  • 村上春樹『ノルウェイの森 下』(講談社) 

オリコントピックス