• ホーム
  • 芸能
  • 第7回・2万人が選んだ“好きなアーティスト”、嵐が初の1位

第7回・2万人が選んだ“好きなアーティスト”、嵐が初の1位

■ランキング結果

 週刊エンタテインメント誌『オリ★スタ』では、2004年以来今年で7回目となる『音楽ファン2万人が選んだ、好きなアーティストランキング』を発表。2010年の1位に輝いたのは、昨年4位として初のTOP10入りから順位を上げた【】が、初の栄冠に輝いた。今年は、デビュー作からシングル30作連続でのTOP3入りという史上初の快挙を達成など、嵐としての快進撃はもちろん、映画、ドラマ、バラエティ、情報番組など、メンバー個々での活躍も目覚しく、従来のファン層はもちろん、幅広い世代から支持を受けたのが要因だといえる。

 昨年は、CD&ミュージックDVD総売上げ金額が最も高かったアーティストトータルセールスを初受賞した嵐。今年発売のシングルが2作続けて初動売上げ50万を突破。また、5 月にリリースしたシングル「Monster」では、デビュー作から30 作連続でのTOP3 入りという史上初の快挙を達成。さらに、8/16付アルバムランキングで初登場首位を獲得した通算9 枚目のオリジナルアルバム『僕の見ている風景』では、初動売上げ73.1 万枚で1週にして2010年の年間トップに踊り出るなど、その勢いは止まることを知らない。

 これまでも多くのファンから支持されてきた彼らだが、今回の調査では、総合1位のほか、性別、世代別の7 部門で1位を獲得(女性総合1位/10代男女1位/20代男女1位/10代女性1位/20代女性1位/30代女性1位/40代女性1位)するなど、圧倒的な支持を受けた。主な支持理由として、「楽曲はもちろん、ひとりひとりが個性的で、仲の良さが伝わってくる」(大阪府/10代/女性)、「メンバーみんながすごく仲がいい。コンサートが楽しい!」(千葉県・20 代女性)など、メンバー全員が異なる個性をぶつけ合いながらも、10年以上も苦楽を共にしてきた絆の深さが伝わってくるようだ。さらに、歌、ダンス、トークと、すべてがバランスよく融合されている点も、先ごろ開催された東京・国立競技場ライブで、計7万人を魅了したことで証明している。

 2位には、昨年の6位から躍進した【いきものがかり】がランクイン。元々10代、20代から絶大な人気を誇っていた彼らだが、今年はNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の主題歌「ありがとう」で30代、40代層の人気も獲得。「青春時代を思い出せる」(埼玉県/30代/女性)、「曲がいい。ヴォーカルの声も好き。とにかく耳に心地よい」(東京都/40代/女性)など、その透き通るような歌声に年配層も魅了されているようだ。

 3位にランクインしたのは、言わずと知れた【Mr.Children】。毎年上位をキープし続けている要因として、「心に染込んでくる。共感できる歌詞が多い」(埼玉県/20代/女性)と、ボーカル・桜井和寿の歌声と圧倒的なライブパフォーマンスが、男性を中心に支持された。時代に流されるのではなく、時代を作っていく彼らの姿勢は他の追随を許さない。

 今回のランキングを総括すると、1位の嵐、2位のいきものがかり同様、4位の木村カエラ、9位のスピッツ、10位のYUIもまた飛躍的に票を伸ばしたランクアップ組。そんなランクアップ組をがっちりと囲い込むように、3位のMr.Children、5位のaiko、6位の福山雅治、7位の宇多田ヒカル、8位B’zと、毎年確実にランキングを果たす鉄板アーティストの圧倒的な存在感も見逃せない。“常連組”と“飛躍組”が渾然一体となった今回のランキング。いずれのアーティストも話題性だけでなく、着実な音楽活動と、そのポテンシャルの高さが実を結んだ結果として、多くの音楽ファンから高い評価を受けた。

【調査概要】
『オリ★スタ』読者およびOMR(オリコン・モニター・リサーチ)会員にアンケートを実施、集計したもの

男女・世代別の結果も掲載! “2万人が選んだ”好きなアーティスト TOP10
>>過去の「2万人が選んだ好きなアーティスト」
■2009年■2008年版■2007年版


■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




オリコントピックス