大黒摩季、重度の子宮疾患を公表 無期限活動休止へ

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手の大黒摩季(40)が子宮疾患の治療のため、現在決まっている仕事が終了する10月末から無期限で活動を休止することが24日、わかった。自身の公式ブログでもファンに向け「1996年末に発覚し、だましだまし付き合って来ました子宮疾患がここに来てかなり進行し、集中して治療しなければかなりマズイと言うことで、その治療のためやむなく活動休止せざるをえない状況です」と25日付で公表した。無期限にはなるものの「ちょっとしばらく語学留学に行ってきますくらい」の“ひとまず活動休止”だと綴っている。

【写真】その他の写真を見る


 大黒の病名は重度の「子宮腺筋症」だけでなく、「左卵巣嚢腫(のうしゅ)=子宮内膜症性のチョコレート嚢腫」、「子宮内膜症」、「子宮筋腫」も併発。子宮疾患が重なり、子宮や卵巣、卵管がひとかたまりに癒着して子宮全体が大きく腫れ、骨盤の中で大きな塊となって他の臓器を圧迫している状態。これ以上肥大すると子宮全摘出しか方法がなくなり、妊娠もできなくなってしまうという。

 大黒は「これらを軽減する為に一番の方法が妊娠でもあるので、度々体外受精も行ってきましたが、やはりこのハードな仕事の中では流産を繰り返すばかりなので、こちらも治療と共に集中的、集約的に行わなければならない」と過去、数度にわたって流産していることも告白。「治療に急を要する為、活動休止ということになりました」と苦しい胸の内を明かしている。

 病気が発覚した1996年から10年近くは誰にも相談できず、一人で向きあって来たという大黒は「私がこの現状をお知らせすることで同じ病気をもち、一人で悩み苦しんでいる女性の皆さんの励みやちょっとした参考になって頂ければとも思い『すっぴん』公表いたしました」と、病状を赤裸々に公表した真意も明かした。

 1992年に歌手デビューした大黒は、2ndシングル「DA・KA・RA」がミリオンヒットを記録。2012年の20周年に向けて精力的な活動を行い、25日にはジャケット写真で自身のすっぴん顔を採用した2年半ぶりのオリジナルアルバム『すっぴん』を発売。「活動休止前までは、一層パワフルに活動していますので、ライブなどでお会いする皆さんもご心配などなさらず、最高の瞬間を焼きつけるべく思いっきり楽しみましょう!」と前向きなメッセージを送っている。

関連写真

  • 子宮疾患の治療のため10月末から無期限で活動を休止する大黒摩季 
  • 現在、行われているツアーは9月11日の東京・渋谷C.C.Lemonホールでファイナルを迎える 
  • 2年半ぶりのオリジナルアルバム『すっぴん』(8月25日発売)のジャケ写では自身のすっぴんを採用 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索