• ホーム
  • 芸能
  • ダウンタウン松本人志、18日より活動再開 「ガキ使」収録で復帰

ダウンタウン松本人志、18日より活動再開 「ガキ使」収録で復帰

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーは17日、左股関節唇損傷のため休養中だったお笑いコンビ・ダウンタウン松本人志(46)の手術が無事成功し、リハビリの状況も良好なことから、18日より仕事に復帰すると発表した。日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(毎週日曜 午後10:56〜)のトークコーナーで活動を再開する。

 松本は6月24日、レギュラー番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)の収録を欠席した際、所属事務所が「体調不良のため」と説明。同28日、所属事務所を通じて「左股関節唇損傷」の手術を受けるため1〜2か月程度、休養すると発表した。「浜田くんがなったら良かったのに」とコメントし、7月末に人生初の手術を終えてからは自宅療養に努めていた。

 現時点で日常生活に支障はなく「さらにリハビリをすすめ、医師の指導を仰ぎ、本人の体調と相談しながら、激しい動きのある仕事などについても徐々に再開させていただきたい」としている。同社所属芸人では、ナインティナインの岡村隆史も「体調不良」として7月15日に休養を発表している。

◆関連ニュース一覧 よしもと芸人芸能活動怪我・病気



オリコントピックス