ビートルズ“赤盤”“青盤”、最新リマスター音源で10月世界同時発売

■その他の写真ニュースはこちら

 ザ・ビートルズのベスト盤として世界中のファンに親しまれている『ザ・ビートルズ/1962〜1966』(通称:赤盤)、『ザ・ビートルズ/1967〜1970』(通称:青盤)が、1993年のCD化から初めて最新リマスター音源で登場し、10月18日(北米は10月19日)に世界同時発売されることが11日、わかった。昨年9月にビートルズの全オリジナルアルバムのリマスター盤が発売され話題となったが、新たに歴史的ベスト盤2作品も最高の音質で現代によみがえる。

 『赤盤』と『青盤』は1973年にレコードで発売。メンバーのジョージ・ハリスンが選曲にあたったと言われており、1962年のデビューから1970年のバンド解散までの代表曲全54曲を収録。シングルヒット曲のほか、「イン・マイ・ライフ」、「ノルウェーの森」、「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」など、もともとシングルカットを意図していなかったアルバム曲も網羅している。

 同アルバムは従来どおりそれぞれ2枚組、2600円(期間限定特別価格)で発売。オリジナルのライナーノート、貴重な写真等が収められた新しいブックレットが付属する。EMIミュージック・ジャパンによると、『赤盤』『青盤』のトータルセールスは1973年の発売以来、日本で350万セット、アメリカでも3000万セット。ビートルズ史上最大のセールスを記録した歴史的名盤が復活する。

関連写真

  • ザ・ビートルズの通称“赤盤” 
  • ザ・ビートルズの通称“青盤” 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索