• ホーム
  • 芸能
  • 第143回芥川賞は赤染晶子氏『乙女の密告』、直木賞は中島京子氏『小さいおうち』が受賞

日本文学振興会は15日、第143回芥川賞・直木賞(平成22年度上半期)を発表した。芥川賞に赤染晶子氏『乙女の密告』、直木賞に中島京子氏『小さいおうち』が選ばれた。

赤染晶子氏の『乙女の密告』は、1回目の投票から票の過半数を獲得。投票は3回続いたが評価は変わらず受賞に至った。芥川賞選考委員の小川洋子氏は「最終的には鹿島田真希さんと赤染さんが残り、2作受賞になるかどうかという点でもっとも長い時間をかけた」と選...

この記事の画像

  • 第143回芥川賞の赤染晶子氏 
  • 第143回直木賞の中島京子氏 
  • 【芥川賞候補】鹿島田真希氏/作品名『その暁のぬるさ』(すばる4月号)  
  • 【芥川賞候補】柴崎友香氏/作品名『ハルツームにわたしはいない』(新潮6月号) 
  • 【芥川賞候補】シリン・ネザマフィ氏/作品名『拍動』(文學界6月号) 
  • 【芥川賞候補】広小路尚祈氏/作品名『うちに帰ろう』(文學界4月号) 
  • 【芥川賞候補】穂田川洋山氏/作品名『自由高さH』(文學界6月号) 

オリコントピックス