原由子、19年ぶりワンマンライブに夫・桑田乱入 夫唱婦随のデュエットでファン歓喜

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 サザンオールスターズのメンバーでシンガー・ソングライターの原由子が4日、19年ぶりとなるワンマンライブを神奈川・鎌倉芸術館で開催した。「緊張して動きがギクシャクしていますが、そんなところも楽しんでいただければ」とファンに呼びかけ、全18曲を熱唱。アンコールでは夫・桑田佳祐も登場し、夫唱婦随のデュエットと夫婦漫才で2000人のファンを沸かせた。

 サザン名義・ソロ名義で自身がメインボーカルをとった楽曲から厳選したベストアルバム『ハラッド』(6月23日発売)がヒット中の原が、1991年6月7日の日本武道館以来となるワンマンライブを、ゆかりの深い鎌倉の地で開催した。ソロでは久しぶりの大舞台にMCも絶好調の原は「新しいバンド名を考えてきました。“ハラッズですっ”」と、事務所の後輩・パフュームのモノマネをし、競争率20倍の激戦を勝ち抜いたファンを喜ばせた。

 「あじさいのうた」を皮切りに、原がボーカルをとるサザンの曲でも特に人気の高い「鎌倉物語」、初めてメインボーカルをとった「私はピアノ」などを次々と披露。中盤の「いちょう並木のセレナーデ」「唐人物語(ラシャメンのうた)」では、珍しくアコースティックギターの演奏を披露したほか、新曲「京都物語」ではハンドマイクで歌唱し、「慣れないもので、なんかよろよろしちゃって…」と照れ笑いを浮かべた。

 アンコールでは、最近、女優の吉永小百合と会ったエピソードを話し、『ハラッド』にも収録された「いつでも夢を」の曲紹介。桑田とのデュエットを期待するファンからどよめきが起こるなか、「今日は残念ながら、一人で歌いたいと思います」と一度はフェイントをかけたが、曲中に桑田が鎌倉名物・鳩サブレーの台車を押しながら舞台下手から登場。会場から割れんばかりの大歓声と拍手が沸き起こった。

 「桑田佳祐〜」と紹介する原に向け「吉永小百合〜」と切り返した桑田は、歌唱後には「本田圭佑でございます」と同名の時の人の名を借りてあいさつ。さらには、「みなさん高いお金払ってきてくださったので」と即興の抽選会で6名に鳩サブレーをプレゼントするファンサービスを見せ、夫唱婦随のデュエットの後に、夫婦漫才(?)でファンを沸かせた。

 惜しまれながら桑田がステージを後にすると、「考えてみれば、サザンとしてデビューするときも、「私はピアノ」でリードボーカルをとるときも、今回「ハラッド」をつくったときも、いつもケイちゃんに背中を押してもらって今日まで来ました。なかなか面と向かって言えないけど、今日は本当にありがとう」と舞台裏の夫に感謝のメッセージを送った。

 ラストの「想い出のリボン」を歌い終えた原は感極まって涙をぬぐい、「次はサザンになるかソロになるかわかりませんが、また近々お会いしたいと思います」と、活動休止中のサザン活動再開にも含みを持たせる言葉で締めくくった。

 このライブの模様にインタビュー等を加えて構成した原由子特番『はらばん』は、11日(日)後7時〜9時までWOWOWで放送される。


関連写真

  • 19年ぶりのワンマンライブで珍しいギター演奏を披露した原由子 
  • ゆかりの深い鎌倉の地で全18曲を熱唱 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索