• ホーム
  • 芸能
  • 女子高生が選ぶ「上半期“最もブレイク”した女優」、1位は仲里依紗

女子高生が選ぶ「上半期“最もブレイク”した女優」、1位は仲里依紗

■“最もブレイク”した女優TOP5

 2010年もあっという間に折り返し地点を迎え、この上半期を振り返ると芸能界でも様々な芸能人が活躍し、テレビや映画でフレッシュな顔ぶれが目覚ましい活躍を見せた。そこで、インターネット音楽情報番組『RANKING パラダイス』では、全国の女子高生を対象に「今年の上半期で最もブレイクしたと思う若手女優は?」というアンケートを実施。1位には映画『ゼブラーマン』の続編で過激な“ゼブラクイーン”を演じ話題をさらった【仲里依紗】が選ばれた。これを受け仲は「まさか自分が選ばれるとは」と驚きつつも、「初心を忘れずに一生懸命頑張りたいとおもいます」と襟を正しつつ、真摯な意気込みを語った。

 今年3月、青春映画の名作『時をかける少女』でアニメ版と実写版の両方の主演を務めたことで注目が高まった仲は、5月公開の映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲』で一気にブレイク。「ゼブラクイーンがかなり衝撃的だった」(新潟県/高3)と、露出度の高い大胆なキャラクターでこれまでの清純派のイメージを覆し、悪女な一面をのぞかせた。同役で歌手活動への幅も広げたことから、「ドラマ、映画、音楽活動まで、今年はめっちゃ活躍していると思う!」(兵庫県/高1)と絶賛されている。7月からはドラマ『日本人の知らない日本語』(日本テレビ系)で連ドラ初主演が決定しており、その勢いは更に加速していきそうだ。

 今回の結果に仲自身は「まさか自分が選ばれるとは思いませんでした。一位を頂けてすごく嬉しいです」と驚きを隠せない様子。「応援してくださったみなさんのおかげで今まで頑張ってこれました。これからも初心を忘れずにみなさんにいい作品をお見せできるよう、一生懸命頑張りたいとおもいます」と喜びを明かしている。2004年にデビューし、昨年20歳を迎え新たな一歩を踏み出した仲。今後は大人の女優としての彼女にも期待がかかる。

 首位の仲と僅差で2位につけたのが「新しい“月9”の顔」(大阪府/高校3)との声が挙がった【北川景子】。今年は1月のSPドラマで主演した『筆談ホステス』(TBS系)に始まり3月には時代劇映画『花のあと』で主演、現在は木村拓哉主演のドラマ『月の恋人 〜Moon Lovers〜』(フジテレビ系)に出演中。「CMやドラマなど、日に日に演技に魅力を感じる」(鹿児島県/高2)と、モデル出身の容姿の魅力に加え、女優としての輝きに同性ファンが急増。羨望のまなざしを集める、まさに“旬顔”の女優の1人である。

 そして3位にはTOP3唯一の10代【川島海荷】がランクイン。昨年『10代目カルピスウォーターイメージガール』に抜擢されたことを機に、以降は『クノールカップスープ』、『フレッツ光』など話題のCMに次々と出演。今クールはドラマ『怪物くん』(日本テレビ系)とCM5本を抱える川島には「CMやテレビ番組で見ない日はないってくらい出ているから」(茨城県/高2)とのコメントが多く寄せられ、売れっ子ぶりが伺える。また7月17日からは、お笑い芸人・はんにゃの金田哲とW主演を果たした映画『私の優しくない先輩』も公開と、弱冠16歳にしてその活躍ぶりには目を見張るものがある。

 今回のTOP5からは圏外となったが、今年に入り、わずか半年で主演映画が2本にメインキャストの映画1本が公開された【成海璃子】やNHK大河ドラマ『龍馬伝』に出演し、現在舞台『余命1ヶ月の花嫁』で主演を務める【貫地谷しほり】なども支持されている。昨年から徐々に注目を集めてきた若手女優から、今年に入り人気が急浮上した女優など、今回ランクインした面々はいずれも実力派ぞろい。残り半年でどのような飛躍を見せるのか、おおいに期待したい。

【調査概要】
調査時期:2010年5月18日(火)〜5月21日(金)
調査対象:合計300名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の現役女子高生)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査





■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


>>mihimaru GTとブラザートムが女子高生とガチバトル!?
■無料動画『RANKING パラダイス』



オリコントピックス