アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 放送12年目、隠れた人気音楽番組「MUSIC BB」が4月から全国30局ネット

放送12年目、隠れた人気音楽番組「MUSIC BB」が4月から全国30局ネット

■その他の写真ニュースはこちら

 「MUSIC BB」という音楽番組をご存知だろうか。キー局のメジャーな音楽番組と比べれば知名度も視聴率も低い。ところが、開始からすでに12年の長寿でこの4月には全国30局ネットという結構誇れる隠れた人気番組なのだ。

 1999年に全国19局ネットでスタートし、今年で12年目を迎える。「長く続いているのはブレイクアーティストを輩出していることだと思います」と説明するのは番組プロデューサーの原口リョウさん。視聴率を気にしないとは言わないが、いわゆる”売れる前”の逸材を視聴者にすすめる姿勢にこだわった。アーティストの魅力を分析し、キャラクターを押し出す場合、曲を聴かせる場合それぞれにアーティスト側に立って考え抜いた。「早くこの番組を卒業してミュージック・ステーションに行ってくれ」(原口)。そんな親心でアーティストとかかわる稀有なポジション?の番組だ。これまでにマキシマム ザ ホルモンFUNKY MONKEY BABYSヒルクライムらがレギュラー的に出演し、巣立っていった。

 番組を観た視聴者の感想はこんな感じだ。「いろんなアーティストを掘り出してくれるのが楽しみ」「他の音楽番組にはない曲について突っ込んだ話が聞ける」「これからのアーティストにスポットを当てるところがいい。この間、ほたる日和の『季節はずっと』というすばらしい曲に出会えました」。多くは10代後半から20代、共通するのは自分がまだ知らないきっといい曲やアーティストがいるかもしれない、それに出会いたいという視聴者の希望を叶えているところだ。

 番組とかかわりの深い「かりゆし58」のヴォーカル・前川真悟は「MUSIC BBは、僕らの代表曲とも言える「アンマー」をいち早く取り上げ、テーマにしていただいた。楽曲だけでなく、キャラクターも存分に紹介してくれた」と振り返る。

 ただ、放送開始当時は紆余曲折があったようだ。出演依頼してもスケジュールが出ない。自信を持ってすすめたアーティストがついぞ日の目を見ず消えていったなどとなってくると、情報も集まらなくなるし、番組の運営自体が厳しくなる。そんな繰り返しの時期もあったという。それでも長く続けていると、自然とノウハウは蓄積されていくもので、「大事なのはA&R&T、良いアーティストと良い作品とタイミング」(原口)と、いたってシンプルな結論だった。

 今後も良質な音楽番組を作っていきたいというスタッフの気概が感じられた。地方ばかりの30局ネット、音楽ファンなら一度観てみてはいかがだろうか。詳しい番組の内容や放送日時はhttp://music-bb.comで。


 マキシマムザホルモンHilcrhymeかりゆし58アンジェラ・アキFUNKY MONKEY BABYS



オリコントピックス