• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 山本モナ、リリー・フランキーと“ワケありカップル役”で女優デビュー!

山本モナ、リリー・フランキーと“ワケありカップル役”で女優デビュー!

■その他の写真ニュースはこちら

 フリーアナウンサーの山本モナが、女性歌手・Rie fuの5thアルバム『at Rie sessions』(3月31日発売)のミュージックビデオで、リリー・フランキー相手に“ワケありカップル”役で女優デビューを果たすことが3日、わかった。当初、制作サイドは演技経験のないモナの起用を不安視していたものの、これまでにさまざまな恋愛ネタを世間に届けてきた経験が生きたのか“ただならぬ関係”を見事に熱演。関係者の間では、その器用さに今後、女優業での活躍にも期待が高まっているという。

 モナが出演したのは、アルバムの1曲目に収録された「Stay with me〜恋愛なんてヒマつぶし〜」。歌詞は「この遊びは さみしさ紛らわすための ヒマつぶし」と、恋愛がひねくれた視点で表現されており、さらにタイトルにも使用された「Stay with me」(=そばにいて)という想いを素直でストレートなメッセージで伝えている。そんな歌詞の世界観と、リリー相手に“大人の魅力ある女性”という点から、モナに白羽の矢が立った。

 ビデオではモナとリリーの関係が回想録で流れたり、産婦人科と思われる待合室で浮かない表情を浮かべるシーンなどを収録。さらに、ベンガル演じる“ヘボ医者”とモナのやり取り、Rie fuの可愛らしいナース姿に扮した歌唱シーンも注目だ。

 現場では、自身の中では“想定外に近い”女優デビューに、半信半疑のままだったというモナは「初めてのお芝居ですごく緊張しましたが、撮影はとても楽しませていただきました」とコメント。収録中には、体調が優れなかったリリーをフォローするなど、優しい一面もみせていたという。監督を務めた信藤三雄氏も「モナさんの起用が奇跡的にハマリました!」と太鼓判。役者としても「十分魅力的。彼女の笑顔、不安げな表情など完ぺきですよ」と好評価で、今後意外な形でモナの才能開花も期待される。


 Rie fu

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 女優デビュー作で、リリーと“ただならぬ関係”を熱演した山本モナ 
  • 女優デビュー作で、リリーと“ただならぬ関係”を熱演した山本モナ 
  • ミュージックビデオの模様 
  • ミュージックビデオの模様 
  • ミュージックビデオの模様 
  • リリー・フランキー 
  • ミュージックビデオの模様 
  • ミュージックビデオの模様 
  • ミュージックビデオの模様 

オリコントピックス

 を検索