アニメ&ゲーム カテゴリ

新選組リアン、新曲発売イベントに4000人

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いタレント・島田紳助がプロデュースする現役大学生5人組ユニット・新選組リアンが24日、“地元”京都勧業館みやこめっせで2ndシングル「本当に僕でいいんですか」の発売記念イベントを行った。前日にはアイドルの登竜門、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場でもイベントを開催し、2日間で4000人を動員した。

 島田が司会を務めるバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で結成され、昨年10月に発売したデビューシングル「男道」はオリコン初登場3位を記録。今回の新曲は、応援してくれたファンへの感謝の気持ちを込めて制作した。東京では、この日が初披露となる「本当に僕でいいんですか」とカップリング「誠」の2曲を披露。

 リーダーの森公平がマイクを飛ばしてしまうハプニングや、ファンの声援を受け榊原徹士が涙ぐむ場面もみられた。デビューから4ヶ月が過ぎ「最近は、ホテルとかでも仕事の話をすることが多くなってきた」というメンバー。関は「学業と芸能活動の両立は大変だけど、絶対みんなで卒業します!」とまずは学生としての本分もまっとうすると誓った。

 京都では、紳助からの手紙として森がメッセージを読み上げるとメンバーも思わず感涙。ところがこれは紳助ではなく森が書いたドッキリだったとネタばれしたものの、メンバーの感動は止まず森は「もっと突っ込んでくれると思ったのに!」と予想外の不発を嘆いていた。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 2ndシングル「本当に僕でいいんですか」の発売記念イベントを行った新選組リアン(左から森公平、榊原徹士、山口純、関義哉、國定拓弥) 
  • “地元”京都勧業館みやこめっせで行われた2ndシングル「本当に僕でいいんですか」発売記念イベントの模様 
  • 2ndシングル「本当に僕でいいんですか」の発売記念イベントを池袋でも開催した新撰組リアン 
  • 2ndシングル「本当に僕でいいんですか」の発売記念イベントを行った新選組リアン(左から森公平、榊原徹士、山口純、関義哉、國定拓弥) 

オリコントピックス