• ホーム
  • グルメ
  • 日本初の“つけ麺”博覧会開催〜PR大使は狩野英孝

日本初の“つけ麺”博覧会開催〜PR大使は狩野英孝

■その他の写真ニュースはこちら

 関東圏を中心に評判となり、いまや全国に続々と専門店が登場しているほどの人気を誇る“つけ麺”。そのブームを受け、10月22日より日本初のつけ麺博覧会『大つけ麺博』が東京都千代田区の日比谷パティオで開催される。会場には、関東のみならず、関西・九州・北陸・信州・北関東を代表する名店が登場。各店自慢のオリジナルメニューを用意し、期間内の3週間で10万人の来場者を見込む。

 博覧会に登場する店は“つけ麺の元祖”と言われる大勝軒(東京都豊島区)を筆頭に、都内屈指の行列店として知られる六厘舎(東京都品川区)、トンコツつけ麺の博多 新風(福岡県福岡市)など計24店。1週ごとに8店ずつ入れ替わりで登場するため、開催期間中は毎週通っても違う味が楽しめる点が特長。また、“つけ麺の祖”である大勝軒創業者の山岸一雄氏が長年温めていたメニューを用意するほか、人気ラーメン店・支那そばやの店主・佐野実氏がつけ麺に挑戦するなど、ラーメンファンにはたまらない企画も用意する。

 PR大使には“ラー麺、つけ麺、僕イケメン”のフレーズでお馴染みのお笑いタレント・狩野英孝を起用。狩野は「ラーメン界及びつけ麺界の皆様に対して何のご挨拶もしていないことが、心のどこかで引っかかっていました」とお馴染みのフレーズが“不認可”であったことを告白し、「この機会にこれまでの不義理をご容赦いただき、あわよくば例のネタに対するお墨付きをいただけるよう、精一杯『大つけ麺博』をPRしていきたいと思っています!」とコメントしている。

 『大つけ麺博』は10月22日〜11月11日の3週間、午前11時〜午後9時に開催。



タグ

オリコントピックス