久住小春、モーニング娘。とハロプロ卒業へ

■その他の写真はこちら

 人気アイドルグループ・モーニング娘。から久住小春が卒業することが19日、明らかになった。同日、千葉・松戸森のホ−ル21大ホールからスタートしたコンサート『モーニング娘。コンサートツアー2009秋〜ナインスマイル〜』の昼公演でリーダーの高橋愛が発表し、久住も「今後は色々な事にチャレンジしていきたい」とあいさつ。ツアーの最終日である12月6日をもって、ハロー! プロジェクトからも卒業、モデル業への挑戦を目指す。

 「月島きらり」名義でソロ活動も行うなど、グループでも高い人気を誇る久住が次のステージへと旅立つ。この日、15時から行われた1回目の公演の終盤、最後の曲であるアンコール2曲目の「LOVEマシーン」を歌い終わって全員が一言ずつあいさつしたところで、突然、高橋がプロデューサー・つんく♂から託された手紙を読みあげた。

 つんく♂は「これまでの活動すべてを見た上での判断ですが、私は、プロデューサーとして久住をソロ活動させたく思い、卒業させることを決めました」とし、さらに「本人の希望するモデルとしての新たな出発を目指し、新しいステップに進ませようと思います」と久住がモデル活動を希望していることを発表。

 戸惑いの声に包まれる会場。異様な空気が一瞬立ちこめたが、数秒後には静寂と化し、久住が「みなさん突然の発表でゴメンなさい、つんく♂さんのコメントでもあるように今回、モーニング娘。、ハロープロジェクトを卒業します。今後は色々な事にチャレンジしていきたい。まずはこのツアーをハイテンションで頑張りたい。今日はありがとうございました」と新たな決意を口にした。

 激励の拍手が起こり、泣き出すファンもいる中、最後は再び高橋が「(コンサートとしては)最初に宣言したとおり、みなさんのスマイルでこの会場をいっぱいに出来たと思います……ツアー初日、大成功となりました。みなさん、どうもありがとうございました」と感謝の言葉で締めくくった。



久住小春&つんく♂コメント全文

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索