• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 古村比呂、布施博との離婚を『ミヤネ屋』で生報告

古村比呂、布施博との離婚を『ミヤネ屋』で生報告

■その他の写真ニュースはこちら

 17日付のスポーツ報知で俳優・布施博と今年4月に調停離婚していたことが報じられた女優・古村比呂が同日、日本テレビ系情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』に生出演し、離婚の経緯などを語った。最初は協議離婚の予定だったが話し合いなどがうまくいかず、昨年12月に離婚調停を申し立てたと明かし「4月17日に調停離婚が成立しました」と報告した。

 ドラマ共演をキッカケに92年に結婚、3人の子どもを授かり、おしどり夫婦と呼ばれた結婚生活は17年で終焉。布施の劇団員への浮気や暴力行為、自身へのDV報道、お互いの両親の介護問題など様々な形で離婚が報じられてきたが「夫婦ですからいろんなケンカもありますし…いろいろありますけど」と言葉を濁す形でいずれも明言は避けた。

 一方で、妻としてだけでなく仕事面で同業であることや布施が立ち上げた劇団の経理など運営面なども担当したことから「私が妻だけでなくいろんな立ち位置を選んでいっちゃって、そのうちに彼が見えすぎてしまった」とも話した。長男からは「親の責任をとるなら(離婚しても)いいよ」と理解を示され、残り2人も「わかってたよ」と納得、親権は古村が持つことになった。

 「別居から2年半いろいろあって今はスッキリしています」と笑顔をみせた古村は、布施とは3年近く会っていないとしながらも今の心境について「本当にありがとう。感謝です。3人の子どもも授かり、いろんな経験をさせてもらえた。今やっとそう思えるようになりました」と最後は涙を拭った。

 なお、別居中には「自分が相談できる相手がいなかった」ことから、自ら離婚カウンセラーの資格も取得。今後は「お芝居を中心に10月からは大阪で舞台もありますし、仕事バンバンやっていきます」という。

様々な愛の形・・・主な「離婚・破局」記事

オリコントピックス

 を検索