• ホーム
  • 芸能
  • 「尊敬しあうために、別々の道を歩く」浅野忠信とCharaが離婚

「尊敬しあうために、別々の道を歩く」浅野忠信とCharaが離婚

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の浅野忠信と歌手のCharaが、25日付の双方の公式ホームページで離婚したことを発表した。2人は連名で「私たちは、この度、協議離婚をいたしました。プライベートなことですが、応援していただいているファンの皆様にはお伝えしなくてはならないと考え、ご報告することにいたしました」と綴っている。

浅野とCharaは「二人でよくよく話し合った末、これからも尊敬しあい尊重し合って行くために、別々の道を歩こうということになりました」と離婚の経緯を説明。2人の間には、長女と長男の2人の子供がいるが、今後の育児については「これからも二人の子を持つ父として、あるいは母として、そして、尊敬し合う友人として、それぞれの役割を果たしながら協力し合って行きたいと考えています」としている。

 さらに、浅野は俳優として、Charaは歌手として「精一杯仕事をすることがファンの皆様の応援に応えることだと肝に銘じ、それぞれの仕事に取り組みたいと思っております」と、今後も仕事にまい進する決意を明かしている。

 浅野とCharaは1994年、岩井俊二監督の映画『PiCNiC』での共演をきっかけに交際がスタートし、翌95年3月に結婚。同年に長女、99年に長男をもうけている。2人は“おしどり夫婦”として有名で、昨年2月の『第80回アカデミー賞』に、浅野主演の『モンゴル』が外国語映画部門でノミネートされた際には、夫婦揃ってレッドカーペットを歩くなど、仲睦ましい様子を披露していたが、結婚15年目で夫婦生活にピリオドを打った。



朝青龍がブログで離婚を報告 「2人で何度も話し合った結論」


オリコントピックス